THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【毎日王冠2021予想】これが黄金調教パターン!調教班が選び抜いた推奨馬は全員必見!

local_offer競馬HOTLINE

【毎日王冠2021予想】これが黄金調教パターン!調教班が選び抜いた推奨馬は全員必見!
チェックポイント

競馬HOTLINEでは、馬券に役立つ“裏ネタ"をリアルタイムで公開します!

調教班チーフ・富田が注目馬をピックアップ!


当欄は調教班チーフの富田が担当致します。

今週から開催が替わりますので、あらためて私がお伝えする『調教分析』について説明させていただきますと、

・対象重賞の過去5年の好走馬
・レースが行われる競馬場の好走馬

から、共通する好走調教パターンを見つけ出し、条件に合致する好走期待値の高い馬を導き出しています。

3連単3万8610円的中をお届けしたスプリンターズSですが、実は私たちは悔しい思いをしています。

なぜかと言えば、好走調教パターンを『最終追い切り坂路のトラック併用』とし、推奨候補をシヴァージとビアンフェに絞り込んでいたからです。結果はシヴァ―ジが10番人気3着と激走することに。

しかし、好走調教パターンを導き出すことが改めて馬券検討に役立つことは、この結果からもおわかりいただけるはず。

今週のピックアップレースである毎日王冠も、去年は調教班推奨馬ダイワキャグニーが2着としっかり馬券になっていますので、ぜひご注目ください。

毎日王冠推奨

基本は坂路が必要だが、例外となる馬も……

毎日王冠過去5年の好走馬(1~3着)の調教パターンから見ていきます。

【最終追い切りコース】

栗東坂路 1勝2着1回3着2回
栗東CW  0勝2着1回3着1回
美浦坂路 1勝2着2回3着0回
美浦南W  1勝2着1回3着1回
美浦南P  1勝2着0回3着0回
美浦南芝 1勝2着0回3着0回

これまで見てきたレースと比較すると追い切りコースは様々。

基本的に坂路追い切り馬の好走は栗東坂路に偏りますが、連対数では美浦坂路が上回っているのは特徴的と言えるでしょう。つまり、『坂路調教の重要性が高いのでは』との仮説が立てられます。

それを明らかにするために、中間の調教過程を見ていきます。

【調教過程】

坂路のみ   1勝2着1回3着2回
トラックのみ 1勝2着0回3着0回
併用     3勝2着4回3着3回

坂路のみは4頭馬券になっていますが、トラックのみは僅かに1頭のみ。この結果を見ると仮説通りに毎日王冠では坂路調教の重要性が高いと結論づけることができます。

なお、トラックのみで好走したのが今年も出走している2018年1着馬ダノンキングリーです。今年の最終追い切りは美浦南Bコースですが、中間の調教過程はトラックのみでこれまでと変わらない基本パターンで臨んでいます。過去に結果を出している以上、同馬に関しては割引いて考える必要はないでしょう。

東京芝1800mの黄金調教パターン

今週は東京開幕週ですので、先週までの傾向がありません。そのため、去年の同時期開催(2020/10/10~11/1)、前開催(2021/6/5~6/27)までに行われた芝1800m戦の結果からコースに適した調教を探ってみることにします。

去年の同時期開催では、芝1800m戦は計10鞍行われました。

【最終追い切りコース】

坂路    2勝2着5回3着3回
トラック  8勝2着5回3着7回

【調教過程】

坂路のみ   1勝2着2回3着0回
トラックのみ 1勝2着1回3着0回
併用     8勝2着7回3着10回

最終追い切りコースではトラックが坂路を勝数で上回りましたが、調教過程では坂路のみが若干ですがトラックを上回る結果に。

総数が多いとは言え併用が圧倒しておりバランスの良い調教が望ましいと言えます。

では、前開催(2021/6/5~6/27)がどうだったのかも確認しましょう。

【最終追い切りコース】

坂路    0勝2着1回3着3回
トラック  8勝2着7回3着5回

【調教過程】

坂路のみ   0勝2着1回3着2回
トラックのみ 0勝2着2回3着2回
併用     8勝2着5回3着4回

計8鞍行われましたが、驚くことに最終追い切り坂路での勝利がなく連対も1頭のみ

また、調教過程ではトラックのみも勝利がなく、ますます併用調教に偏る結果となりました。

この2開催の調教を見てわかったのは、東京芝1800mを克服するには高速決着に対応するためのスピード力と持続力が必要ということ。

理想な黄金調教パターンは最終追い切りトラックの坂路併用と結論づけることができました。

調教班が選ぶ好走期待馬はこの馬!

調教班特注馬

シュネルマイスター(牡3)
C.ルメール騎手・手塚貴久厩舎

10/6 美浦南W 良 嶋田
[5F] 82.5-65.7-51.2-37.1-11.4 強め

直近の開催が明確であること、過去5年の傾向からもブレていないことを考慮すると、東京芝1800mの黄金調教パターン(最終追い切りトラックの坂路併用)を今年の毎日王冠にも当てはめて良いでしょう。

【該当馬】

ヴァンドギャルド
シュネルマイスター
ダイワキャグニー
トーラスジェミニ
マイネルファンロン

まず、過去5年で栗東CW追い切りで勝利した馬がいないため、ヴァンドギャルドを除く関東馬4頭に対象を絞ります。

該当馬には昨年推奨したダイワキャグニーも含まれていますが、今年はシュネルマイスターを推奨することにしました。

僚馬マイネルファンロンを追い駆けて、直線では軽く仕掛けられるとグンと加速して1馬身ほど先着。9月中旬より坂路とWで十分に量を積んできており、休み明けでも及第点の仕上がり。手塚調教師が「春の煮詰まった感じがない」と話すように、休養効果で精神的にもリフレッシュされています。

この馬はデビュー当時より厩舎から「素質はフィエールマン級」とのジャッジを受けていましたが、実はその期待の高さは調教にも表れています

フィエールマンの調教をつけていたのが所属騎手の嶋田騎手で、あれだけのGⅠ馬の調教を任せているのは技術の高さを信頼しているからに他なりません。嶋田騎手がシュネルマイスターの調教もつけているのは厩舎が期待している証なのです。

安田記念3着と春の時点で古馬一線級と戦える実力は示しましたし、スプリンターズSをピクシーナイトが勝利した3歳馬の勢いを考えると、今週も同馬が勝利する可能性は十分と見ます。

データ班チーフ・三崎が攻略ポイントをあぶり出す!


こんにちは、三崎です!

先週のスプリンターズS、◎ピクシーナイトが14年ぶりとなる3歳牡馬の勝利となりましたね!当欄でも『3歳牡馬の勝利は1998年マイネルラヴまで遡らねばならず、この時は12月施行ですから、実は今の時期に移ってから勝利していません』と取り上げていましたが、まさに偉業達成と言えますね!

そんなレースで馬連890円、3連複9050円、3連単3万8610円的中をお届けできたのは重賞メイン特捜部一同、喜びも一入です。

的中

▲スプリンターズS的中の裏側を公開中!画像をクリック!▲

そして、我々データ班推奨馬レシステンシアも連対しており、的中に貢献することができました。

スプリンターズS推奨


今週(10/9.10)はG1こそひと休みでですが、会員様も待ちに待った秋の東京、そして異例の阪神にローカル新潟と3場開催となりますます盛り上がります。万券AAAの公開も決定しますからね!

重賞は3つ、いずれもGⅠに繋がる前哨戦で見逃せませんが、今週もいい的中をお届けできるよう頑張ります!

ピンかパー!信頼できる1番人気の条件は!?

今週のピックアップレースは毎日王冠

過去10年のレースデータから、恒例の人気別成績からスタートです!

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 7-0-0-3 70.0% 70.0% 70.0%
2番人気 0-2-0-8 0.0% 20.0% 20.0%
3番人気 1-2-1-6 10.0% 30.0% 40.0%
4番人気 1-2-1-6 10.0% 30.0% 40.0%
5番人気 0-1-4-5 0.0% 10.0% 50.0%
6番人気 0-1-1-8 0.0% 10.0% 20.0%
7番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
8番人気 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0%
9番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
10人気下 0-2-1-31 0.0% 5.9% 8.8%


さすがは『スーパーGⅡ』、1番人気が7勝と他を圧倒しています。

しかし、勝てなかった3頭はいずれも着外。すなわちピンかパーですから、このデータを信用して馬券を買うなら1番人気は1着固定、もしくは蹴飛ばして買うかの2択になりますね!

なお、着外だった3頭は2013年ショウナンマイティ、2014年ワールドエース、2017年ソウルスターリング。前記2頭はGⅠ馬ではない5歳馬、ソウルスターリングは3歳牝馬でした。GⅠ馬ではない4歳馬は勝っていますし、3歳牡馬も勝利しています。

年齢の話が出ましたので、一旦年齢別成績を挟んで見てみましょう。

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 3-3-0-11 17.6% 35.3% 35.3%
4歳 4-2-5-21 12.5% 18.8% 34.4%
5歳 2-2-3-22 6.9% 13.8% 24.1%
6歳 1-3-1-18 4.3% 17.4% 21.7%
7歳 0-0-1-16 0.0% 0.0% 5.9%


連対率では3歳馬が最も優秀で、勝利数では4歳馬がトップ。5歳馬も悪くありませんが、6歳馬は2013年エイシンフラッシュしか勝っておらず、2着3回3着1回と連下までとなっています。7歳以上は2016年ヒストリカルの3着のみで、ちょっと手が出ません。

なお、3歳馬で連対した馬は全てGⅠ馬か後にGⅠを勝つ馬。今年はシュネルマイスターが参戦していますが、連対の資格はありますね。

人気別成績に話を戻すと、2番人気は2着2回と不振。3、4番人気が1勝2着2回3着1回はそれなりの結果を残しており、やはり勝ち馬は2014年8番人気で勝利したエアソミュール以外は上位人気が占めています。この年以外は1~4番人気が必ず連対しているので、馬券軸としてはある程度人気馬の方が安心とは言えそうですね。

今年の中心レースはコレ!

次は前走の成績を見ていきましょう。まずは着順別成績から

前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1着 4-4-4-15 14.8% 29.6% 44.4%
2着 3-2-1-11 17.6% 29.4% 35.3%
3着 1-0-1-4 16.7% 16.7% 33.3%
4着 0-0-1-7 0.0% 0.0% 12.5%
5着 1-0-1-5 14.3% 14.3% 28.6%
6~9着 1-2-2-25 3.3% 10.0% 16.7%
10着下 0-2-0-27 0.0% 6.9% 6.9%


前走1着馬が4勝2着4回3着4回、前走2着馬が3勝2着2回3着1回で連対馬の大半を占めています。

二桁着順は2着2回のみと、さすがに大敗している馬の巻き返しは難しくなっており、2頭はGⅠからの臨戦でした。ケイデンスコール、ダイワキャグニー、トーラスジェミニの3頭が該当していますが、札幌記念からのトーラスジェミニには特に厳しいデータになりますね。

また、掲示板外も1勝2着2回3着2回ですから、基本的に好走していることが望ましいでしょうね。

続けて前走クラス別成績を見ていきます。

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
OP 0-0-1-5 0.0% 0.0% 16.7%
G3 3-3-5-36 6.4% 12.8% 23.4%
G2 2-1-1-11 13.3% 20.0% 26.7%
G1 4-6-3-37 8.0% 20.0% 26.0%


重賞以外からは連対なしで、唯一の好走が2014年3着だったスピルバーグがメイSから参戦しています。なお、この時は3連勝中、直後の天皇賞を制す馬ですから例外と言えるパターンですね。

重賞であればGⅠ~GⅢからでも好走馬が出ているので、細かくレース別成績も見ていきましょう。

前走レース 着別度数 勝率 連対率 複勝率
安田記念 1-3-2-19 4.0% 16.0% 24.0%
札幌記念 1-1-0-7 11.1% 22.2% 22.2%
宝塚記念 0-1-1-7 0.0% 11.1% 22.2%


連対馬が出ているレースを抜粋しましたが、今年の出走予定馬で上記に該当するのは安田記念、札幌記念、宝塚記念の4つのみ。

数字を見てわかりますが、GⅢ組で勝ち馬を出しているのはエプソムCのみ。そして、馬券になった6頭中5頭は1着馬で、同じ東京芝1800mで行われますから、そこでの好走がダイレクトにリンクしています。

今年はエプソム組がいませんから、GⅢ組の勝利はデータからは望み薄と言えます。

札幌記念からは2014年勝ち馬エアソミュール、2015年2着馬ディサイファが連対しているものの、今年の該当馬トーラスジェミニは先にお伝えしたように二桁着順馬という点がマイナス。

そうなると、今年は安田記念組が中心と考えるのが妥当と言えます。

データ班が選ぶ好走期待馬はこの馬!

データ班推奨馬

ヴァンドギャルド(牡5)
福永祐一騎手・藤原英昭厩舎

前項目の安田記念組中心とのデータを重視するならば、ダノンキングリーとシュネルマイスターの2頭は有力な推奨馬候補となります。前走着順、年齢、人気を含めても好走確率の高いデータが揃っていますからね。

この2頭に優劣をつけるとするならば、安田記念1着馬は[0.2.1.2]であること、安田記念1~3着馬は4歳以下であれば[1.3.1.6]に対し、5歳以上では[0.2.0.5]との成績となっていて、ダノンキングリーには勝てないデータが揃ってしまっています。

そうなると、シュネルマイスターが推奨となる流れですが、よくよく考えてみると安田記念組は2018年アエロリットしか勝利しておらず、勝ち馬という観点で言うと強調できるローテーションではありません。

そこで浮上してきたのがヴァンドギャルドです。

ドバイ遠征帰りとなりますが、前走が海外のレースとの括りならば、2013年に香港遠征帰りのエイシンフラッシュ(QE2世C3着)が勝利しています。しかも、同じ藤原英厩舎、同じ社台F生産馬という共通点もあります。

そして、距離別成績を見てみると、

前走距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
同距離 4-1-4-13 18.2% 22.7% 40.9%
今回延長 2-5-2-37 4.3% 15.2% 19.6%
今回短縮 4-4-4-44 7.1% 14.3% 21.4%


同距離>短縮組>延長組の順で勝率が高くなっており18.2%と突出した数字を残しています。

好走確率なら安田記念組の期待値が高いかもしれませんが、今回は勝つ確率が高い馬という点を重視してヴァンドギャルドを我々の推奨馬とします。

★現在、競馬総合情報社シンクタンクを初めてご利用いただく方への特別キャンペーンを実施中!

  • verified「点数を絞って買いたい!」
  • verified「時間をかけずに予想したい!」
  • verified「買える人気薄が知りたい!」

そんな競馬ファンにオススメ!

重賞メイン特捜部が教える
『馬券候補はこの5頭!』

今週は!
毎日王冠(GⅡ)・京都大賞典(GⅡ)
の馬券候補5頭を教えます!

無料会員登録はコチラkeyboard_arrow_right

【平井雄二のレース展望】今年もGⅠ馬が参戦!ハイレベルな「スーパーGⅡ」

1着馬に優先出走権が与えられるように天皇賞(秋)のステップレースとなっているだけでなく、1800mという距離と日程的にマイルCSの前哨戦としても適しているため、中距離路線、マイル路線の一線級が参戦しやすく、例年ハイレベルなメンバーが集う。

いわゆる「スーパーGⅡ」であり、近年の勝ち馬を見てもGⅠ級がズラリと名を連ねている。

今年も安田記念を制したダノンキングリー、NHKマイルCの勝ち馬シュネルマイスターといったGⅠ馬が参戦予定。秋のGⅠ戦線を占う上で注目のレースとなることは間違いない。

2019年
☆ダノンキングリーは2019年に同レースを制覇。

裏側では様々な思惑が……。一発狙う勝負馬も!?

しかし、あくまでGⅡはGⅡであり、前哨戦であることに変わりはない。GⅠを狙うのであればココがメイチとはならず、当然余裕のある仕上げで臨む。

また、毎日王冠は昔から「ココの結果を見て今後を決める」との思惑で参戦してくる陣営が少なくない。好走できれば天皇賞、ダメならばマイル路線、もしくはローカル重賞へと路線を決める試金石の1戦となるわけだ。

その他にも「GⅠに出走するために賞金が欲しい」「GⅠでは足りないからココで勝負をかける」というような陣営もいて、裏側では様々な思惑や事情が存在するのだ。

実は、「ココがメイチになる」と勝負度合いの高い情報馬をすでにマーク済み。無論、関係者は勝負気配をさとられぬよう、表向きには無難なコメントを出すだろうが、競馬界の大物関係者が情報ルートとして在籍する弊社はあらゆる関係者と太いパイプを持っており、本音である【本物の関係者情報】を入手しているから知ることができるのだ。もし、この情報馬が勝つようならば万馬券決着は濃厚、特大万馬券が飛び出る可能性もある。

秋GⅠ開幕戦スプリンターズS10番人気シヴァージもしっかりとマークして3連単3万8610円的中で好スタートを切ったが、シンクタンクではレース当日まで情報収集、分析を重ねて【最終結論】の精度を高めている。土曜日はサウジアラビアRC、同日にはコチラもGⅠ前哨戦として注目の京都大賞典が行われる。どちらも、我々が入手する本物の関係者情報にご注目いただきたい。

特別登録メンバー

ヴァンドギャルド
ヴェロックス
カイザーミノル
カデナ
ケイデンスコール
サンレイポケット
シュネルマイスター
ダイワキャグニー
ダノンキングリー
トーラスジェミニ
ポタジェ
マイネルファンロン
ラストドラフト

競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション