THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【土福島9R】ひと夏越してパワーアップ!休養明けでもイキナリから!

local_offer競馬HOTLINE

【土福島9R】ひと夏越してパワーアップ!休養明けでもイキナリから!

【秋明菊賞】性能の高さで連勝を狙う

どうも、栗東の調教担当・松崎だ。

今週は、C.デムーロ騎手とのコンビで次週の秋明菊賞へ向かうコーパスクリスティ(中内田)の1週前追い切りを取り上げる。

新潟の新馬戦後は放牧でリフレッシュ。C.デムーロ騎手が跨った水曜のCWコースでは、ダノンレガーロ(古馬3勝クラス)と併せ、6F:81.0-66.6-52.5-37.4-22.9-11.4秒の好時計マーク。

福永助手は「まだ気難しい面はありますが、初戦は能力のある所を見せてくれました。相手も強くなりますし、上手くコントロールが利けば」と性能の高さで連勝を狙う。

先週の調教鉄板馬としてミルトクレイモーを取り上げた際にも触れたが、この時期の2歳馬は成長が著しく、調教での鍛錬がレース結果に繋がりやすい。

コーパスクリスティもデビュー時と比較すると、CW(6F)で3秒以上もタイムを詰めており、レースでもパフォーマンスを大幅に上げてくる可能性が高そうだ。

【土福島9R】ひと夏越してパワーアップ!休養明けでもイキナリから!

栗東調教鉄板馬はこの1頭!

11月12日(土)福島9R 二本松特別
ストップザタイム(牡3)
古川吉洋騎手・昆貢厩舎

11/9 栗東CW 良 古川吉
[6F]84.8-68.5-52.6-37.1-22.7-11.2 馬なり

今週の栗東調教鉄板馬は、今回が半年ぶりの実戦となるストップザタイム

新聞の調教欄に掲載されるCWで追い切られた時計は、おそらく5本程度だろう。ただ、この5本は、水曜、もしくは木曜に1F:15秒前後のラップを刻んだ際の時計。異なる曜日や、遅いラップの時は新聞に掲載されない。

実際、この1か月でCWコースに入ったのは13回、坂路には14回登板しており、約1か月に渡って入念に乗り込まれてきた。


昆調教師を含め、「今のCWはチップが重くて、適性がない馬はホンマに動けん」という関係者は多いが、ストップザタイムは適性が高いのか、この中間は、ひと追い毎に動きが良化しており、1週前には6F:78.7秒という速いタイムをマーク。

テンから速いラップを刻んでこれだけの好時計を出すと、終いはバタバタになりがちだが、ラスト3Fも36.1-23.3-11.9でまとめているのは、ひと夏越してパワーアップした証だろう。

最終追い切りも、綺麗な加速ラップを踏んでラスト1Fは馬なりで11.2秒。追い切りの動きからは、長期休養明けでも仕上がりに不安は感じられない。

デビュー時から厩舎サイドは、「ダイワメジャー産駒でスプリンターの兄(ライトオンキュー)とは全然違う感じ。ウチにいたロードヴァンドールに似た雰囲気の馬」と話していたが、今回、小回りコースに替わってロードヴァンドールのような積極的な競馬ができるか。

1週前追い切りで見せた立ち回りができれば、デキの良さから休養明けでも好勝負に持ち込めるはずだ。

競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション