THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【土新潟3R】未勝利戦終了前に必勝を期す!夏の新潟で狙うべき生産者がコレだ!

local_offer競馬HOTLINE

【土新潟3R】未勝利戦終了前に必勝を期す!夏の新潟で狙うべき生産者がコレだ!

【牧場情報】競走馬バブルはまだまだ続く!?

会員の皆様、こんばんは。
本日の競馬HOTLINEは、チームスタリオンの久美が担当します。

今週は、7月25、26日の2日間に渡ってセレクションセールが開催されました!

今年はセレクトセールの落札価格の高騰を受けて、セリから身を引いた馬主も多く、現地からは「セレクションセールやサマーセールに予算を割く馬主も多くなりそう」という声も届いていました。

セール

その通り、今年のセレクションセールは2日間合計で53億3830万円という売上レコードを記録。

主催者から「驚異的な結果」と声が挙がっていた昨年の売上が36億5070万円ということを考えると、どれだけすごい結果だったのかが分かると思います。

生産者サイドからも「びっくりした」「こんなに高く売れるとは……」といった驚きの声が挙がっていたようで、この競走馬バブルというべき状況は、生産界の大きな盛り上がりを予感させます。

セール2

そして、かねてからお伝えしてきた通り、セールの前後には、関係者の思惑が絡んだ特別な勝負情報が用意されることもお約束となっています。

8月後半にはサマーセールの開催も控えているだけに、わたしたちも【牧場情報】の収集を抜かりなく行っていこうと思います!

【土新潟3R】未勝利戦終了前に必勝を期す!夏の新潟で狙うべき生産者がコレだ!

今週の大ヤリ馬はこの馬!

7月30日(土)新潟3R 3歳未勝利戦
アドマイヤラヴィ(牝3)
福永祐一騎手・友道康夫厩舎

先週は、夏の福島開催で絶好調だったサラブレッドクラブ・ラフィアンが送り込んだ大ヤリ馬マイネルビジョンが情報通りの完勝。

最終的に、サラブレッドクラブ・ラフィアンの所有馬は福島開催で8勝をマークし、昨年に続いて、断トツの成績で夏の福島開催の馬主リーディングに輝いています。

そして、夏の新潟開催が開幕を迎える今週はアドマイヤラヴィを大ヤリ馬として挙げたいと思います。

福島開催とは打って変わって、直線が長く、上がりの速い瞬発力勝負となりやすい新潟開催は、現代の高速馬場に合わせたスピード重視の生産を行っているノーザンF勢が圧倒的な好成績を挙げている舞台。

データ

昨年も、日本ダービー&皐月賞で共に2着に好走したイクイノックス、2冠牝馬スターズオンアースといった、今年のクラシック戦線の中心馬たちが新潟開催でデビューを迎えたように、近年は「能力さえ発揮出来れば勝てる」といった有力馬たちが新潟に送り込まれるケースも多くなってきました。

アドマイヤラヴィも、本来であれば未勝利で足踏みしている場合ではないノーザンF生産の期待馬

母アドマイヤミヤビは17年クイーンCを制した実力馬で、当馬自身も新馬戦では後にチューリップ賞を制するナミュールに食い下がっており「素質的にはコチラが上でも不思議はない」とまで語られていたほどの素質馬です。

ノーザンF

前走は5着に敗れていますが、戦前から「1800mは少し長い感じもする」と友道調教師が語っており、レース後には福永騎手も「もっと短いところに適性がある」と振り返ったように、やはり距離が敗因だったと言えるでしょう。

手綱を執る福永祐一騎手にとっても、昨年は夏の新潟で15勝をマークし、現在2年連続で夏の新潟リーディングに輝いている得意舞台。

3歳未勝利戦もタイムリミットが迫っているだけに、1400mに距離を短縮して臨む今回は必勝を期して臨む1戦と見るべきでしょう。


競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション