THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【フェブラリーS2024予想】現在3年連続的中!大混戦の今年は引退情報がカギに!?

local_offer競馬HOTLINE

【フェブラリーS2024予想】現在3年連続的中!大混戦の今年は引退情報がカギに!?
✓チェックポイント

競馬HOTLINEでは、馬券に役立つ“裏ネタ"をリアルタイムで公開します!

こんにちは!
本日の競馬HOTLINEは、チームスタリオンの久美が担当します。

久美先週もお伝えした、裏情報の宝庫・小倉ですが、後半戦も怒涛の万券ラッシュは止まりません!

先週土曜日は、小倉からお届けした3鞍の厳選提供レースから

・3万7690円的中(2/10小倉11R)
・2万4700円的中(2/10小倉10R)
・2万0390円的中(2/10小倉8R)

と、3鞍共に万馬券的中をお届け!

ここまで、小倉では5週間の厳選提供レースで計13本の万馬券的中をお届けしており、ローカル会員様、プレミアム会員様から的中報告を多数頂戴しています。

久美ロングラン開催となる小倉の後半戦には「荒れ馬場でこそ勝負」「小倉開催中に勝ち上がりたい」といった馬券的中に直結する勝負情報が続出することに。

久美そして、次週(2/24.25)には中山&阪神が東西同時に開催場替わりの開幕週を迎えることになります!

中山・阪神・小倉の3場開催がスタートし、競馬関係者たちの引退を目前に控える次週には、3開催場全てに強力勝負情報が集結する年間最大級の絶好機に!

シンクタンクの情報ルートも、この絶好の儲け処に向けて、早くから情報収集を進めて来ましたが……。

実は、元JRA騎手・元JRA調教師も「年に1度、あるかないかというレベル」とまで豪語する“ある特別な勝負情報”を入手しています。

競馬関係者の引退、デビューといった人の入れ替わりが多くなっていくこの先に向けて、私たちも牧場サイドの動向を隈なく追いかけていきたいと思いますので、シンクタンクがお届けする「本物の関係者情報」にどうぞ大きくご期待下さい!

【フェブラリーS2024予想】現在3年連続的中!大混戦の今年は引退情報がカギに!?

2月18日(日)東京11Rでは、今年最初のGⅠ・フェブラリーSが行われます。

フェブラリーSは、現在3年連続で的中をお届けしているシンクタンクのドル箱GⅠ!

しかも、22年は◎テイエムサウスダン(5番人気)、21年には◎ワンダーリーデル(8番人気)と、いずれも人気薄馬の裏ネタをスクープした上で万馬券的中をお届け。

世間の人気に捉われることなく、このレースで激走する馬の傾向や特徴を的確に見抜いています!

久美牧場サイドとしての注目ポイントとしては、例年、このレースはノーザンF生産馬が不振傾向にあること。

近10年の生産者別のデータを紐解くとノーザンF生産馬が【1.2.1.9】で、連対したのは17年~19年のゴールドドリーム1頭のみ。

今年は、そもそも登録時点でノーザンF生産馬が2頭のみ(ドゥラエレーデ、ドンフランキー)となっており、翌週に行われるサウジカップの影響もあって、大混戦ムードのメンバー構成となっています。

久美サウジカップの1着賞金は1000万米ドル(約15億円)。賞金は米ドルで支払いになりますが、円安の現状もあって5着賞金でもフェブラリーS1着以上の高額賞金を手にすることになります。

久美有力馬の流出は避けられない状況になっており、フェブラリーSの開催時期自体に疑問を呈す牧場関係者もいるほどです。

そんな中でも、GⅠタイトル獲得に向けた強い勝負気配を感じる1頭がレッドルゼルです。

管理する安田隆行調教師は3月1週目で定年引退を迎えることになり、これが最後の国内GⅠ挑戦となります。

昨年のフェブラリーSでも2着に好走しており、これで4年連続のフェブラリーS挑戦となりますが、引退直前となる今年は、厩舎サイドとしても特にタイトルが欲しい1戦となりそうです。

レッドルゼル

また、今年のフェブラリーSはメンバーが手薄と見て、地方や芝路線からの有力馬参戦も目立っています。

その中でも、24年ぶりの南関東3冠馬に輝いたミックファイアの参戦には注目したいところ。

前走の東京大賞典はスタートの出遅れも響いて8着に敗れていますが「状態が本物ではなかった」との声もあり、羽田盃、東京ダービーをレコードで制したように、時計の速いダートでこそ真価を発揮してきた馬。

芝スタートのコース形態に戸惑わなければ、中央馬相手でも見劣らない脚を持っている1頭だと思っています。

【シンクタンクメンバーズ】へとご参加頂いた会員様には、直前まで情報を精査した上で、フェブラリーSを始めとした厳選勝負買い目をお届けしています!

また、サイト内では、週中に競馬関係者から入手した情報を【競馬HOTLINE】【裏ネタ馬券作戦】の項目にて続々とお届けしますので、お見逃しのないようにご注意下さいね!

競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション