THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【マイルチャンピオンシップ2022予想】好走には坂路調教が必須!中でも抜群に動いたアノ馬に注目!

local_offer競馬HOTLINE

【マイルチャンピオンシップ2022予想】好走には坂路調教が必須!中でも抜群に動いたアノ馬に注目!

【調教班・富田のマニアックレポート】
スピードが求められるマイル戦では坂路調教が必須!

調教分析富田です。よろしくお願いします。

今週のGⅠも先週に引き続き阪神で行われるマイルCS。先週日曜日(11/13)は天気予報通りに雨が降り、良→重まで馬場状態は一気に悪化しました。

雨による馬場状態の変化はレースに様々な影響を与えますが、好走調教パターンも含まれています。

今週末の阪神も天気予報は下り坂。参考にすべく先週(11/12.13)の結果から見ていきます。

開催が進み傾向の偏りが強まった

先週(11/12.13)の阪神芝レースは土曜日が5鞍、日曜日6鞍の計11鞍

土曜日は全て良馬場で行われましたが、先に記したように日曜日は雨が強く降り始め、最初の3R以外の5鞍は稍重~重で行われました。

【最終追い切りコース】

坂路   7勝2着7回3着8回
トラック 4勝2着5回3着2回

先々週(11/5.6)はほぼ五分でしたが、1週経過して坂路が全体的に上回る結果となりました。
【調教過程】

坂路のみ   6勝2着4回3着4回
トラックのみ 2勝2着1回3着1回
併用     3勝2着7回3着10回

先々週は未勝利だったトラックのみが2勝と前進。

その内の1勝は偏った調教馬が勝利するエリザベス女王杯で、斉藤崇厩舎の基本調教パターンであるトラックのみを貫いたジェラルディーナでした。このレースはかなり特殊な傾向が出ていますので、やや参考外と考えた方がいいかもしれません。

と言うのも、どの競馬場でも総数が多い併用の勝利数が多くなるのですが、先週は坂路のみが併用に勝利数でダブルスコアをつけているからです。全体的には坂路優勢と考えるべきでしょう。

京都→阪神で好走パターンはより明確に

過去5年のマイルCSの好走調教傾向を見ていきましょう。

2017~2019年は京都、2020~2021年は阪神で行われています。

【最終追い切りコース】

栗東坂路 1勝2着3回3着2回
栗東CW 1勝2着1回3着3回
美浦南W 2勝2着1回3着0回
美浦南芝 1勝2着0回3着0回

関東馬が活躍していることもあり、勝利数ではトラックが優勢

坂路で勝利したのは2019年インディチャンプのみですが、関西馬を連対数で見ると栗東坂路が4連対、栗東CWが2連対ですので、一概に坂路が劣勢とも言えません。

ただ、阪神で行われた近2年に限ると、最終追い切り坂路で好走したのはコレもインディチャンプ(2020年2着)しかおらず、トラックが占めていたことは留意しておくべきでしょう。
【調教過程】

坂路のみ   1勝2着0回3着2回
トラックのみ 0勝2着0回3着0回
併用     4勝2着5回3着3回

最終追い切りコースのトラック優勢から一転し、トラックのみの好走は皆無。やはりスピードが求められるマイル戦では坂路調教が必須ということでしょう。

ただし、坂路のみの好走も芳しい数字ではなく併用がベスト。実は、阪神で行われた近2年も好走馬6頭全て併用で、2019年1着、2020年2着のインディチャンプも坂路のみ→併用と調教パターンを変更しています。

インディチャンプ ☆京都と阪神で調教パターンを変更していたインディチャンプ 

調教班が選ぶ好走期待馬はこの馬!

調教班特注馬

ソウルラッシュ(牡4)
松山弘平騎手・池江泰寿厩舎

11/16(水) 栗東坂路 良 助手
[4F] 52.4-38.0-24.5-11.8 馬なり

先週の阪神と過去5年のマイルCSから好走するためには坂路調教が必須であることは明らかになりました。

先週の傾向を重視するならば、調教過程は坂路のみとなりますが、過去5年で連対したのは2019年インディチャンプしかいないこと、阪神で行われた前2年は全て併用だったことを重視すべきでしょう。

同様に最終追い切りコースも前2年は好走馬6頭中5頭がトラックだったことを踏まると、阪神で行われるマイルCSの好走調教パターンは『最終追い切りトラック・坂路調教併用』となります。

しかし、先週の傾向にて坂路のみの勝利数が併用が上回っていたという事実を軽視していいものかが引っ掛かります。

そこで、現状の傾向を考慮するとマイルCSの好走調教パターンは『最終追い切り坂路・トラック調教併用』となると予測してみることにしました。

その根拠のひとつとして、先週のエリザベス女王杯にて過去5年で好走皆無だった美浦坂路追い切りのライラックが好走したことです。

近年は美浦坂路追い切りも増えているとは言え、関東馬の主流コースは美浦南Wであり、GⅠや重賞で好走する例は多くありません。つまり、美浦坂路追い切りで好走するということは、それだけ坂路調教の重要性が増していると言うことができるのです。

【該当馬】

エアロロノア
ソウルラッシュ
ソダシ
ダノンザキッド
ロータスランド

GⅠだけあって各馬も及第点以上の動きを見せていますが、14.4-13.5-12.7-11.8と加速ラップを踏みラスト1Fを自己最速タイでまとめて素晴らしい動きを見せたソウルラッシュに注目しました。

前哨戦富士Sの最終追い切りも栗東坂路で4F53.1-38.1-24.6-12.1と悪くありませんでしたが、数字的に前走以上であることは明らか。池江調教師も「叩いたことで状態が上がって来ている」と実感している様子で「前走以上の競馬ができそうです」と上積みをアピールしていました。

栗東CWで追い切られた1週前もジャパンカップに出走を予定しているボッケリーニと併せて余力十分に追走先着と上々の内容。

阪神芝1600mはマイラーズCを制した舞台、雨予報を追い風にできればGⅠ戴冠のチャンスもあると見ています。


★現在、競馬総合情報社シンクタンクを初めてご利用いただく方への特別キャンペーンを実施中!

平井雄二元調教師率いる
重賞メイン特捜部が教える
『馬券候補はこの5頭!』
これが競馬ファンの新たな予想ツール!

超人気薄の推奨馬もしっかり馬券になってます!

【ファンタジーS(GⅢ)で実際に公開した5頭】
⑤ブトンドール   (2人2着)
⑥レッドヒルシューズ(5人3着)
⑧リバーラ     (10人1着)
⑩バレリーナ
⑪アロマデローサ
※馬番順

今週の対象レースは
マイルチャンピオンシップ(GⅠ)

次週以降も全重賞の馬券候補5頭を無料で教えます!

無料会員登録はコチラkeyboard_arrow_right

おすすめ記事

競馬HOTLINE

トレセンマル秘レポート

トピックス&ニュース

競馬HOTLINE

裏ネタ馬券作戦

イベントコンテンツ

インフォメーション

インフォメーション

arrow_back_ios 記事一覧へ戻る
トレセンマル秘レポート

トピックス&ニュース

競馬HOTLINE

裏ネタ馬券作戦

イベントコンテンツ

インフォメーション

インフォメーション