THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【土阪神10R】想像の斜め上の動き!いよいよ本格化!

local_offer競馬HOTLINE

【土阪神10R】想像の斜め上の動き!いよいよ本格化!

【浦和記念】ダブル重賞制覇に期待

どうも、栗東の調教担当・松崎だ。

今週は、次週の浦和記念へ出走する白山大賞典2着馬ラーゴムの1週前追い切りを取り上げる。


16日のCWコースで同厩舎のドンフランキー(3勝クラス)と併せ、84.0-68.4-53.7-38.2-23.6-11.6秒をマーク。

「前走は手応え以上に渋太い競馬でした。勝負所で気を抜かずに走らせることができれば。今後のためにも、何とか賞金を加算したいですね」と斉藤崇調教師は芝(きさらぎ賞)&ダートのダブル重賞制覇に期待を寄せていた。鞍上は引き続き鮫島駿騎手が騎乗。

また、斉藤崇厩舎繋がりでもう一件。8月20日に行われた小倉デビュー戦(ダート1700m)で2着に4秒3差の大差を付けて楽勝したヤマニンウルスは、当初、次週のカトレアSを予定していたが同レースを回避。

初戦で2着に負かしたゴライコウがJBC2歳優駿を制し、ヤマニンウルスの次走を待ちわびていた人も多いかと思うが、次走については馬の状態を見てから決めるとのこと。

【土阪神10R】想像の斜め上の動き!いよいよ本格化!

栗東調教鉄板馬はこの1頭!

11月19日(土)阪神10R 尼崎S
ストリクトコード(牝5)
和田竜二騎手・庄野靖志厩舎

11/16 栗東CW 良 加藤祥
[6F]84.7-67.7-52.0-36.6-22.4-10.8 強め

今週の栗東調教鉄板馬は、デビュー以来、1番と言っても過言ではない動きを見せたストリクトコード

4か月ぶりの休養明けを叩き、格上挑戦した前走時の最終追い切りは、今回と同じく加藤祥騎手が跨ってCWで行い、

10/19 [6F]84.4-68.0-52.7-37.4-23.3-11.5

結果は3着だったが、「1度使って見違えるほど馬は良くなっていた。本格化の兆しでこれからが楽しみ」と和田騎手はレース後にコメント。

このコメントが忘れられず、今回の最終追い切りを楽しみにしていたのだが、想像の斜め上の動きだった。

元々、水準級の時計は出る馬なので、多少、速い時計が出ようが驚かない。ただ、いくら内目を通ったといってもラスト1F:10.8秒は強烈。これをしっかり加速ラップを踏んでマークしたあたりに、和田騎手が言う“本格化”を感じさせる。

最近はレースでの出遅れが目立つストリクトコードだが、阪神外回り2400mは、スタート後の9Fではあまりペースは上がらず、ラスト3Fで急激にペースがアップする。

決め手の差がそのまま結果に直結するコースだけに、自己条件に戻る今回は、まとめて差し切るチャンス大。それぐらい最終追い切りの動きは切れていた。

競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション