THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【月中山2R】短期放牧明けで万全の仕上がり!ルメール騎手起用で必勝を期す!

local_offer競馬HOTLINE

【月中山2R】短期放牧明けで万全の仕上がり!ルメール騎手起用で必勝を期す!

【ウイン】ノーザンF勢を脅かす存在に!?

会員の皆様、こんにちは。
本日の競馬HOTLINEは、チームスタリオンの久美が担当します。

先日『ウイン』の冠名で知られる、ウインレーシングクラブの拠点となっている外厩施設・コスモヴューファームの新坂路コースが完成しました。

注目すべきは、その坂路の傾斜角度

GPS計測によると平均斜度6%、最大斜度18%という急勾配があり、速い調教時計を出す施設ではなく、あくまで育成用とはいえ、栗東坂路の最大斜度4.5%、美浦坂路の最大斜度4.7%を圧倒するものとなっています。

天栄

ちなみに、ノーザンFしがらき、ノーザンF天栄の坂路は共に最大斜度約8%とされており、2017年の坂路コース改修後、ノーザンF天栄の躍進が目立つようになった背景もあります。

ただ、牧場関係者によると「新しい坂路で追い切ったことで、馬が疲れている」という声も挙がっているようで、しばらくは試行錯誤が続きそう。

ウインブライト

昨年、同族経営であるラフィアンと提携解消という衝撃的な出来事があったウインですが、近年はウインブライトを筆頭にウインマリリン、ウインキートスなどが重賞を勝ち、コンスタントに活躍馬を輩出しています。

ラフィアンとの提携解消後は、独自路線で結果を出し始めているのも確かで、今後はノーザンF勢を脅かす筆頭格となる可能性も十分にありそうです。


【月中山2R】短期放牧明けで万全の仕上がり!ルメール騎手起用で必勝を期す!

今週の大ヤリ馬はこの馬!

9月20日(月)中山2R 2歳未勝利戦
ショウナンアメリア(牝2)
C.ルメール騎手・奥村武厩舎

今週は、牝馬限定戦で必勝を期すショウナンアメリアを大ヤリ馬として挙げます。

牧場サイドからはデビュー前から期待を集めている1頭で、入厩後も抜群の動きを見せていた1頭。

新馬戦はラニュイエトワール、未勝利戦はリアグラシアといった評判馬たちに先着を許しましたが、3着以下には決定的な差をつけており、未勝利では上位の素質を示しています。

前走後は短期放牧に出て、9月上旬に帰厩すると、9月8日の追い切りでは美浦南Wコースで5F70秒1-11秒3と抜群の末脚を披露。

今回はルメール騎手を配し、必勝を期して臨む1戦と見ていいでしょう。

おすすめ記事

競馬HOTLINE

トレセンマル秘レポート

トピックス&ニュース

競馬HOTLINE

裏ネタ馬券作戦

イベントコンテンツ

インフォメーション

インフォメーション

arrow_back_ios 記事一覧へ戻る
トレセンマル秘レポート

トピックス&ニュース

競馬HOTLINE

裏ネタ馬券作戦

イベントコンテンツ

インフォメーション

インフォメーション