THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【宝塚記念2021予想】今の阪神に●●は必須!?調教班が見つけた激走パターンはコレだ!

local_offer競馬HOTLINE

【宝塚記念2021予想】今の阪神に●●は必須!?調教班が見つけた激走パターンはコレだ!

★現在、競馬総合情報社シンクタンクを初めてご利用いただく方への特別キャンペーンを実施中!

  • verified「点数を絞って買いたい!」
  • verified「時間をかけずに予想したい!」
  • verified「買える人気薄が知りたい!」

そんな競馬ファンにオススメ!

重賞メイン特捜部が教える
『馬券候補はこの5頭!』

今週は!
宝塚記念(GⅠ)
の馬券候補5頭を教えます!

無料会員登録はコチラkeyboard_arrow_right
チェックポイント

競馬HOTLINEでは、馬券に役立つ“裏ネタ"をリアルタイムで公開します!

調教班チーフ・富田が見つけた激走パターン!


調教班チーフの富田です。

当欄の『調教分析』は好走調教パターンの発見に重きを置き、過去の同レース、前週のレースにおける好走馬の最終追い切りコース、中間の調教過程を調べ、共通点から結論を導き出しています。

まずは今週末に行われる宝塚記念の、過去5年における好走馬の調教パターンから見て参りましょう。

基本パターン維持がベター

好走馬(1~3着)の最終追い切りコースは以下の通りです。

【最終追い切りコース】

栗東坂路 2勝2着1回3着2回
栗東CW 1勝2着1回3着2回
栗東芝  0勝2着0回3着1回
美浦南W 2勝2着2回3着0回
阪神芝  0勝2着1回3着0回

栗東はどのコースでも、美浦では南Wのみ好走馬が出ています。総合的に見ると坂路、トラックに大きな差はなくどちらでもOKと言えるでしょう。

なお、阪神芝に該当するのは香港馬ワーザーで、阪神競馬場の本馬場で追い切りを行っています。

続けて調教過程を見ていきます。
【調教過程】

坂路のみ   2勝2着0回3着2回
トラックのみ 2勝2着1回3着1回
併用     1勝2着4回3着2回

特徴的なのは併用馬は2着止まりが多く、坂路、トラックどちらかに偏った調教を課してきた馬が勝利していることです。

坂路のみだったのが2018年ミッキーロケット(音無厩舎)、2019年リスグラシュー(矢作厩舎)で、栗東の坂路厩舎でした。

トラックのみは2016年マリアライト(久保田厩舎)、2020年クロノジェネシス(斉藤崇史厩舎)で、どちらも調教はトラック中心の厩舎

なお、唯一併用で勝利しているのが2017年サトノクラウン(堀厩舎)で、ココは併用が基本パターン

これらを踏まえると、宝塚記念では特に味付けをせず、厩舎の基本パターンを崩さずに調整されている馬がベターと言えそうです。

雨が降れば重要性が増す!?

先週(6/19.20)は阪神開幕週でしたが、雨の影響で土曜日が重、日曜日が稍重~良と異なる馬場状態で行われました。

梅雨時期で過去5年の宝塚記念も4回は稍重発表、今週末(6/26.27)も雨予報が出ており馬場悪化の可能性があります。

馬場状態のよって好走調教パターンが変わることは過去に何度か見られたため、土日(各日6鞍)に分けて好走調教パターンを見ていきます。

土曜日(6/19)

【最終追い切りコース】
坂路   5勝2着4回3着3回
トラック 1勝2着2回3着3回

【調教過程】
坂路のみ   2勝2着2回3着2回
トラックのみ 0勝2着0回3着0回
併用     4勝2着4回3着4回

重発表だった土曜日は、最終追い切りコースが坂路が好成績かつ、調教過程においてもトラックのみの好走がゼロとかなり偏った結果になりました。

ただ、2400mで行われた2Rは好走馬全てCWコース追い切りの併用馬だったことは留意しておきたいところです。
日曜日(6/20)

【最終追い切りコース】
坂路   3勝2着5回3着5回
トラック 3勝2着1回3着1回

【調教過程】
坂路のみ   2勝2着3回3着1回
トラックのみ 1勝2着0回3着1回
併用     3勝2着3回3着4回


日曜日は3、5、6Rが稍重、8、10、11Rが良発表でレースが行われました。ただし、全体的な傾向に大きな変化があったようには見られず、馬場が良化したことで若干トラック調教馬の好走が増えた程度でした。

土日通じて坂路調教は必要と言える馬場だったと言えるでしょう。

なお、トラックのみで1着だったのはマーメイドSのシャムロックヒルでした。最内枠で50キロの最軽量を生かし切った藤懸騎手の好騎乗、ハンデ戦で軽量馬が上位を占めた結果だったこと考えると、この結果は参考程度にしておくべきだと判断しています。

調教班が選ぶ好走期待馬はこの馬!

※この情報は【シンクタンクメンバーズ】にご参加中の、情報期限をお持ちの有料会員様限定公開となります。


データ班チーフ・三崎が攻略ポイントをあぶり出す!


こんにちは!データ班の尾形です。

今週は前半戦を締め括る宝塚記念ですね。

現在牝馬が2連勝していますが、去年の覇者クロノジェネシス、6戦無敗のレイパパレ、GⅠの常連カレンブーケドールなど今年も有力な牝馬が揃いました。

果たして3連勝となるのか?それとも牡馬が意地を見せるのか?

その辺りにも注目しつつ、過去10年のデータから傾向を見ていきましょう。

上位人気馬同士では決まらない!?

まずは恒例の人気別成績から。

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2-3-1-4 20.0% 50.0% 60.0%
2番人気 2-1-1-6 20.0% 30.0% 40.0%
3番人気 2-0-1-7 20.0% 20.0% 30.0%
4番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
5番人気 0-2-0-8 0.0% 20.0% 20.0%
6番人気 2-1-2-5 20.0% 30.0% 50.0%
7番人気 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0%
8番人気 1-0-1-8 10.0% 10.0% 20.0%
9番人気 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
10人気下 0-2-3-50 0.0% 3.6% 9.1%


1番人気は6連敗中で2勝しかしていないものの、2着3回3着1回と半数は連対しています。2番人気が2勝2着1回3着1回、3番人気が2勝3着1回なので、上位人気の中では最も信頼できる成績を残しています。

なお、1~3番人気によるワンツー決着は2012年、2019年の2回のみしかありません。

下位人気では、6番人気が2勝2着1回3着1回と半数が馬券に絡んでいるのには注目で、7、8番人気もそれぞれ1勝しており、一発の可能性を秘めるのはこの辺りの人気(6~8番人気)となっています。

二桁人気馬からの勝ち馬は出ておらず、連対したのは馬連9200円的中となった2018年10番人気ワーザーと2015年デニムアンドルビーのみ。3着も3回あって、好走は全て2015年以降と近年に寄っていることは頭に入れておいた方がいいかもしれません。

今年も牝馬のワンツー決着は……!?

続けて年齢別成績を見ていきます。

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4歳 3-1-6-34 6.8% 9.1% 22.7%
5歳 6-5-4-36 11.8% 21.6% 29.4%
6歳 1-3-0-22 3.8% 15.4% 15.4%
7歳 0-1-0-12 0.0% 7.7% 7.7%
8歳 0-0-0-9 0.0% 0.0% 0.0%


6勝2着5回3着4回馬券の半数を占める5歳馬が圧倒的。勝数では3勝の4歳馬が続き、連対率では6歳馬が続きます。

7歳以上の連対は1頭のみで、これも2018年の本命だった香港馬ワーザー(7歳)です。つまり、7歳以上の日本馬は好走しておらず割引が必要です。

今年は昨年2着のキセキなど何頭か出走していますが、なかなかハードル高いデータとなりますね。

ちなみにワーザーはセン馬でしたが、ココで性別毎の成績も見ておきましょう。

性別 着別度数 勝率 連対率 複勝率
牡馬 7-6-6-98 6.0% 11.1% 16.2%
牝馬 3-2-4-11 15.0% 25.0% 45.0%
せん馬 0-2-0-6 0.0% 25.0% 25.0%


やはり牝馬の好走率が突出しているものの、好走数の上においては牡馬が上で、実は牡馬が連対しなかった年はありません。つまり、過去10年で牝馬のワンツー決着は起こっていません。

セン馬は2014年カレンミロティックも2着と好走していて、出走数こそ少ないものの侮れず。今年はアドマイヤアルバが出走していますね。

勝たない、好走していない方がいい?

次は前走に関わるデータを見ていきます。まずは着順別成績ですが、

前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1着 1-1-2-23 3.7% 7.4% 14.8%
2着 2-3-4-10 10.5% 26.3% 47.4%
3着 2-1-1-10 14.3% 21.4% 28.6%
4着 1-1-0-10 8.3% 16.7% 16.7%
5着 1-0-0-11 8.3% 8.3% 8.3%
6~9着 2-3-3-33 4.9% 12.2% 19.5%
10着下 1-1-0-17 5.3% 10.5% 10.5%


二桁着順からの巻き返しもあり、特に偏ったデータは見られません。

意外なのは前走1着馬があまり活躍できていないことでしょうか。連勝でこのレースを制したのは2015年ラブリーデイのみで鳴尾記念からだったので、つまり過去10年では宝塚記念でGⅠ連勝した馬はいません

今年は大阪杯を勝ったレイパパレと鳴尾記念を勝ったユニコーンライオンが参戦予定。データからは後者の方が望ましいと言えますが、どうなるか注目ですね。

なお、過去10年の好走馬(1~3着)は海外を含めて全て重賞からの参戦でした。レース別の成績を見ていきましょう。

前走レース 着別度数 勝率 連対率 複勝率
天皇賞春 4-3-3-31 9.8% 17.1% 24.4%
大阪杯 2-1-0-13 12.5% 18.8% 18.8%
鳴尾記念 1-2-1-14 5.6% 16.7% 22.2%
QE2世S 1-1-0-3 20.0% 40.0% 40.0%
目黒記念 1-0-1-14 6.3% 6.3% 12.5%
金鯱賞 1-0-0-2 33.3% 33.3% 33.3%
ドバイSC 0-1-2-6 0.0% 11.1% 33.3%
安田記念 0-0-0-5 0.0% 0.0% 0.0%


4勝2着3回3着3回と天皇賞(春)組が最も好走馬を出しています。しかし、3着以内だった16頭は3着2回しか好走しておらず、つまり連対したのは4着以下だった馬のみ。カレンブーケドールにとってはマイナス、アリストテレス、シロニイにとってはプラス材料と言えます。

大阪杯組の好走は全てGⅠになってからで、連対馬3頭中2頭が大阪杯2着馬でした。今年該当するモズベッロは去年の3着馬であり、今年も好走の可能性がありそうです。

鳴尾記念組も1勝2着2回3着1回と健闘していますが、今年は中京芝2000mで行われたことは留意すべきでしょう。ただ、2011年は5月28日に金鯱賞(中京芝2000m)が行われており、3着だったアーネストリーが宝塚記念を制しているので、もしかするとプラスに転じるかもしれませんね。

海外組は大本線1点目的中で3連単1万4560円的中となった2019年リスグラシューが勝っただけで2、3着が多いのが特徴です。クロノジェネシス、キセキがはどんな結果になるか注目です。

データ班が選ぶ好走期待馬はこの馬!

データ班推奨馬

アリストテレス(牡4)
武豊騎手・音無秀孝厩舎

宝塚記念は非根幹距離の芝2200mという条件設定からか、6勝2着5回と連対馬の半数以上が芝2200mの重賞を勝っていたとのデータがあります。

また、勝ち馬10頭全てに芝2200m以上での勝利実績、GⅡ以上での勝利実績があり、今年この条件を満たすのはアリストテレスとクロノジェネシスの2頭のみ。どちらも6連覇中のノーザンF生産馬という条件もクリアしています。

データ的に甲乙つけ難かったものの、牡馬が毎年1頭は連対していること、最も連対馬を出している天皇賞(春)組かつ4着以下と巻き返せるデータが揃うアリストテレスを妙味込みで推奨することにしました。

アリストテレス


梅雨時期なので道悪実績も問われるレースなのですが、陣営は道悪を「得意ではない」とジャッジしつつも、不良馬場のアメリカJCCを勝っているのは確固たる実績もありますか、この距離ならばこなせるのではと見ています。

【平井雄二のレース展望】無視できぬ牝馬優勢の流れ

近年の競馬は世界的に牝馬の活躍が目立つが、日本ではその傾向が顕著になっている。

去年から芝の古馬GⅠはアーモンドアイ、グランアレグリア、クロノジェネシスらといった面々が牡馬を撃破し、ほとんどのタイトルを持っていくことになった。

アーモンドアイがターフを去った今年も、レイパパレが大阪杯を制し新たなスターホースが誕生。牝馬の勢いは留まることを知らないと言っても過言ではない。

今年の宝塚記念でも昨年の覇者クロノジェネシス、無敗の新星レイパパレ、無冠の女傑カレンブーケドールと、有力馬として牝馬の名が並ぶ。2年連続で牝馬が優勝しているレースの潮流も無視することはできないだろう。

グランプリと言えばシンクタンク!

しかし、競馬に絶対はない

連覇を狙うクロノジェネシスは去年と違って海外帰り、しかも主戦の北村友騎手が乗れずという状況。さらに宝塚記念連覇は過去にゴールドシップしか達成していない。同様に連覇が難しい安田記念でグランアレグリアが敗れている事実を忘れてはいけない。

レイパパレは6戦無敗、しかし2200mは未経験であり、速い時計決着になった場合の裏付けがない。未知の魅力は十分だが、不確定要素も少なくないのだ。

カレンブーケドールも安定感はあるが、ワンパンチ不足は否めず、ここに来てもうひと押しを利かすことができるのかはわからない。

宝塚記念は1番人気が6連敗中、3頭とも死角はある以上、他馬の一角崩し、一発の可能性もゼロではない。

2018年の宝塚記念では10番人気ワーザーを本命視し的中を掴みとったが、今年も惑星となり得る存在をマーク済みで、情報通り好走すれば高配当決着もあり得る。

2018年宝塚記念

「グランプリはシンクタンク」というご期待の声に答えられるよう、【最終結論】は、レース当日までしっかりと情報や状況を踏まえた上でお伝えするのでご注目いたたきたい。

特別登録メンバー

アドマイヤアルバ
アリストテレス
カデナ
カレンブーケドール
キセキ
キングニミッツ
クロノジェネシス
シロニイ
ミスマンマミーア
メロディーレーン
モズベッロ
ユニコーンライオン
ヨシオ
レイパパレ
ワイプティアーズ

競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション