THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【土東京7R】世界的名手を早くから確保!オーナーサイドの強力な人脈で勝ち上がりを狙う!

local_offer競馬HOTLINE

【土東京7R】世界的名手を早くから確保!オーナーサイドの強力な人脈で勝ち上がりを狙う!
✓チェックポイント

競馬HOTLINEでは、馬券に役立つ“裏ネタ"をリアルタイムで公開します!

会員の皆様、こんにちは。
本日の競馬HOTLINEは、チームスタリオンの久美が担当します。

3連単5460円的中(11/21阪神11R)をお届けした、先週のマイルCSを制したグランアレグリアは、このレースがラストランに。

見事、GⅠ6勝目で有終の美を飾り、牝馬としては史上6頭目となる獲得賞金10億円越えを達成しました。

ノーザンF

実は、藤沢和雄調教師は「牧場の人たちから、あまり種牡馬候補の馬を負かさないでくださいって言われちゃうんだけどね。仕方ないよな」と語っていたとのことですが、昨年は高松宮記念、スプリンターズSに、今年は大阪杯、天皇賞(秋)を使うことになったように、グランアレグリアの番組選択には、牧場サイドの思惑が少なからず反映されていました。

既にお伝えしている通り、今週末のジャパンカップでも、3冠馬コントレイルがラストランを迎えることになりますが、引退後の種牡馬入りに向けても、早くから様々な思惑を掴んで来ました

当然、こうした表向きには出回らない【牧場情報】は馬券的中にも直結していくことになるだけに、今週もシンクタンクがお届けする最終結論に大きくご期待頂ければと思います!


【土東京7R】世界的名手を早くから確保!オーナーサイドの強力な人脈で勝ち上がりを狙う!

今週の大ヤリ馬はこの馬!

11月27日(土)東京7R 3歳上1勝クラス
マンインザミラー(牡3)
R.ムーア騎手・池江泰寿厩舎

先週は、ウマ娘で話題を集める藤田晋オーナーが送り込んだ大ヤリ馬デュガが、3番人気1着と快勝。

藤田オーナーは、セールで高額落札を連発し、ノーザンFとの結びつきを急速に強めていることをお伝えしましたが、こうしたオーナーサイドと牧場サイドの思惑を読み解くことが、馬券的中の大きなカギを握ることになります。

今週は、オーナーサイドが早くからR.ムーア騎手を確保していたマンインザミラーを大ヤリ馬として挙げたいと思います。

当馬の馬主であるキーファーズは、ジャパンカップに出走を予定しているジャパン、ブルームの外国馬2頭の共同オーナーでもあります。

キーファーズ代表の松島正昭氏は「武豊騎手と凱旋門賞を勝つのが夢」と、早くから語っていましたが、その夢を実現するために、海外の競馬関係者とも太い人脈を築き上げてきました。

ノーザンF

今年は、キーファーズが深く携わる一口クラブ・インゼルサラブレッドクラブの創設も発表されましたが、その際にも、L.デットーリ騎手や、R.ムーア騎手、クールモア代表のJ.マグナー氏など、世界的なビッグネームがコメントを寄せています。

そんなキーファーズが送り込むマンインザミラーは、正式な来日が発表される前から「ムーア騎手でココ」を目標に調整されてきた1頭。

休み明けの前走も、決して本調子ではない中で2着に好走しましたが「無駄な動きがありました。着差を考えると、それを埋め合わせできていればもっと際どかったです」と、レース後に松本大輝騎手が振り返る惜しい内容でした。

叩き2戦目で世界的名手を確保してきたココは、さらなる前進が必至と見ています。

おすすめ記事

競馬HOTLINE

トレセンマル秘レポート

トピックス&ニュース

競馬HOTLINE

裏ネタ馬券作戦

イベントコンテンツ

インフォメーション

インフォメーション

arrow_back_ios 記事一覧へ戻る
トレセンマル秘レポート

トピックス&ニュース

競馬HOTLINE

裏ネタ馬券作戦

イベントコンテンツ

インフォメーション

インフォメーション