THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【神戸新聞杯2022】春の実績馬不在で大混戦!菊花賞に向けて気合いが入る、あの馬に要注目!

local_offer競馬HOTLINE

【神戸新聞杯2022】春の実績馬不在で大混戦!菊花賞に向けて気合いが入る、あの馬に要注目!
チェックポイント

競馬HOTLINEでは、馬券に役立つ“裏ネタ"をリアルタイムで公開します!

こんにちは!
本日の競馬HOTLINEは、チームスタリオンの久美が担当します。

先週も、ローズSの1万7780円的中を始め、GⅠ前哨戦2鞍で共に的中をお届け!

セントライト記念では、当欄で注目馬として取り上げたガイアフォース、ローシャムパークが共に馬券圏内に好走し、紫苑S(6970円的中)、セントウルS(1万3980円的中)に続いて、9月に行われたGⅠ前哨戦は4戦4勝となりました!

ローズS

そして、3日間開催明けとなる今週末は3冠牝馬デアリングタクトが始動を迎えるオールカマー、菊花賞に向けた重要な前哨戦・神戸新聞杯が行われ、出走馬の顔ぶれも秋競馬らしくなって参りました!

そして、いよいよ次週にはスプリンターズSの開幕も控えています!

昨年も3万8610円的中をお届けしたドル箱GⅠに向けて、平井雄二元JRA調教師率いる【重賞メイン特捜部】の下には……

スプリンターズS

といった新聞紙面上では報じられない“スプリンターズSの裏ネタ”が、早くから多数舞い込んでいる状況です!

近年はノーザンF勢が短距離路線に力を入れている背景があり、今年もマイルを主戦場としていたシュネルマイスターがこのレースに送り込まれるなど、牧場サイドとしても注目の1戦となりそう。

前哨戦でも、函館スプリントSの8万8700円的中、セントウルSの1万3980円的中と、路線の力関係を完璧に把握してきた重賞メイン特捜部の最終結論に、今年もどうぞ大きくご期待下さい!

【神戸新聞杯2022】春の実績馬不在で大混戦!菊花賞に向けて気合いが入る、あの馬に要注目!

9月25日(日)には、菊花賞の前哨戦神戸新聞杯(GⅡ)が行われます。

ここ2年はダービー馬たちがこのレースで始動を迎えていましたが、今年のダービー馬ドウデュースは、凱旋門賞挑戦に向けてフランスへ遠征中。

また、皐月賞&ダービー2着のイクイノックス、皐月賞1着のジオグリフの木村哲也厩舎2頭は共に天皇賞(秋)へ向かうことが発表されており、ダービー3着のアスクビクターモアは先週のセントライト記念で始動と、今年の神戸新聞杯は珍しく春の主要馬たちが不在のレースとなります。

京成杯

混戦ムードの1戦とあれば、関係者の間では「ダービーに出てれば面白かったかもしれない」という声も聞かれていた、ヴェローナシチーに注目したいところ。

今回と同条件で行われた京都新聞杯は、芝2200mの日本レコードを更新する高速馬場の中、ハイペースでレースが展開。

当馬は3コーナーで馬群の大外から上がっていき、直線の入り口で先頭に並ぶと、舌を出しながらも最後まで粘り込む、非常に強い内容の2着でした。

前走の白百合Sでは、後に重賞戦線で活躍するフェーングロッテンの逃げ切りを許してしまいましたが、ここまで世代上位の馬たちと戦い続けて、7戦で【1.3.3.0】と抜群の安定感を示しています。

ただ、勝ち切れない性格がアダとなり、現時点では菊花賞出走がギリギリの状況。ここは権利取りに向けても気合いが入る1戦となるでしょう。

【シンクタンクメンバーズ】へとご参加頂いた会員様には、直前まで情報を精査した上で、神戸新聞杯(GⅡ)やオールカマー(GⅡ)を始めとした厳選勝負買い目をお届けしています!

また、サイト内では、週中に競馬関係者から入手した情報を【競馬HOTLINE】【裏ネタ馬券作戦】の項目にて続々とお届けしますので、お見逃しのないようにご注意下さいね!

競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション