THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【安田記念2022】1番人気が6連敗中!大混戦の安田記念で注意すべき“あるポイント”とは!?

local_offer競馬HOTLINE

【安田記念2022】1番人気が6連敗中!大混戦の安田記念で注意すべき“あるポイント”とは!?
✓チェックポイント

競馬HOTLINEでは、馬券に役立つ“裏ネタ"をリアルタイムで公開します!

こんにちは!
本日の競馬HOTLINEは、チームスタリオンの久美が担当します。

大観衆の下で行われれた先週の日本ダービーでは、当社本命馬◎ドウデュース(3番人気)がダービーレコードの快勝!

鞍上の武豊騎手は前人未到のダービー6勝目を挙げ、ゴール後はユタカコールが起こるなど、競馬の醍醐味を改めて実感させられるようなレースとなりましたが、当社は皐月賞の3万2840円的中に続いて、ダービーでも1万5770円的中をお届け!

そして、最終レースの目黒記念でも6万6640円的中をお届けし、会員様を熱狂の渦に巻き込み、今年のダービーデーを締め括りました!

ダービー 目黒記念

ただし、競馬総合情報社シンクタンクにご参加中の会員様、情報競馬における絶好の儲け処はココからが大本番です!

6月競馬が始まる今週末から、【馬券天国・夏競馬】がスタートします!

夏競馬

早速、来年のダービーに向けて2歳新馬戦の開幕を迎えることになりますが、今年は開幕初週から、藤田晋氏の高額落札馬で海外GⅠ2勝のグローリーヴェイズの半弟にあたるエゾダイモンや、16年オークス2着のチェッキーノの初仔となるノッキングポイントを始め、世代トップクラスの期待馬たちが続々と始動を迎える予定。

各馬の出走経験が無く“情報が命”とも呼ばれる2歳新馬戦に向けて、早くから「現段階でも古馬顔負けの動きを見せている」「来年のクラシックを意識している逸材」といった関係者情報を多数掴んでいるだけに、わたしたちチームスタリオンとしても、この先の夏競馬が非常に楽しみです!

北海道

また、2週後からスタートする北海道シリーズには、チームスタリオンから畠山重則元JRA調教師【北海道特別チーム】の一員として、セール絡みの裏ネタや、生産者サイドの思惑など、馬産地直送の情報をお伝えしていく予定です。

畠山牧場を実家に持つ先生の情報網があれば、夏競馬屈指のドル箱開催と呼ばれる北海道シリーズも、的中量産間違いなしといったところでしょう!

ここから始まる絶好の儲け処でも、シンクタンクがお届けする「本物の関係者情報」に、これまで以上に大きくご期待下さい!

【安田記念2022】1番人気が6連敗中!大混戦の安田記念で注意すべき“あるポイント”とは!?

6月5日(日)には安田記念(GⅠ)が行われます。

2万5640円的中の香港マイルの勝ち馬ゴールデンシックスティの参戦も報じられていましたが、残念ながら熱中症により回避に。

ただ、昨年はフルゲート割れとなったこのレースでしたが、今年はダービー卿CTを制したタイムトゥヘヴンも除外対象になるほど、国内だけでも十分なほどに豪華なメンバーが揃いました。

安田記念

実は、安田記念は現在1番人気が6連敗中

・21年グランアレグリア(単勝1.5倍2着)
・20年アーモンドアイ(単勝1.3倍2着)
・19年アーモンドアイ(単勝1.7倍3着)
・18年スワーヴリチャード(単勝2.8倍3着)
・17年イスラボニータ(単勝3.5倍8着)
・16年モーリス(単勝1.7倍2着)

といった歴戦の名馬たちが敗れてきたのが、この安田記念なのです。

特に近3年はヴィクトリアマイルで強いパフォーマンスを見せたグランアレグリア、アーモンドアイが、安田記念ではパフォーマンスを発揮しきれずに敗戦

ヴィクトリアマイルから中2週というレース間隔や、牝馬限定戦→混合戦になることで起こるレースの質の変化が、この成績に現れていると見ていいのではないでしょうか。

ヴィクトリアマイル

今年もヴィクトリアマイルからファインルージュ、レシステンシア、ソングラインの3頭が参戦予定。

ただ、ヴィクトリアマイル組が馬券にならないワケではなく、陣営がどのレースを狙って調整を進めてきたのか、安田記念の性質に合致するのはどの馬なのかを見極める情報力が必要ということです。

シュネルマイスター

そして、1番人気の支持を集めそうなのは、昨年の安田記念で3歳馬ながら僅差の3着に好走したシュネルマイスターでしょうか。

ただ、前走のドバイターフでは人気を裏切る形で8着に敗れており、今回の1週前追い切りを見届けた手塚貴久調教師は「もう少し絞らないと……」と話していたようで、馬体重を含めた当日の状態面には注意した方が良さそうです。

【シンクタンクメンバーズ】へとご参加頂いた会員様には、直前まで情報を精査した上で、安田記念(GⅠ)の最終結論を始めとした厳選勝負買い目をお届けします!

また、サイト内では、今週からスタートする“情報が命”の2歳新馬戦を始め、週中に競馬関係者から入手した情報を【競馬HOTLINE】【裏ネタ馬券作戦】の項目にて続々とお届けしますので、お見逃しのないようにご注意下さいね!


競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション