THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【秋華賞2021予想】先週も的中に貢献!好調な調教班が見つけた激走調教パターンとは?

local_offer競馬HOTLINE

【秋華賞2021予想】先週も的中に貢献!好調な調教班が見つけた激走調教パターンとは?

★現在、競馬総合情報社シンクタンクを初めてご利用いただく方への特別キャンペーンを実施中!

  • verified「点数を絞って買いたい!」
  • verified「時間をかけずに予想したい!」
  • verified「買える人気薄が知りたい!」

そんな競馬ファンにオススメ!

重賞メイン特捜部が教える
『馬券候補はこの5頭!』

今週は!
秋華賞(GⅠ)
の馬券候補5頭を教えます!

無料会員登録はコチラkeyboard_arrow_right
チェックポイント

競馬HOTLINEでは、馬券に役立つ“裏ネタ"をリアルタイムで公開します!

調教班チーフ・富田が激走調教パターンを発見!


調教班チーフの富田です。よろしくお願いします。

先週(10/9.10)のシンクタンクは万券AAAの的中に沸きましたが、私たち重賞メイン特捜部もピックアップレースの毎日王冠などが的中し、現在9週連続で重賞的中となっています。

毎日王冠では東京芝1800mの黄金調教パターンに合致していた調教班推奨馬シュネルマイスターが勝利し、再び的中に貢献することができました。

毎日王冠推奨

今週の秋華賞は史上初の阪神開催となるため、過去の調教パターンとは合致しない可能性があることは否めません。

その分、先週(10/9.10)の傾向が重要になってくることでしょう。今週は、開幕週だった阪神のレース結果から好走調教パターンを探って参ります。

現在の阪神で重要性の高い調教は?

先週の阪神芝レースは、土曜日5鞍、日曜日6鞍の計11鞍、全て良馬場で行われました。

【最終追い切りコース】

坂路    6勝2着8回3着8回
トラック  5勝2着3回3着3回

関西馬は坂路調教馬が多いので坂路優勢の結果が出やすく、全体的な好走数では坂路が上回っていますが、勝利数ではほぼ五分の数字となっています。

最終追い切りコースからは、坂路、トラックどちらが重要かは明確に判断することはできません。

【調教過程】

坂路のみ   3勝2着2回3着3回
トラックのみ 1勝2着0回3着1回
併用     7勝2着9回3着7回

しかし、中間の調教過程を見てみると、トラックのみで好走した馬はほんの僅か

坂路のみも多いとは言えませんが、全体数の多い併用が好走を占めるのは当たり前なので、それなりに健闘している部類の数字と言えるでしょう。

この数字を見ると併用がベターなのは確かですが、重要性で考えると坂路に軍配が上がると判断できます。

過去5年の好走調教パターンは明確

京都で行われた過去5年の秋華賞の好走調教パターンも押さえておきましょう。

【最終追い切りコース】

栗東坂路 3勝2着1回3着2回
栗東CW 1勝2着1回3着3回
栗東芝  1勝2着0回3着0回
美浦坂路 1勝2着1回3着0回
美浦南W 0勝2着1回3着0回

勝利数で坂路がリードしているだけでなく、美浦坂路でも2連対している点は注目に値します。

なお、関東馬の好走は全て国枝厩舎です。しかし、3頭とも全て調教パターンが違っており、アーモンドアイは併用、カレンブーケドールは坂路のみ、マジックキャッスルはトラックのみとなっています。

国枝厩舎の調教の基本は美浦南W、マジックキャッスルは基本に沿ったパターンですが、他2頭は坂路調教を課していることはポイントと言えそうです。

全体の【調教過程】も見ておきましょう。

【調教過程】

坂路のみ   1勝2着2回3着1回
トラックのみ 0勝2着1回3着0回
併用     4勝2着2回3着4回

トラックのみの好走は先に名を挙げた2020年2着マジックキャッスルだけで、坂路のみで勝利した馬も2017年ディアドラのみ。この年は1~3着馬全て坂路のみという結果になっていますが、重馬場だったことが関係していると思います。馬場が重くなると坂路調教馬の活躍が目立つのは大半のレースで共通しています。

過去5年から導き出される秋華賞の好走調教パターンは、最終追い切り坂路のトラック併用と考えてよいでしょう。

調教班が選ぶ好走期待馬はこの馬!

※この情報は【シンクタンクメンバーズ】にご参加中の、情報期限をお持ちの有料会員様限定公開となります。


データ班チーフ・三崎が攻略ポイントをあぶり出す!


こんにちは、三崎です!

先週(10/9.10)は3場同時の開幕週、「最も情報通り決まる」と言われる東京開催がスタートしましたが、万券AAA(10/10東京10R)は公言通りに万馬券的中!

的中 ▲大本線でズバリ的中!詳細はコチラで公開中!▲

馬券を獲られた会員の皆様、おめでとうございます。

スプリンターズSの3連単3万8610円的中に続いていい流れが来ていますし、今週から秋のGⅠシリーズが再開、秋華賞でもいい情報、いい的中をお届けできるように頑張りますよ!

人気から見た狙いのセオリーはコレ!

今年の秋華賞は初めての阪神開催。そのため、過去10年のデータは京都で施行されたものになりますが、振り返っておくことで馬券攻略のヒントにはなります。

まずは人気別成績から見ていきましょう。

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4-1-1-4 40.0% 50.0% 60.0%
2番人気 1-3-0-6 10.0% 40.0% 40.0%
3番人気 4-0-1-5 40.0% 40.0% 50.0%
4番人気 1-2-1-6 10.0% 30.0% 40.0%
5番人気 0-2-1-7 0.0% 20.0% 30.0%
6番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
7番人気 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
8番人気 0-0-2-8 0.0% 0.0% 20.0%
9番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
10人気下 0-1-2-84 0.0% 1.1% 3.4%


上位人気になればなるほど連対率が高く、勝ち馬はすべて4番人気以内から出ています。1番人気は4勝2着1回3着1回で、連対した5頭はすべてオークス馬でした。ユーバーレーベンが1番人気なら信頼できますが、それ以外の馬なら疑ってかかるべしと言えますね。

1番人気以外の上位人気でピックアップするなら4勝3着1回の3番人気でしょう。4勝中3勝が紫苑Sの勝ち馬で、もしファインルージュが該当するようなら注目です。

人気薄で連対したのは去年2着馬マジックキャッスルの10番人気が最も低評価で、あとは2011年のキョウワジャンヌの7番人気のみ。実は、2011年はこのキョウワジャンヌが本命で馬連3100円、3連複1720円、3連単1万2680円的中となっているんですが、データからだと人気薄から狙えるレースとは言い難い結果になっています。

ただし、3着に人気薄が突っ込んでくるケースが多く、半数以上となる6頭が6番人気以下。ココが万馬券の肝となっています。

狙いのセオリーを挙げるとすると、上位人気馬からならヒモは手広く、人気薄からならば3連係の馬券を組み立てるのが良さそうですね。

今年の中心レースはコレ!

次は前走のデータに注目してそれぞれ見ていきます。

最初は着順別成績から

前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1着 5-3-4-39 9.8% 15.7% 23.5%
2着 3-1-1-16 14.3% 19.0% 23.8%
3着 1-3-2-13 5.3% 21.1% 31.6%
4着 1-1-1-11 7.1% 14.3% 21.4%
5着 0-2-0-9 0.0% 18.2% 18.2%
6~9着 0-0-1-30 0.0% 0.0% 3.2%
10着下 0-0-1-28 0.0% 0.0% 3.4%


勝ち馬は全て前走4着以内、連対も5着までで、掲示板外だった馬は3着2回しかありません。この数字を見ると、上位人気が連軸としては堅調なのも納得できますね。

なお、掲示板外から3着に好走したのは2013年リラコサージュ(ローズS18着)、2017年モズカッチャン(ローズS7着)で、どちらもオークスで一桁着順でした。巻き返すには春のGⅠで好走した実績が必要のようです。

今後は前走クラス別成績を見ます。

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1勝 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
2勝 0-2-1-16 0.0% 10.5% 15.8%
3勝 0-0-1-0 0.0% 0.0% 100.0%
OP 1-0-0-25 3.8% 3.8% 3.8%
G3 3-3-0-28 8.8% 17.6% 17.6%
G2 3-5-7-56 4.2% 11.3% 21.1%
G1 3-0-0-12 20.0% 20.0% 20.0%


条件戦から挑んで勝った馬はおらず連下まで。オープン特別の好走も2014年勝ち馬ショウナンパンドラのみで、重賞昇格前の紫苑Sでした。

続けてレース別成績を見ましょう。

前走レース 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ローズS 3-5-7-56 4.2% 11.3% 21.1%
オークス 3-0-0-12 20.0% 20.0% 20.0%
紫苑S(G3) 2-3-0-20 8.0% 20.0% 20.0%
紫苑S(OP) 1-0-0-24 4.0% 4.0% 4.0%
クイーンS 1-0-0-4 20.0% 20.0% 20.0%


やはりトライアル(ローズS、紫苑S)とオークスからの直行が有力で好走馬の大半を占めています。

近年優勢なのが重賞昇格後の紫苑Sで2勝2着3回。そして、外厩技術の向上によりトライアルを使わずブッツケ本番が当たり前になってきたため、3年連続オークス組が勝利しています。

主流のローズS組も9年連続馬券に絡んでいましたが、とうとう去年で記録が途絶えてしまいました。果たして今年復権なるのか、注目です。

ソダシの札幌記念は過去10年では出走例がありません。さらに遡ると2009年にブエナビスタが札幌記念2着から参戦しており、降着のため3着という結果でした。ソダシは勝利しての参戦、コチラもどういう結果になるのか興味深いところ。

データ班が選ぶ好走期待馬はこの馬!

データ班推奨馬

アカイトリノムスメ(牝3)
戸崎圭太騎手・国枝栄厩舎

データ班としては、やはり主要3レース(ローズS、紫苑S、オークス)かつ前走4着以内から推奨馬を選ぶべきとなりますが、それでは該当馬多く絞り切れないので、消去法で減らしていきます。

まず、キャリア9戦以上で連対したのは2頭、勝利は2017年ディアドラのみでキャリア過多の馬は減点となりエイシンヒテンが該当します。

次にオークス出走馬に限ると、レース発足以来、秋華賞を勝利した馬は全てオークス4着以内という共通点があります。

実はメンバーの大半がこのデータに引っ掛かってしまい、これまでのデータと併せてクリアしたのはアカイトリノムスネ、ユーバーレーベンしかいません。これにオークス不出走のローズS勝ち馬アンドヴァラナウトを加えた3頭に推奨候補を絞ることができました。

関西馬が9勝2着7回3着9回と圧倒的に強いレースなので、アンドヴァラナウトを推奨にしようかとも考えましたが、初勝利に3戦を要したのがややマイナスで、これもクリアして勝利したのはディアドラしかいません。

一方、関東馬2頭ですが、ユーバーレーベンは1番人気で勝利した経験がなく、過去10年勝ち馬全てに共通するデータである以上、強く推せません。なお、コレに引っ掛かった2017年アエロリットは1番人気で7着に敗れています。

アカイトリノムスメは関東馬ですが、現在3年連続連対馬を出していて、秋華賞2勝の国枝厩舎というのは強調材料になります。

しかも母は牝馬3冠アパパネで、4勝2着5回3着2回の好成績を誇るディープインパクト産駒と血統面でも推せるデータがあります。

今年は阪神開催になりますが、過去3年の阪神芝2000m種牡馬成績を調べたところ、

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
キングカメハメハ 12-10-6-39 17.9% 32.8% 41.8%
ディープインパクト 21-19-18-93 13.9% 26.5% 38.4%
キズナ 7-6-4-39 12.5% 23.2% 30.4%
ルーラーシップ 7-9-7-56 8.9% 20.3% 29.1%
オルフェーヴル 6-6-7-41 10.0% 20.0% 31.7%
ハービンジャー 9-6-10-68 9.7% 16.1% 26.9%
ハーツクライ 9-6-10-79 8.7% 14.4% 24.0%


50回以上に出走では勝率、連対率でともに2位、100回以上を超えた馬の中ではトップであり、総合的に見ると最も優秀な成績を挙げていると言えます。

桜花賞で0.2秒差の4着と健闘したようにコース経験もありますし、最後の1冠を手にするチャンスはアリとジャッジしましました。

★現在、競馬総合情報社シンクタンクを初めてご利用いただく方への特別キャンペーンを実施中!

  • verified「点数を絞って買いたい!」
  • verified「時間をかけずに予想したい!」
  • verified「買える人気薄が知りたい!」

そんな競馬ファンにオススメ!

重賞メイン特捜部が教える
『馬券候補はこの5頭!』

今週は!
秋華賞(GⅠ)
の馬券候補5頭を教えます!

無料会員登録はコチラkeyboard_arrow_right

【平井雄二のレース展望】まだ確勝級と言える存在ではない

昨年の秋華賞は『デアリングタクトが無敗で牝馬3冠達成なるか』が注目を集めたが、今年は競馬ファンでなくともその存在を知っている白毛馬ソダシの参戦で、世間の注目度は昨年以上と言っていいだろう。

始動戦となった札幌記念で古馬を撃破し、無敗で桜花賞まで制した実力を改めて証明して見せた。ココも主役級の1頭である事実は揺るぎない。

しかし、オークスで崩れたように絶対の存在ではないことも明らか。桜花賞で接戦を演じたサトノレイナスは戦線離脱したが、同じく僅差のファインルージュは紫苑Sを快勝。万馬券的中をお届けしたローズSでは夏上がり馬アンドヴァラナウトが制し、春の勢力図に風穴を空けた。

オークス馬ユーバーレーベン、2着馬アカイトリノムスメは直行でココに臨む予定であり、まだ勝負付けが済んでいない馬が何頭もおり、去年のデアリングタクトほど確勝級と言える信頼度はない

今年は異例の阪神開催。情報力がモノを言う!

やはり無視できぬがノーザンFの存在だ。ここまで名を挙げた馬でユーバーレーベン以外は全てノーザンF生産馬であることを見落としてはならない。その思惑が秋華賞の大きなポイントであることは確かだ。

ノーザンF

例えば、紫苑S、ローズSの両トライアルの勝ち馬の鞍上は福永騎手、本番ではアンドヴァラナウトに乗ることになったが、ファインルージュにはノーザンFの第一主戦とも言えるルメール騎手が乗ることになった。

ジョッキーサイドの視点からするとアンドヴァラナウトが上に思えるが、ファインルージュの代役がルメール騎手というのは重い事実。この裏側にある思惑を把握し、的確にジャッジする必要がある。
しかし、そうした重要な思惑というのは表に向けて公表されることはまずあり得ない。関係者からすると何の得にもならないからだ。特に一般マスコミの取材対象ではない馬主、生産者サイドの思惑となれば知る手段もない

今年は秋華賞史上初めてとなる阪神開催となり、過去のデータは参考程度となり、ますます情報力がモノを言うレースになるだろう。

そんな中、一般マスコミは世間の注目度の高いソダシに取材が集中するのは明らかであり、ましてコロナ禍で取材規制がかかっている状況。アテにできる情報は少ない。

一方、ハイセイコーの増沢末夫を筆頭に元騎手、元調教師のレジェンド達を情報ルートとして抱える弊社シンクタンクは、この状況下でも電話、メール、LINEなどで個別に連絡を取れるだけの信頼関係をあらゆる関係者と築いており、【本物の関係者情報】を入手して存分に情報力を発揮することができる。

実は、既に秋華賞で「この馬が馬券になれば万馬券決着は必至」との穴馬の存在をマーク済みだ。

激走馬2 ☆スプリンターズSのシヴァージ(10番人気3着)に匹敵する穴馬が!?

スプリンターズSを3万馬券的中で好スタートを切った秋のGⅠシリーズ。もちろん秋華賞で連続的中を狙うべく力が入っている。【最終結論】はレース当日までしっかりと情報を吟味してお伝えするので、ぜひともご注目いただきたい。

特別登録メンバー

アカイトリノムスメ
アナザーリリック
アンドヴァラナウト
アールドヴィーヴル
エイシンチラー
エイシンヒテン
エンスージアズム
クールキャット
サトノアイ
サルファーコスモス
ジェラルディーナ
ステラリア
スライリー
スルーセブンシーズ
ソダシ
タガノパッション
テーオーラフィット
ファインルージュ
ホウオウイクセル
マリアエレーナ
ミスフィガロ
ユーバーレーベン

競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション