THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【土東京4R】近15週中13週で馬券に!ここ2戦より遥かに濃い調教を消化してきた1頭とは!?

local_offer競馬HOTLINE

【土東京4R】近15週中13週で馬券に!ここ2戦より遥かに濃い調教を消化してきた1頭とは!?

【宝塚記念2022】関東馬にとっては鬼門のレースに!?

会員の皆様、こんばんは。
本日の競馬HOTLINEは、境軍団【SAKURA】から太田が担当します。

いよいよ次週は、上半期のグランプリ宝塚記念(GⅠ)が行われます!

今年の宝塚記念は、ファン投票1位がタイトルホルダー、2位がエフフォーリアと、関東馬に注目が集まる状況になりそう。

エフフォーリア

まさかの大敗を喫した大阪杯からの挽回を期す昨年の年度代表馬エフフォーリアは、美浦南Wコースの1週前追い切りで5F68秒1-11秒1と流石の末脚を見せたものの、追い切りに騎乗した横山武史騎手は「もう少し気持ちにメリハリが欲しい」と辛口評価。

対するタイトルホルダーは、5F64秒5-11秒9の好時計を楽な手応えでマークし、栗田徹調教師は「前走時よりも全然いい」とかなりの手応えを掴んでいたようでした。

タイトルホルダー

ただ、宝塚記念は関東馬にとっては鬼門のレースとなっており、近10年では、関西馬が【8.7.10.87】に対して、関東馬は【2.2.0.25】という成績。

注目を集める2頭が実力を見せつけるのか、はたまた今年も伏兵の台頭があるのか。

今年の宝塚記念も、先週の函館スプリントSで8万8700円的中を届けし、近4年の宝塚記念&有馬記念のグランプリ競走では8戦7勝という破格の実績を誇る、平井雄二元JRA調教師率いる【重賞メイン特捜部】の最終結論に、是非ご注目頂ければと思います。

宝塚記念 宝塚記念2

【土東京4R】近15週中13週で馬券に!ここ2戦より遥かに濃い調教を消化してきた1頭とは!?

美浦調教鉄板馬はこの1頭!

6月18日(土)東京4R 3歳未勝利
サイルーン(牡3)
D.レーン騎手・堀宣行厩舎

6/15 美浦坂路 稍重 助手
[4F]56.2-40.7-25.9-12.8 馬なり余力

先週の美浦調教鉄板馬リンクスルーファスは、上がり最速タイの末脚で追い込んだものの、わずかに前を捉えきれず3着という結果に。

直線の脚は目立っていただけに、我々としても悔しい結果とはなりましたが、これで美浦調教鉄板馬は15週中13週で馬券圏内と、調教の動きからジャッジする鉄板馬情報の精度を実感して頂けたのではないかと思います。

今週は、1週前追い切りの内容が抜群だったサイルーンを美浦調教鉄板馬として挙げたいと思います。

デビュー前から「この厩舎でも能力はトップレベル」と素質の高さを期待されていた1頭でしたが、新馬戦では2週前の美浦調教鉄板馬として挙げた素質馬サリエラに敗れる形で2着。

前走も3着に敗れたものの、1着馬デインティハートは昇級即通用の走りを見せ、フラワーCでも5着に好走。2着馬ベジャールは毎日杯で2着に好走しており、ここ2戦はいずれも相手が悪かった印象も強い1戦でした。

今回は約6ヶ月ぶりの実戦となりますが、この中間は美浦南Wコースの併せ馬で抜群の動きを見せており、2週前には5F65秒5-11秒2の好時計を馬なりの手応えでマーク。

レーン騎手が騎乗した1週前追い切りでも、5F65秒5-11秒3をマークし、1秒0先行していた古馬2勝クラスの僚馬に同入を果たす抜群の動きを見せています。

反応が鈍く、マジメに走らない面があるとのことですが、ブリンカー着用で気性面の幼さも解消されてきた印象

中間の調教内容もここ2戦より遥かに濃いものとなっており、ココは一発で決めてくれると見ています。

競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション