THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【栗東鬼調教】体に芯が入ってきた証

local_offer競馬HOTLINE

【栗東鬼調教】体に芯が入ってきた証

どうも、栗東の調教担当・松崎だ。

クイーンエリザベス2世C(4/28・シャティン)へ向かうプログノーシス(中内田)が、水曜の坂路コースで国内最終追切りを行い、4F:55.5-39.7-25.8-12.9秒を計時。


「前走は本調子ではない中でもしっかりと勝ち切ってくれました。中間は在厩してここ目標に調整。強い馬がいますが、香港も3度目となりますし、良いレースをして欲しいと思っています」と福永助手。

木曜夜に栗東トレセンを出発する。

【天皇賞(春)1週前】良い状態で出走できそうです

今週は、ゴールドプリンセス(寺島)の天皇賞(春)の1週前追い切りを取り上げる。

木曜のCWコースで単走で追われ6F:82.0-66.6-52.2-37.6-23.8-11.6秒をマークした。


寺島調教師は「サラーッと伸ばしました。暖かくなって馬体の張りが良いですね。前走はゲートの駐立が良かったのも収穫でした。引っ掛からないので3200mも大丈夫でしょう。雨でも降って馬場が渋るようなら、ウチの馬には尚更歓迎です」と。

「来週は松山騎手に感触を確かめてもらいますし、良い状態で出走できそうです」と仕上がりに胸を張る。

実績面では見劣るが、未知の魅力に賭ける手はありそうだ。

【栗東鬼調教】では、栗東トレーニングセンターの調教コースの中でも、メインとなる坂路、CWコースのそれぞれから1頭ずつ注目馬をピックアップ

今後も、より配当妙味を追求し

「このコンテンツを見なければ買えなかった!」

と言われるような情報をより多くお届けできるよう、情報収集に努めていくつもりだ。

【今週のCWコースNo.1】舞台替わりと調教内容から推せる1頭

栗東鬼調教 今週のCWコースNo.1!

4月21日(日)京都7R 4歳以上1勝クラス
シルヴァーデューク(牡4)
松山弘平騎手・西村真幸厩舎

4/17 栗東CW 良 助手
[6F]82.8-67.0-51.6-36.2-22.4-11.0 一杯

チェックポイント
・2週続けて好時計
・内回りを意識した調教

今週のCWコースNo.1は、先週の当欄で推奨したアルゴナヴィス(4番人気2着)同様、これまでとは調教パターンを変えてきたシルヴァーデューク

距離を1F延長した前走は、他馬にぶつけられる不利もあって13着に大敗。調教師は「敗因がよくわからない」と話していたが、間隔を空けて初の1400へ使ってくるあたり、前走は距離が長過ぎたこともあったのではないか。

2、3歳時から重賞では掲示板に乗っていた馬で陣営の期待は高く、昨年5月にはエルトンバローズの2着がある。

以前の取材メモを読み返すと「京都で2着に来ている時は内回り。トモが甘いので外回り向きではない」との記載があった。

そこから馬は成長しているだろうが、距離短縮+内回りに替わる今回は、調教でもそれまでの坂路中心からコースでじっくりと乗り込まれ、2週続けて速い時計をマーク。特に今週は、最後まで減速することなく走り切り、ラストは2Fは11.4-11.0秒でまとめてみせた

前走の大敗で人気は落ちるだろうが、舞台替わりと調教内容からこの馬は推せる

【今週の坂路No.1】体に芯が入ってきた証

栗東鬼調教 今週の坂路No.1!

4月20日(土)京都10R 観月橋S
チュウワハート(牡4)
松山弘平騎手・大久保龍志厩舎

4/17 栗東坂路 良 助手
[4F]52.6-38.0-24.5-12.0 馬なり

チェックポイント
・間隔を詰めても乗り込み入念
・OP馬と併せて楽に先着

今週の坂路No.1は、中間の調教過程に隙のないチュウワハート

元々、体質面に弱さがあった馬で、笠松で3連勝後も大事に使われており、前走も3か月ぶりの実戦で快勝。

今回はそこから中5週での参戦となるが、前走が坂路への登板回数が10回、コースへ4度入れたいたのに対し、今回は坂路への登板回数10回、コースへ入ったのが3度とほぼ変わらない乗り込み量。それだけ体に芯が入ってきたという証拠だろう。

前走同様、今回も最終追い切りでは格上と併せて先着しており、自身のOP入りも時間の問題だろう。

競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション