THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【天皇賞(春)2022】近年はジンクスが覆る!?初GⅠ制覇に燃えるアノ騎手に注目!

local_offer競馬HOTLINE

【天皇賞(春)2022】近年はジンクスが覆る!?初GⅠ制覇に燃えるアノ騎手に注目!
✓チェックポイント

競馬HOTLINEでは、馬券に役立つ“裏ネタ"をリアルタイムで公開します!

こんにちは!
本日の競馬HOTLINEは、チームスタリオンの久美が担当します。

いよいよ、今週末から6週連続GⅠ開催がスタート。

先日の皐月賞では、牧場サイドからも有力情報を掴んでいた◎ジオグリフ(5番人気)から、【◎▲馬連3570円的中&3万2840円的中】をお届け。

皐月賞 皐月賞2

牡馬にとっては種牡馬入りの指標となり、牝馬にとっても繁殖としての価値を高め、産駒に期待を寄せてもらうため、牧場関係者にとってもGⅠタイトルは非常に重要な意味を持つことになります。

また、4月26日のブリーズアップセールを皮切りに、生産界では競走馬セールがスタートすることになり、セールが絡んだ“特別なヤリ話”など、馬券に繋がる【牧場情報】も、ますます多くなっていきます。

ここからは、畠山先生(畠山重則元JRA調教師)、大物牧場関係者・赤坂氏と共に、馬券に繋がる【牧場情報】の収集に一層努めて参りますので、どうぞ大きくご期待下さい!

【天皇賞(春)2022】近年はジンクスが覆る!?初GⅠ制覇に燃えるアノ騎手に注目!

5月1日(日)には天皇賞(春)が行われます。

国内の平地GⅠとしては最長となる芝3200mで行われる伝統の一戦。

また、昨年に続いて、今年も京都競馬場の改修工事の影響により、阪神競馬場でレースが行われます。

スピードが重要視される近代競馬において、3000mを超える長距離路線は、王道とは一線を画す特殊条件へと変化している印象も受けます。

十年ほど前までは「菊花賞好走馬が天皇賞(春)では走らない」というジンクスも囁かれていましたが、近7年の天皇賞(春)では、菊花賞馬が実に6勝をマーク。

昨年も皐月賞馬エフフォーリア、ダービー馬シャフリヤールが共に菊花賞をパスしたように、以前とは違い、長距離に適性が無いと判断された馬は、無理に3000m超のレースに使わなくなったことも理由の一つと言えるのではないでしょうか。

タイトルホルダー

今年は、昨年の菊花賞馬タイトルホルダーの走りに注目したいところ。

横山武史騎手が騎乗した菊花賞では、父典弘騎手が騎乗したセイウンスカイを思い起こさせるような巧みなペース配分で圧勝。

キレる脚はなくとも、スタミナとタフさが武器のこの馬は、長距離路線に照準を合わせた番組選択を続けています。

有馬記念からは横山武史騎手に替わって、横山和生騎手が当馬の手綱を執っていますが、弟の大ブレイクに続くためにも、初GⅠ制覇のチャンスとなるココは気合いのこもった騎乗が期待できそうです。

【シンクタンクメンバーズ】へとご参加頂いた会員様には、直前まで情報を精査した上で、平井雄二元JRA調教師率いる重賞メイン特捜部が自信を持ってお届けする天皇賞(春)を始めとした厳選勝負買い目をお届けします!

サイト内では、週中に競馬関係者から入手した情報を【競馬HOTLINE】【裏ネタ馬券作戦】の項目にて続々とお届けしますので、お見逃しのないようにご注意下さいね!

競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション