THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【NHKマイルC2022予想】先週もズバリ!調教班が見つけた好走調教パターン&推奨馬(人気薄濃厚)

local_offer競馬HOTLINE

【NHKマイルC2022予想】先週もズバリ!調教班が見つけた好走調教パターン&推奨馬(人気薄濃厚)

★現在、競馬総合情報社シンクタンクを初めてご利用いただく方への特別キャンペーンを実施中!

  • verified「点数を絞って買いたい!」
  • verified「時間をかけずに予想したい!」
  • verified「買える人気薄が知りたい!」

そんな競馬ファンにオススメ!

重賞メイン特捜部が教える
『馬券候補はこの5頭!』

今週は!
NHKマイルC(GⅠ)
など各重賞の馬券候補5頭を教えます!

無料会員登録はコチラkeyboard_arrow_right
チェックポイント

競馬HOTLINEでは、馬券に役立つ“裏ネタ"をリアルタイムで公開します!

調教班チーフ・富田が推奨馬を公開!


『調教分析』は富田が担当します。

先週の天皇賞(春)は私たち調教班推奨馬タイトルホルダーが勝利し、推奨候補としていたディープボンドとのワンツー決着になりました。

天皇賞調教

人気からは順当と言える決着ですが、実力馬がしっかり結果を出したのはレースの好走調教パターンに合致していたからとも言えます。

今週のNHKマイルCでも的中に貢献できるよう『調教分析』を進めて参ります。

重要性が高いのは坂路調教だが……

最初は過去5年のNHKマイルC好走馬の調教パターンを見ていきます。

【最終追い切りコース】

栗東坂路 2勝2着2回3着5回
栗東CW 1勝2着0回3着0回
栗東芝  0勝2着1回3着0回
美浦坂路 1勝2着0回3着0回
美浦南W 1勝2着2回3着0回

連対数では坂路、トラックともに5連対で五分ですが、3着は全て栗東坂路と偏った数字が出ています。

最終追い切りコースだけではまだ判断しかねるので、調教過程に傾向が出ていないか見てみましょう。
【調教過程】

坂路のみ   1勝2着1回3着1回
トラックのみ 0勝2着1回3着0回
併用     4勝2着4回3着4回

『坂路のみ』の好走もありますが、『併用』が大半を占めており、『トラックのみ』の好走は2018年2着馬ギベオンしかありません。

また、2019年1着馬ラウダシオンは『トラックのみ』が基本パターンの斉藤崇厩舎ですが、この時は『併用』で坂路調教を課していました。同年3着馬ギルデッドミラーの松永幹厩舎も同様で、この時は『坂路のみ』と基本パターンではない調教で臨んでいます。

このことに注目すると、NHKマイルCで好走するためには坂路調教が必要と言えるでしょう。

ただし、直線の長い東京芝1600mはタフなコースとして知られるため、バランスの良い『併用』が理想的であることは数字が示す通りです。

今の東京は○○一択!

先週(4/30.5/1)の東京は天候が不安定で土曜日の4、5、7R、日曜日の8.9.11Rが稍重で行われ、その他5鞍が良馬場で行われました。

ただし、2回東京はまだ馬場状態が良好なためか、好走馬の調教パターンに大きな差や影響は出ていませんでした。そのため、計11鞍のデータはそのまままとめています。

【最終追い切りコース】

坂路   4勝2着5回3着4回
トラック 7勝2着6回5着7回

関東馬は『美浦南W』の追い切りが多いため、やはりトラックが上回る結果となっていますが、この数字であれば坂路、トラックともに大きな差はないと言っていいでしょう。
【調教過程】

坂路のみ   0勝2着2回3着2回
トラックのみ 1勝2着1回3着1回
併用     10勝2着8回3着8回

この数字を見る限り『併用』一択で、『坂路のみ』の勝利はありませんでした。

なお、NHKマイルCと同じ東京芝1600mで行われた3鞍(土曜日4R、日曜日6、8R)では、最終追い切りでは『トラック』が2勝2着3回3着2回、『坂路』が1勝2着1回3着1回、調教過程では『トラックのみ』が1勝している以外は全て『併用』でした。

現在の東京で好走するにもバランスの良い調教が必要なようです。

調教班が選ぶ好走期待馬はこの馬!

調教班特注馬

ステルナティーア(牝3)
池添謙一騎手・木村哲也厩舎

5/4(水) 美浦南W 良 池添
[6F] 84.0-67.2-52.7-37.5-11.1 馬なり

過去5年、先週の傾向を見ると、好走調教パターンは調教過程が『併用』であることは大前提

最終追い切りコースに関してはどちらも許容範囲ですが、過去5年の傾向を重視すると関東馬はトラック、関西馬は坂路が望ましいと言えるでしょう。

【該当馬】

インダストリア
カワキタレブリー
ステルナティーア
ソネットフレーズ
ソリタリオ
トウシンマカオ
フォラブリューテ
プルパレイ
マテンロウオリオン

今回も該当馬が多数となったため、天皇賞(春)と同様に調教の騎乗者に注目してみましたが、NHKマイルCでも最終追い切りで本番騎手が騎乗していた馬が4勝2着2回3着3回と高確率で好走しています。

やはり大一番の前に騎手がコンタクトを取っておくことがプラスに働き、好結果へと結びつくようです。

上記該当馬の中ではステルナティーア、ソネットフレーズ、フォラブリューテ、プルパレイ、マテンロウオリオンの5頭。

その内、関東馬3頭は乗替りで初騎乗となりますが、同じくルメール→福永へ乗替りだったチューリップ賞は助手騎乗、今回は本番騎手の池添騎手による最終追い切りだったステルナティーアに注目しました。

阪神JFは7着でしたが、最終追い切りにはルメール騎手が騎乗しており、大一番前にしっかりとコンタクトを取らせています。

また、3連単3万2840円的中をお届けした皐月賞は木村厩舎のワンツー決着となりましたが、ジオグリフ、イクイノックスの最終追い切りにはどちらも本番騎手が騎乗しており、木村厩舎がGⅠへ臨む際の王道パターンと言っていいでしょう。

デビューから2戦で好走している左回りで近場の東京、桜花賞を挟まずダメージが少なく休み明けを叩いた上積みが見込めるなど、同馬にとって好材料が揃うだけに大きく変わり身を見せる可能性は感じます。

データ班チーフ・三崎が推奨馬を公開!(2頭目)

こんにちは!データ班の三崎です。

引き続き、NHKマイルC(GⅠ)のデータ分析を進めていきます。

牝馬の激走にも要注意!

ということで、過去10年の性別成績を見ていきます。

性別 着別度数 勝率 連対率 複勝率
牡馬 8-6-9-127 5.3% 9.3% 15.3%
牝馬 2-4-1-23 6.7% 20.0% 23.3%


勝ち切れている数では牡馬ですが、連対率と複勝率では牝馬が牡馬を上回っています。人気薄での激走もあるため出走頭数が少なくても軽視できません。

【好走した牝馬】

21年2着ソングライン(7人気)
20年2着レシステンシア(1人気)
20年3着ギルデッドミラー(6人気)
17年1着アエロリット(2人気)
17年2着リエノテソーロ(13人気)
16年1着メジャーエンブレム(1人気)
15年2着アルビアーノ(4人気)

この流れで牝馬【2-4-1-23】に限定した前走レース別成績も見ていきます。(過去に馬券圏内に入ったレースのみ)

前走レース 着別度数 勝率 連対率 複勝率
桜花賞 2-2-0-10 14.3% 28.6% 28.6%
フラワーC 0-1-0-2 0.0% 33.3% 33.3%
アネモネS 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%
アーリントンC 0-0-1-2 0.0% 0.0% 33.3%


最も馬券に絡んでいるのが桜花賞組。牡馬も同様かもしれませんが、2400mのオークス(ダービー)では明らかに距離が長いと判断したり、相手関係が比較的楽なコチラを選んだり…といった理由での参戦でしょう。クラシック出走の賞金が足りているなら尚更です。

水曜日(1頭目)にも紹介したNHKマイルCに向けての「理想的な負け方」

・前走で2着以下
・前走で上がり3Fが3位以下
・それでいて好内容

をしてきた牝馬が狙い目です。好内容という部分には主観が入ってしまいますが…。

激走チャンスがある牝馬!

アルーリングウェイ(牝3)
藤岡佑介騎手・藤岡健一厩舎

大接戦だった桜花賞で勝ち馬と0秒2差の8着に敗れたアルーリングウェイを2頭目の推奨馬とします。

目の前にいたウォーターナビレラを差せず、後ろにいたスターズオンアースに一気に交わされてしまいましたが、これまでに経験していない速い上がりでも良く持ちこたえたと言えます。

タイム差なしの2着だった万両賞の勝ち馬マテンロウオリオンは後にシンザン記念を制し、ニュージーランドTで2着。今回も有力馬の1頭です。

エルフィンSの勝ち時計1分34秒0はレースの時期が違うとはいえシンザン記念や古馬のレースよりも速く、決して楽ではないママコチャ(2着)やルージュラテール(3着)を相手に完勝とレベルは高く、桜花賞での5番人気も納得の戦績です。

最後に、前走からの斤量変化がない馬の方が好走率が高いことも付け加えておきます。

斤量変化 着別度数 勝率 連対率 複勝率
増減無し 6-4-2-35 12.8% 21.3% 25.5%
増える 4-6-8-115 3.0% 7.5% 13.5%


GⅠの斤量(牡馬57キロ、牝馬55キロ)を事前に経験している数少ない1頭であることも強みです。

極端に速い上がりが求められないNHKマイルCの方が適した条件となる可能性は十分。レースセンスが高く、ジャングロを見ながら流れに乗れば簡単には止まらないと見ました。

アルーリングウェイ

データ班チーフ・三崎が推奨馬を公開!(1頭目)

こんにちは!データ班の三崎です。今週もよろしくお願いします。

的中をお届けした先週の天皇賞(春)では、データ班の推奨馬ディープボンドが2着と馬券になりました。

春のG1シリーズの舞台は東京競馬場に移り、NHKマイルC、ヴィクトリアマイル、オークス、日本ダービー、安田記念と5週連続で行われます。

今週は3歳マイル王決定戦のNHKマイルC。過去の傾向を把握してしっかりと対策をしていきましょう。

まずは過去10年の人気別成績と詳細です。

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3-1-1-5 30.0% 40.0% 50.0%
2番人気 3-2-1-4 30.0% 50.0% 60.0%
3番人気 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
4番人気 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
5番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
6番人気 1-1-2-6 10.0% 20.0% 40.0%
7番人気 0-1-1-8 0.0% 10.0% 20.0%
8番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
9番人気 1-0-1-8 10.0% 10.0% 20.0%
10~人気 1-3-3-83 1.1% 4.4% 7.8%

1着人気 2着人気 3着人気
2021年
2020年
2019年 14
2018年
2017年 13
2016年 12
2015年
2014年 17 12
2013年 10
2012年 15


1番人気は現在5連敗中、複勝率50%と他のGⅠと比べても苦戦しています。

1番人気で勝利を挙げた3頭は2012年カレンブラックヒル、2014年ミッキーアイル、2016年メジャーエンブレムと全て逃げ切り。誰も寄せ付けないスピードがあれば勝利の可能性は一気に高まります。2020年に2着だったレシステンシアも逃げていましたね。

1,2番人気というくくりで見ればとても安定していて、揃って馬券圏外に沈んだのは2013年のみ。上位人気馬が軸候補として適しているのは確かです。

また、2桁人気馬は7頭が好走しているように軽視するわけにはいきません。気になった馬の人気が低いからといって諦めるのは早計でしょう。

続いて、前走の着順別成績を見てみます。

前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 2-3-0-41 4.3% 10.9% 10.9%
前走2着 3-2-3-19 11.1% 18.5% 29.6%
前走3着 0-0-2-17 0.0% 0.0% 10.5%
前走4着 2-2-0-7 18.2% 36.4% 36.4%
前走5着 2-0-1-10 15.4% 15.4% 23.1%
前走6~9着 1-1-1-26 3.4% 6.9% 10.3%
前走10着~ 0-2-3-29 0.0% 5.9% 14.7%


前走1着馬は不振傾向で、なんと2016年以降は1頭も馬券に絡んでいません。現在7年連続で勝利から遠ざかっているように、前走→今回の2連勝はかなりハードルが高いようです。

むしろ前走2,4,5着馬の方が好走率は高く、敗れていたとしてもどういうメンバーが相手だったのか、どういうレース内容だったのかなどの精査が必要です。

勝ち切れないタイプが好走している

矛盾しているような表現ですが、上記の前走1着馬が不振というデータから関連しそうなデータを確認していきます。前走の上がり3ハロン成績です。

前走上がり3F 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1位 0-2-3-24 0.0% 6.9% 17.2%
2位 1-1-0-18 5.0% 10.0% 10.0%
3位 2-1-2-17 9.1% 13.6% 22.7%
4位 2-1-1-13 11.8% 17.6% 23.5%
5位 2-1-0-12 13.3% 20.0% 20.0%
6位下 3-4-4-65 3.9% 9.2% 14.5%


前走で上がり3ハロン1位、2位の末脚を発揮していても本番ではあまり繋がっていないことが分かります。

対照的に3,4,5位からは計12頭、6位以下でも計11頭が馬券になっていることから、前走で目立った末脚を使っていなくても好走できるチャンスが十分にあるレースです。

こういう上がりを使う馬は逃げ・先行馬や適性外の距離で不発だった馬ですから、最後の直線で差されてしまった側が狙い目として浮上してきます。

・前走で2着以下
・前走で上がり3Fが3位以下
・それでいて好内容

前走1着馬が不振傾向というデータをキッカケに、理想的な負け方が見えてきました。

本番に繋がる惜敗から激走を狙う!

タイセイディバイン(牡3)
松若風馬騎手・高野友和厩舎

アーリントンCでダノンスコーピオンとクビ差の2着、上がり3ハロンは3位と理想的な負け方をしているタイセイディバインを1頭目の推奨馬とします。

セリフォスの負け方がハイレベルであることは認めつつ、前走レースが前年だった馬は【0-0-0-1】と好走例がないパターンであることを考慮します。

前走は外枠からスタートを決めて先行集団を追走、前の馬が早々に止まったため1頭で抜け出す形になりましたが、最後まで真っ直ぐ伸びて僅差に残しました。後ろを走っていた勝ち馬のいい目標になってしまいました。

元々は中距離戦を使われてきましたが、一気に600mの距離短縮となったファルコンSで一変して2着に好走しました。

この時は前半3ハロンが33秒1というハイペースでも軽く仕掛ける程度で先行集団を見ながら走れるスピードを見せました。

直線では前が壁になって追い出しを待たされ、大外まで持ち出すロスがありながら2着。最内をピッタリ回ってこれた勝ち馬とは対照的な位置取りだったように内容も濃く、続く前走(アーリントンC)で能力や距離適性があるところを再証明しました。

ここ2戦の経験からGⅠ特有の緩みのない流れに戸惑って不発に終わるパターンは考えにくく、堅実に上位争いに加わることができるのではないでしょうか。

★現在、競馬総合情報社シンクタンクを初めてご利用いただく方への特別キャンペーンを実施中!

  • verified「点数を絞って買いたい!」
  • verified「時間をかけずに予想したい!」
  • verified「買える人気薄が知りたい!」

そんな競馬ファンにオススメ!

重賞メイン特捜部が教える
『馬券候補はこの5頭!』

今週は!
NHKマイルC(GⅠ)
など各重賞の馬券候補5頭を教えます!

無料会員登録はコチラkeyboard_arrow_right

【平井雄二のレース展望】波乱が頻発する必然の理由

路線の細分化が進んだ現在の競馬では、春の時点でクラシックには目もくれず、マイル路線を歩む3歳馬が多くなってきている。

特に暮れの2歳GⅠが朝日杯FSとホープフルSに分かれたことと、社台グループを中心に有力馬を使い分けることが当たり前になり、かつてはクラシックより一枚落ちる感もあったNHKマイルCだが、3歳マイル王決定戦にふさわしいメンバーが揃うレースになっている。

しかし、馬券は相変わらずひと筋縄ではいかぬ結果が続いている1番人気が5連敗中、万馬券決着は当たり前で10万馬券以上の決着も頻発。世間一般的には非常に難解なレースとして見られているのは確かだ。

『本番前のひと叩き』が当たり前だったひと昔とは違い、今は外厩制度と調教技術の発達によりレース数を使わない馬が増えたことで、3歳GⅠで初対決というケースが多くなっている。

相手関係の比較材料となる戦績、時計などデータが乏しければ、それらを頼りにして馬券を買う人間、すなわち一般ファンの方々などにとって難しいレースであることは必然だ。

今や外厩仕上げが当たり前で、厩舎や騎手といったトレセン内の情報のみならず、トレセン外の牧場や外厩も重要となる。

しかし、一般マスコミの取材対象はトレセン内、牧場や外厩の関係者情報を入手する機会はほぼない。表に出てくる情報をアテにしても馬券的中には繋がらず、NHKマイルCで波乱決着が続く理由は明らかだ。

今年はトレセン外の情報がより重要に!

今年の3歳世代は、社台グループの中核をなしていたディープインパクト産駒がわずかしかおらず、新たな時代に突入したタイミング。ジャッジするためには、例年以上ににトレセン外の牧場や外厩の情報が重要となってくる。

トレセン外の情報の重要性をいち早く見抜いていた弊社シンクタンクは、牧場、外厩にも太いパイプを持つ関係者が情報ルートとして在籍しており、世間一般では知ることができない思惑、裏事情、評価など馬券に直結する『本物の関係者情報』を入手できる態勢が整っている

今年も社台グループの新種牡馬ドレフォン産駒のジオグリフとキタサンブラック産駒のイクイノックスで決着した今年の皐月賞では馬連3570円、3連複4190円、3連単3万2840円的中、NHKマイルCの前哨戦アーリントンCでは馬連2250円、3連複6350円、3連単2万2500円的中、ニュージーランドTでは馬連990円、3連複2950円的中

そして、去年のNHKマイルCでは馬連3690円、3連複3540円、3連単2万1180円的中させており、今年も的中を掴むため着々と準備が進められており、去年のソングライン(7番人気2着)に匹敵するであろう『高配当の使者』の存在もマーク済みだ。

高配当使者""
☆今年も『高配当の使者』が万馬券的中のカギとなる!

2年連続万馬券的中の期待感が高まるNHKマイルCの【最終結論】はレース当日(5/8)にメンバー限定公開。乞うご期待。

特別登録メンバー

アルーリングウェイ
インダストリア
オタルエバー
カワキタレブリー
キングエルメス
ジャングロ
ステルナティーア
セイクリッド
セリフォス
ソネットフレーズ
ソリタリオ
タイセイディバイン
ダノンスコーピオン
ダンテスヴュー
ディオ
デルマグレムリン
トウシンマカオ
ドーブネ
フォラブリューテ
プルパレイ
マテンロウオリオン

競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション