THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【土新潟5R】先週絶好調のノーザンFしがらきが送り込む注目馬!調教師も「ウチの○○の中で一番」と大絶賛!

local_offer競馬HOTLINE

【土新潟5R】先週絶好調のノーザンFしがらきが送り込む注目馬!調教師も「ウチの○○の中で一番」と大絶賛!

【牧場情報】外厩施設にも“ある傾向”が!?

会員の皆様、こんばんは。
本日の競馬HOTLINEは、チームスタリオンの久美が担当します。

先週の新潟開催は、全24レース中19レースで関西馬が勝利を挙げる結果に。

新潟

シンクタンクとしても“勝負の関西馬情報がカギになる”とお伝えしてきた通り、ブロック制が適用されないこの新潟開催は、まさに関西馬の独壇場と言うべき状況になりました。

また、外厩施設の傾向を紐解くと、先週はノーザンFしがらきからの放牧明けで臨んだ馬が6勝をマークしたのに対して、ノーザンF天栄の馬は0勝という結果に。

天栄勢からは、21年日本ダービー4着のグレートマジシャンがレース中に故障する残念な事態もありました。

天栄しがらき

個人的な感触ですが、関東圏のノーザンF天栄、関西圏のノーザンFしがらきと、東西の外厩施設を比較すると、牧場主導の仕上げが多い天栄に対して、しがらきは調教師と連携しながら調整を行っている印象も。

ノーザンF天栄の誕生以降、関東馬が成績を伸ばしてきたことも確かで、一概にどちらが優秀かを判断することは出来ませんが、美浦のトップステーブルの一つである堀宣行厩舎などは、以前からあえて関西圏のノーザンFしがらきを放牧先に利用していることでも有名です。

この2つの外厩施設は、同じノーザンF系列ではありますが、切磋琢磨しあうライバルの関係にもあります。

また、先週は栗東近郊に新設された外厩施設であるチャンピオンヒルズからの放牧明けで臨んだ馬が4勝と、こちらも存在感を示しつつあります。

各厩舎の仕上げ能力が重要となるのは言うまでもありませんが、こうした表向きには出回らない外厩施設の勝負気配を紐解くことも、的中に向けては非常に重要になっていきます。

【土新潟5R】先週絶好調のノーザンFしがらきが送り込む注目馬!調教師も「ウチの○○の中で一番」と大絶賛!

今週の大ヤリ馬はこの馬!

8月6日(土)新潟5R 2歳新馬戦
フェイト(牡2)
福永祐一騎手・矢作芳人厩舎

今週も、先週の傾向を踏まえて、ノーザンFしがらきから送り込まれる注目の2歳新馬フェイトを大ヤリ馬として挙げたいと思います。

当馬のオーナーは“ウマ娘”の大ブレイクで知られるサイバーエージェント代表の藤田晋氏で、昨年のセレクトセールでは、新種牡馬リアルスティール産駒の中でも破格の1億6000万円(税抜)で落札された1頭。

リアルスティール

父を管理した矢作芳人調教師も「セリの段階からいい馬だった。間違いなくウチのリアルスティール産駒の中で一番」と自信を見せています。

7月16日にノーザンFしがらきから入厩すると、CWコースでの1週前追い切りでは、交流重賞3勝を挙げているダノンファラオを0秒9追走する形でスタートし、相手が手応え一杯となる中、6F82秒4-11秒7と末脚を伸ばして同入。

追い切りに騎乗した福永騎手は「まだバランスが悪くて緩い」と慎重だったものの「走らせてみると軽い走りをする。ポテンシャルは高そう」と、やはり素質の高さを感じ取っていた様子で、父と同じく、クラシック路線での活躍を意識させるような走りを期待したい1頭です。


競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション