THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【土阪神12R】プール調教で馬体スッキリ!前走時から状態UP!

local_offer競馬HOTLINE

【土阪神12R】プール調教で馬体スッキリ!前走時から状態UP!

【来週デビュー】2歳馬とは思えない動き

どうも、栗東の調教担当・松崎だ。

今週は、来週の宝塚記念週にデビューする2歳馬の1週前追い切りを取り上げる。

まずは、エピファネイア産駒のチャンスザローゼス(中内田)。

藤田晋オーナーがセレクトセールで2億2000万円の高値で落札した高馬。ゲート試験に合格した後は放牧で一息入れて、帰厩後は順調に調教メニューを消化。

木曜のCWで古馬1勝クラスと併せ馬を行い、6F:85.9-69.9-54.3-37.8-10.9秒を計時。ジョッキー騎乗とはいえ、ラスト1Fは2歳馬とは思えないほど鋭く伸びた。

「間違いなくいいものを持っています。芝の中距離ぐらいが合いそうですね」と福永助手はコメント。阪神4日目・芝1800m(6/26)を川田騎手で予定している。

ドレフォン産駒ゴールデンウィンド(高柳大)も、水曜のCWで古馬2勝クラスと併せ、6F:85.4-70.9-55.2-39.4-11.9秒で先着。

「気の良いタイプで練習ではゲートも速かったです。やる毎に調教の動きも良くなっています」と平助手の感触は良好。

このまま順調に調整が進めば、阪神3日目・芝1400m、もしくは阪神4日目・芝1600mでデビューする予定。

有力ジョッキーが揃うGI当日は、素質馬が揃いやすい。阪神開幕週の今週の新馬戦も注目馬が揃ったが、上半期最後のGI当日に行われる新馬戦も今から非常に楽しみだ。

【土阪神12R】プール調教で馬体スッキリ!前走時から状態UP!

栗東調教鉄板馬はこの1頭!

6月18日(土)阪神12R 3歳以上1勝クラス
レイワホマレ(牡3)
川田将雅騎手・高柳大輔厩舎

6/15 栗東坂路 稍 助手
[4F]53.5-38.6-24.4-12.1 馬なり

今週の栗東調教鉄板馬は、調教の過程、動きを見る限り前走から確実に状態が上向いているレイワホマレ

ドバイ遠征を挟み、帰国初戦だった前走は、過去最高馬体重の520キロで出走。「今回はちょっと重い。使い出しを先に延ばすプランもあったが、関東で使えるので使った」とのことで、状態面を考えれば“2着”という結果は評価できる。

前走から中3週で挑む今回は、デビュー以来、初めてプール調教を取り入れているが、これは体重調整が目的だろう。

そして、前走時の坂路での最終追い切りが、一杯に追われて52.6-38.3-25.1-12.8秒だったことを考えても、馬なりの今回は動きが随分と素軽くなっている。

今回走る阪神1400mは、ユニコーンSでも有力視されているセキフウとタイム差なしの接戦を演じ、リメイクにはコンマ7秒差をつけて先着した舞台。状態面での上積みが見込める今回は古馬が相手でも勝ち負けになる。

競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション