THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【スプリンターズS2021予想】先週ズバリ!昨年ズバリ!調教班が見つけた好走調教パターンに注目!

local_offer競馬HOTLINE

【スプリンターズS2021予想】先週ズバリ!昨年ズバリ!調教班が見つけた好走調教パターンに注目!

★現在、競馬総合情報社シンクタンクを初めてご利用いただく方への特別キャンペーンを実施中!

  • verified「点数を絞って買いたい!」
  • verified「時間をかけずに予想したい!」
  • verified「買える人気薄が知りたい!」

そんな競馬ファンにオススメ!

重賞メイン特捜部が教える
『馬券候補はこの5頭!』

今週は!
スプリンターズS(GⅠ)
の馬券候補5頭を教えます!

無料会員登録はコチラkeyboard_arrow_right
チェックポイント

競馬HOTLINEでは、馬券に役立つ“裏ネタ"をリアルタイムで公開します!

調教班チーフ・富田が好走調教パターンを伝授!


調教班チーフの富田です。よろしくお願い致します。

当欄の『調教分析』は、各レースにおける好走調教パターンを見つけることに要点を置いています。

該当する重賞の傾向を把握するため過去5年の結果と、現在の馬場に適した調教を把握するため前週の結果を元にして結論を導き出しています。

先週のオールカマーでは私たちの推奨馬ウインマリリンが勝利しただけでなく、2、3着も全て好走調教パターンに該当する馬でした。付け加えて言うならば、1番人気4着のレイパパレは該当していません。

オールカマー推奨

今週のピックアップレーススプリンターズSは現在2年連続的中となっていますが、昨年は私たちの推奨馬グランアレグリアが勝利しています。

今年も会員様のお役に立てるよう、馬券に直結する推奨馬を導き出して参ります。

東西で明確に分かれる好走調教パターン

始めに過去5年のスプリンターズS好走馬(1~3着)の調教パターンから見ていきます。

【最終追い切りコース】

栗東坂路 1勝2着5回3着4回
美浦南W 3勝2着0回3着1回
美浦南P 1勝2着0回3着0回

関東馬が4勝しているので勝利数で偏りが出るのは当然ですが、2、3着以下を見てもハッキリと傾向が現れています。

関西馬は坂路追い切り、関東馬はトラック追い切りでしか好走馬が出ていません。

これだけではどちらが重要かジャッジできませんので、中間の調教過程を見ていきます。

【調教過程】

坂路のみ   1勝2着4回3着4回
トラックのみ 0勝2着0回3着0回
併用     4勝2着1回3着1回

関東馬が4勝しているにも関わらず、トラックのみの好走が皆無という結果を見ると、坂路調教は必須と言うことができます。

やはり短距離戦は純粋にスピード能力を求められることが多いですし、直線に急坂がある中山で行われることを考えると理解できる傾向です。

一方、トラック調教については坂路のみの成績を見れば必須とは言えないでしょう。併用調教で好走した関西馬は2017年2着レッツゴードンキのみという結果からも証明されています。

今の中山で必要な調教も明らかに

次に先週(9/25.26)中山で行われた芝レース計12鞍の調教パターンを見ていきます。

【最終追い切りコース】

坂路    2勝2着3回3着6回
トラック  10勝2着9回3着6回

関東馬は美浦南W追い切りが主流ですから、関東圏の主場開催ではトラック追い切り馬の好総数が多くなるのが普通ではあるものの、勝利数で圧倒的に上回っている点は見逃せません。

開幕週から中山の調教パターンを見て来ましたが、坂路追い切り馬の勝利数の推移を見ていくと、

開幕週(9/11.12)  12鞍中6勝
2週目(9/18.19.20) 17鞍中3勝
3週目(9/25.26)   12鞍中2勝


開催が進むにつれて明らかに坂路追い切りが劣勢になっていることがわかります。

また、開幕週では1600m以下のレースで坂路追い切り馬の活躍が集中していたのですが、先週に至っては該当6鞍で1勝のみ、その1勝も中1週での出走であり、もとは併用調教馬。『短距離では坂路』というアドバンテージも失っています

【調教過程】

坂路のみ   1勝2着2回3着3回
トラックのみ 3勝2着2回3着1回
併用     8勝2着8回3着8回

調教過程の数字を見ると、坂路追い切りの好走馬のほぼ半数は併用であることがわかります。

そして、トラックのみが坂路のみの成績を上回っており、今の中山芝で好走するためには、距離に関わらずトラック調教が必要ということがわかりました。

ただ、金曜日(10/1)は台風のため雨は避けられぬ天気予報が出ています。道悪になると坂路調教馬が活躍しやすくなる傾向にあるので、どれだけ影響を与えるかを注意して見ておく必要はあります。

調教班が選ぶ好走期待馬はこの馬!

※この情報は【シンクタンクメンバーズ】にご参加中の、情報期限をお持ちの有料会員様限定公開となります。


データ班チーフ・三崎が攻略ポイントをあぶり出す!


こんにちは、三崎です。いよいよ今週はスプリンターズSですね!

秋のGⅠシリーズの開幕戦ですから、我々、重賞メイン特捜部はみんな力が入っていますよ!

春の締め括りの宝塚記念ではズバリ的中で万馬券もお届けすることができたので、やっぱり好スタートを切りたいですからね!

宝塚記念的中


そして、忘れちゃいけないのが宝塚記念を勝ったクロノジェネシスも出走する凱旋門賞。スプリンターズS後の夜(10/3 23時05分発走)に行われます。ディープボンドとともに日本競馬の悲願達成できるのでしょうか!?

馬券発売がありますから、今年も海外情報ルートが情報を提供してくれるそうですよ。そちらも注目ですからお見逃しなく!

基本堅調だが、穴のホットスポットもある!?

それでは本題に入ってスプリンターズSのデータ分析を。2014年は新潟開催ですので、今回も中山開催の過去9回を対象としています。

まずは人気別成績から見ていきましょう。

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 5-1-1-2 55.6% 66.7% 77.8%
2番人気 2-2-0-5 22.2% 44.4% 44.4%
3番人気 2-2-0-5 22.2% 44.4% 44.4%
4番人気 0-0-0-9 0.0% 0.0% 0.0%
5番人気 0-1-0-8 0.0% 11.1% 11.1%
6番人気 0-0-0-9 0.0% 0.0% 0.0%
7番人気 0-0-2-7 0.0% 0.0% 22.2%
8番人気 0-0-0-9 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 0-1-3-5 0.0% 11.1% 44.4%
10人気下 0-2-3-56 0.0% 3.3% 8.2%


1番人気が5勝2着1回3着1回、2番人気と3番人気は2勝2着2回ですから、連対馬18頭中15頭が上位人気3頭で占められており、勝ち馬も全てこの中から出ています。必然的に上位人気が総崩れしたことがないわけですから、馬券的に無視するわけにはいけませんね。

1~3番人気同士による決着も5回あり、これだけ聞くと馬券的に堅い決着になっているかと思いきや、万馬券にならなかったのは2019年だけで、3番人気レッドファルクスと2番人気ミッキーアイルで決まった2016年は18万馬券決着になっています。

つまりヒモ穴に人気薄が突っ込んで来ているということで、二桁人気馬が2着2回3着3回と結構な頻度で馬券になっています。

また、不思議と9番人気の好走率が高く、2着1回3着3回と半数近くが馬券に絡んで波乱を演出しているんですよね。穴のホットスポットと言ってもいいでしょう。

あくまで人気は人為的な数字ですけど、度々お伝えしているようにあながちバカにできないところがあるので、9番人気というだけで押さえておくのもアリかもしれませんよ。

中心となるのは2つの世代

次は年齢別成績を見ていきましょう。

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 0-1-1-12 0.0% 7.1% 14.3%
4歳 4-3-4-15 15.4% 26.9% 42.3%
5歳 3-4-2-35 6.8% 15.9% 20.5%
6歳 2-0-1-25 7.1% 7.1% 10.7%
7歳 0-1-1-19 0.0% 4.8% 9.5%

4歳馬が4勝2着3回3着4回と率ではやや抜けた数字。5歳馬も率では劣るものの、3勝2着4回3着2回と回数ではほぼ五分と言える数字を残しています。この2世代が連対しなかったのは2015年だけですから、やはり中心として考えるべきでしょうね。

今年は有力な3歳馬も出走していますが、7歳以上と同様に勝ち馬が出ておらず、2着1回3着1回であまり成績は芳しくありません。3歳馬で連対したのが2018年ラブカンプーで、7歳馬の連対は2015年サクラゴスペルでともに11番人気でした。

また、3着を見ると3歳馬は2016年ソルヴェイグで9番人気、ラブカンプーと同じく人気薄の牝馬でした。牡馬も7頭出走していますが全て着外に終わっています。

今年に当て嵌めるとピクシーナイトにとっては嫌なデータとなり、メイケイエールにとってはプラスとなりますね。しかも、ここ2戦の敗戦で人気を大きく落とすようなら、過去の好走パターンに該当するのでちょっと不気味です。

ちなみに、最後に3歳馬が勝ったのは2007年アストンマーチャンで牝馬でした。3歳牡馬の勝利は1998年マイネルラヴまで遡らねばならず、この時は12月施行ですから、実は今の時期に移ってから勝利していません。

ここまで牝馬の話題が多くなったので、性別毎の成績も見ておきましょう。

性別 着別度数 勝率 連対率 複勝率
牡・セ 6-5-4-80 6.3% 11.6% 15.8%
牝馬 3-4-5-35 6.4% 14.9% 25.5%


勝率、連対率では牡牝に大きな差はないものの、複勝率で見ると牝馬が優秀なことがわかります。実際、牝馬が馬券に絡まなかったのは2013年だけですから、今年も軽視禁物と言えるでしょうね。

アノ有力馬も巻き返しはなかなか難しい!?

今度は前走にスポットを当ててデータを見ていきます。

前走着順別成績ではハッキリとした偏りがました。

前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1着 5-2-4-20 16.1% 22.6% 35.5%
2着 2-2-0-16 10.0% 20.0% 20.0%
3着 1-1-1-10 7.7% 15.4% 23.1%
4着 1-2-1-7 9.1% 27.3% 36.4%
5着 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
6~9着 0-0-2-27 0.0% 0.0% 6.9%
10着下 0-2-0-25 0.0% 7.4% 7.4%


人気馬が堅調ということも相まってか、勝ち馬は全て前走4着以内、連対馬18頭中16頭を占めています。3着も5着以下だったのは3頭のみで凡走馬の巻き返しは容易ではありません。

連対を果たした2頭はともに二桁着順でしたが、安田記念とヴィクトリアマイルからの参戦でマイルGⅠという共通点があり、3着馬3頭はセントウルSとキーンランドCの一桁着順でした。

有力馬の中ではダノンスマッシュが前走6着ですが、スプリントGⅠからということでどれだけ巻き返せるかは注目。ただし、前走が海外のレースだった馬は7頭全て着外で、ローテーション的には強調材料がありません。

前走レース 着別度数 勝率 連対率 複勝率
セントウルS 5-4-3-42 9.3% 16.7% 22.2%
安田記念 2-1-0-5 25.0% 37.5% 37.5%
キーンランドC 1-1-4-31 2.7% 5.4% 16.2%
CBC賞 1-0-0-2 33.3% 33.3% 33.3%
北九州記念 0-1-1-13 0.0% 6.7% 13.3%
ヴィクトリアM 0-1-0-1 0.0% 50.0% 50.0%
高松宮記 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%
朱鷺S 0-0-1-3 0.0% 0.0% 25.0%


好走馬の前走レース別成績ですが、2017年3着ワンスインナムーンの朱鷺Sを除けば全て重賞。中でも5勝2着4回3着3回のセントウルSが数では突出していて重視すべきでしょう。

ただ、2016年、2017年と全く馬券に絡んでない年もあることも頭に入れておきたいところですね。

データ班が選ぶ好走期待馬はこの馬!

データ班推奨馬

レシステンシア(牝4)
C.ルメール騎手・松下武士厩舎

セントウルSの1着馬、4歳牝馬で上位人気濃厚と、過去の好走データと合致するのであれば我々としてはレシステンシアを推さない理由がありません。

その他にも、勝ち馬に合致するデータがズラリと揃っています。

・継続騎乗(9頭中8頭)
・1400m以上での勝利実績(9頭中8頭)
・1年以内に重賞勝利(9頭中9頭)
・2走内に勝利(9頭中8頭)


やや気になるデータがあるとすれば、サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が2頭しか勝利していない点ですが、去年はディープインパクト産駒のグランアレグリアが勝利しており、ノーザンFがスプリント路線に本腰を入れてきたのであれば傾向が変わっていく可能性を感じます。

ダイワメジャーの方が短距離志向が強いですし、サンデーサイレンス系種牡馬産駒の連勝は十分にあるでしょう。

★現在、競馬総合情報社シンクタンクを初めてご利用いただく方への特別キャンペーンを実施中!

  • verified「点数を絞って買いたい!」
  • verified「時間をかけずに予想したい!」
  • verified「買える人気薄が知りたい!」

そんな競馬ファンにオススメ!

重賞メイン特捜部が教える
『馬券候補はこの5頭!』

今週は!
スプリンターズS(GⅠ)
の馬券候補5頭を教えます!

無料会員登録はコチラkeyboard_arrow_right

【平井雄二のレース展望】今年もノーザンFの存在は無視できない

近年のGⅠを語る上で欠かさぬ存在であるノーザンFだが、例外となっていたのがダート路線とスプリント路線。

ノーザンF

クラシック路線での活躍に重きを置いた育成方針のため、ダートやスプリントで活躍するような馬は少なく、そもそも参戦自体にも消極的な姿勢だった。その影響もあってか、スプリント路線は有力馬が目まぐるしく変わる戦国状態が続き、かつてのロードカナロアのような絶対王者は不在となっている。

だが、このスプリント路線へ、とうとうノーザンFが本腰を入れ始めた。昨年、グランアレグリアを投入すると瞬く間にスプリターズSを制覇。ノーザンF生産馬のスプリターズS制覇が2008年スリープレスナイト以来という事実が、いかにノーザンFがこの路線に力を入れていなかったことがわかるだろう。

そのグランアレグリアもその後はスプリント路線から再びマイル、中距離路線へ進み、この秋は天皇賞に直行し、スプリンターズS連覇など全く視野に入れず。

だからと言って、ノーザンFがスプリント路線への興味を失ったというわけではない。ついにスプリント路線にも“使い分け”が可能となる駒が揃ったことに他ならない。

その代表格がレシステンシアであり、ピクシーナイト、メイケイエールといった3歳馬も参戦。今年も意欲十分、スプリンターズS攻略において重要なポイントとなることは間違いない。

確信に迫る「とっておき」の存在をキャッチ!

当然、ノーザンF以外の陣営も黙って指をくわえて見ているわけではない。春のスプリント王ダノンスマッシュに、サマースプリント王者ファストフォースを筆頭に夏の上がり馬たちも参戦予定。

今年は初顔合わせも多く、その力関係をジャッジするための情報力、分析力が大きく問われることになる。

ライトな競馬ファンも馬券を買い注目度が高くなるGⅠでは、世間に出る情報も多くなり、量だけなら一般ファンレベルでも十分に入手できるだろうが、その質となれば話は別。関係者が出すコメントはそのほとんどが建前、そんなもの参考に馬券を買うから外れを掴むことになるのだ。

弊社シンクタンクには、ハイセイコーでお馴染みの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一など名馬に関わった元JRA騎手、調教師が情報ルートとして在籍し、本年創業27年を迎える今日に至るまで情報力を強化、騎手、厩舎、馬主、牧場、エージェントなど、あらゆる関係者から本音を聞き出せる態勢が整っており、業界最高峰の情報力を自負している。

実は、今年のスプリンターズSも重賞の情報に特化した我々『重賞メイン特捜部』が既に「とっておき」と語る激走馬の存在を掴んでいる

激走馬 ☆我々が独占入手している激走馬が高配当決着を呼び起こす!?

【最終結論】はレース当日までしっかりと情報を入手してジャッジするが、スプリンターズS3年連続的中に向けて日増しに確信度は高まってきている。ぜひともご期待いただきたい。

特別登録メンバー

アウィルアウェイ
エイティーンガール
カイザーメランジェ
クリノガウディー
クーファウェヌス
シヴァージ
ジャンダルム
ショウナンバビアナ
タイセイビジョン
ダイメイフジ
ダノンスマッシュ
ビアンフェ
ピクシーナイト
ファストフォース
ボンボヤージ
ミッキーブリランテ
メイケイエール
モズスーパーフレア
ヨカヨカ
ラヴィングアンサー
レシステンシア
ロードアクア

競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション