THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【安田記念2021予想】ダービーでステラヴェローチェ(9人気3着)を推奨!調教班の推奨馬は今週も超必見!

local_offer競馬HOTLINE

【安田記念2021予想】ダービーでステラヴェローチェ(9人気3着)を推奨!調教班の推奨馬は今週も超必見!

★現在、競馬総合情報社シンクタンクを初めてご利用いただく方への特別キャンペーンを実施中!

  • verified「点数を絞って買いたい!」
  • verified「時間をかけずに予想したい!」
  • verified「買える人気薄が知りたい!」

そんな競馬ファンにオススメ!

重賞メイン特捜部が教える
『馬券候補はこの5頭!』

今週は!
安田記念(GⅠ)
の馬券候補5頭を教えます!

無料会員登録はコチラkeyboard_arrow_right
チェックポイント

競馬HOTLINEでは、馬券に役立つ“裏ネタ"をリアルタイムで公開します!

調教班チーフ・富田が注目馬をピックアップ!


『調教分析』は富田が担当致します。

先週の日本ダービーは私たちの推奨馬ステラヴェローチェが9番人気3着で高配当を演出しました。

ダービー調教推奨


ハナ差ではありましたが、今年も栗東坂路調教馬かつ加速ラップを踏んでいた推奨候補の1頭シャフリヤールが勝利し、調教パターンとしては例年通りと言える決着に。改めて過去の好走パターンの重要性を示す結果になったとも言えます。

今週の安田記念では、どんな好走調教パターンがあるのか。まずは過去5年の成績を振り返ります。

安田記念を勝つために必要な調教

始めは好走馬(1~3着馬)の【最終追い切りコース】を見ていきます。

【最終追い切りコース】

栗東坂路 1勝2着0回3着2回
栗東CW 1勝2着0回3着1回
美浦南W 2勝2着4回3着1回
美浦D  0勝2着1回3着1回
東京芝  0勝2着1回3着0回
連闘   1勝2着0回3着0回

いくつか特異なパターンは存在するものの、近年は関東馬の好走が多いこともあり、美浦南Wを中心としたトラック追い切りが中心となっています。

栗東坂路追い切りで勝利したいのは2019年インディチャンプのみ。ただし、連闘で勝利した2018年モズアスコットも矢作厩舎らしく坂路調教馬なので、そちらでカウントしてもいいかもしれません。

なお、今年もインディチャンプは出走していますが、過去2年同様、この中間は坂路調教のみとなっています。

続けて調教過程も見ていきます。

【調教過程】

坂路のみ   1勝2着0回3着1回
トラックのみ 0勝2着4回3着2回
併用     3勝2着1回3着2回

総数の多い併用馬が最も勝利しているものの、2、3着にはトラックのみが目立ちます。

一方、坂路のみは好総数が少ない中で勝利しており、厳密に数字を見るため連闘のモズアスコットは上記に含んでいませんが、この馬も入れるのであれば坂路のみ。つまり、1着馬5頭には全て坂路調教があったことになります。

コース替わりで逆戻り!?

先週(5/29.30)からBコースからCコースに替わりました。それまでの東京開催はトラック→坂路へと傾向が少しずつ変化していましたが、コース替わりによる影響があったのか見るため、先週芝レース11鞍の成績を振り返ります。

【最終追い切りコース】

坂路   4勝2着2回3着6回
トラック 7勝2着9回3着5回

トラックにはW、CWの他にP、B、芝が含まれます。

先々週(5/22.23)の傾向は坂路寄りになっているとお伝えしましたが、この結果を見ると再びトラック寄りへと変わっています。

これだけでジャッジするには根拠が弱いため、中間の調教過程も見ていきます。

【調教過程】

坂路のみ   0勝2着1回3着3回
トラックのみ 2勝2着5回3着2回
併用     9勝2着5回3着6回

何と先週とは真逆で坂路のみの好走がほぼなくなり、トラックのみの好走が大幅に増加しました。コース替わりによる傾向変化は明確です。

これは馬場の高速化も関係していると推測します。2回東京開催は例年通りの高速馬場となっていましたが、当然ながら開催が進むにつれて徐々に時計が掛かっていきました。

しかし、Cコースに替わった先週は、日本ダービーがオークスを2秒上回る時計が出ましたし、平場でも高速決着が頻発しました。開催前半のトラック調教馬が優勢だったことを考えると、関連性が感じられます。

今週もよほどの馬場悪化でもなければ傾向の変化はないはず。すなわち、現状の東京ではトラック調教が必要と言えるでしょう。

調教班が選ぶ好走期待馬はこの馬!

調教班特注馬

サリオス(牡4)
松山弘平騎手・堀宣行厩舎

6/2 美浦南W 良 助手
[5F] 70.9-55.3-40.0-12.4 馬なり

過去5年の結果からは坂路調教が、現状の傾向ではトラック調教が課されていることが望ましいとの結果から、今年の安田記念の好走調教パターンは併用がベターだと推測できます。

【該当馬】

カテドラル
ギベオン
サリオス
ダイワキャグニー
ダノンキングリー
ダノンプレミアム

トラック追い切りならば美浦南Wが最も好成績ということを考慮し、サリオスを推奨馬としました。

堀厩舎の調教は、最終追い切りが美浦南Wで坂路併用が基本パターン。今回も同様ではあるものの、この中間は坂路1本のみ、トラック中心の調教へと変化が見られました。

右トモに不安のある馬ですが、「積極的に治療してきたし、馬体重が増えて帰ってきたので調整がしやすかった」と、これまでより負荷をかけられたとのこと。「1週前の時点で心配機能はできていた」と仕上がり良好、今週は「右手前の替え方も良かった」と課題も矯正できており、堀調教師も納得の追い切りだった様子。

リアルインパクト、ストロングリターン、モーリスと過去10年で安田記念3勝と勝ち方を知り尽くしている堀厩舎、馬自身も実績充分のコースと条件に戻って反撃の可能性はあるとジャッジします。

★現在、競馬総合情報社シンクタンクを初めてご利用いただく方への特別キャンペーンを実施中!

  • verified「点数を絞って買いたい!」
  • verified「時間をかけずに予想したい!」
  • verified「買える人気薄が知りたい!」

そんな競馬ファンにオススメ!

重賞メイン特捜部が教える
『馬券候補はこの5頭!』

今週は!
安田記念(GⅠ)
の馬券候補5頭を教えます!

無料会員登録はコチラkeyboard_arrow_right

データ班チーフ・三崎が攻略ポイントをあぶり出す!


データ班の三崎です。よろしくお願いします。

先週の日本ダービー、我々の推奨馬でもあったエフフォーリアは2着で馬連1010円、3連複8800円的中に。勝利したシャフリヤールとはわずか10cm差、本当にクビの上げ下げのタイミングだけでした。横山武騎手にとっても悔しいレースになったことでしょうが、まだまだ若いのでチャンスはあるでしょう。今後もどんどん活躍してもらいたいですね!

2021年日本ダービー


さて、6月に入って夏季番組、気温も上昇して暑くなってきました。今週は安田記念、現役最強マイラーのグランアレグリアも参戦して注目の1戦となりますね。

果たしてデータからはどんな結論になるのか?それでは見て参りましょう!

穴馬のホットスポットはココ!?

まずは過去10年の人気別成績を見ていきましょう。

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3-2-2-3 30.0% 50.0% 70.0%
2番人気 1-0-1-8 10.0% 10.0% 20.0%
3番人気 1-3-2-4 10.0% 40.0% 60.0%
4番人気 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0%
5番人気 0-2-0-8 0.0% 20.0% 20.0%
6番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
7番人気 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0%
8番人気 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
9番人気 2-0-0-8 20.0% 20.0% 20.0%
10人気下 0-2-4-68 0.0% 2.7% 8.1%


1番人気は3勝2着2回3着2回と半数が連対しており、着外3回と馬券軸としてはまずまずの数字。しかし、現在5連敗中で勝率という点では少々物足りません。

2番人気は1勝3着1回でわずかに1連対、3番人気は1勝2着3回3着2回と連対率はまずまずですが、1~3番人気で5勝と半数しか勝ち馬が出ていないのは、他のGⅠと比較すると低い位数字となっています。

それ以下の人気を見ていくと7~9番人気が4勝、このあたりが穴馬のホットスポットとなっています。そう言えば、本命に抜擢して馬連7370円、3連複6560円的中となった2018年の勝ち馬モズアスコットも9番人気でしたね。

なお、二桁人気には壁があるのか2012年の2、3着馬だけしか好走していません。単勝オッズを見ると2016年ロゴタイプの36.9倍が最高配当ですし、過度に人気がない馬では、さすがGⅠだけに厳しいようです。

勝ってはいけない前哨戦がある!?

次は前走着順別成績を見ていくことにします。

前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1着 3-3-4-30 7.5% 15.0% 25.0%
2着 3-2-0-22 11.1% 18.5% 18.5%
3着 1-1-2-20 4.2% 8.3% 16.7%
4着 2-1-1-11 13.3% 20.0% 26.7%
5着 0-1-1-11 0.0% 7.7% 15.4%
6~9着 1-2-1-19 4.3% 13.0% 17.4%
10着下 0-0-1-21 0.0% 0.0% 4.5%


二桁着順だった馬の好走は2015年3着馬クラレントのみで連対はなし。それ以外ならば掲示板外からの巻き返しありますが、連対馬11頭は前走も連対(1、2着)していますし、勝ち馬9頭は4着以内ですから、ある程度は上位圏内を確保しておくべきでしょう。

次はレース別成績を見ていきます。

前走レース 着別度数 勝率 連対率 複勝率
京王杯SC 2-3-1-30 5.60% 13.90% 16.70%
ダービー卿CT 2-0-0-6 25.00% 25.00% 25.00%
高松宮記念 2-0-0-5 28.60% 28.60% 28.60%
マイラーズC 1-0-6-32 2.60% 2.60% 17.90%
NHKマイルC 1-0-0-2 33.30% 33.30% 33.30%
ヴィクトリアM 0-3-0-12 0.00% 20.00% 20.00%
大阪杯(G2) 0-1-1-3 0.00% 20.00% 40.00%
大阪杯(G1) 0-0-1-8 0.00% 0.00% 11.10%


出走数が多いのは京王杯SC、マイラーズCですが、後者は2018年の勝ち馬インディチャンプしか連対しておらずかなり苦戦傾向。ただし、3着は6回もあるので馬券的には軽視できませんが……。

京王杯SCは2勝2着3回3着1回で最多連対ですが、率を考えるとそう強調はできません。

そして、マイラーズCも京王杯SCも勝ち馬が苦戦しており、それぞれ8頭が参戦しマイラーズCが3着1回、京王杯SCは2着1回3着1回ですから、大半が着外に終わっています。

今年はケイデンスコールラウダシオンが該当しますが、超えねばならぬデータです。

また、ヴィクトリアマイルからも近10年は勝ち馬が出ておらず2着まで。とは言え、現在3年連続2着となっています。グランアレグリアにとって追い風なのか向かい風なのか、ココは考え方ひとつかもしれませんね。

東京コースに合った武器が必要!

前走着順、レース別だけでは絞り切れないため、さらに掘り上げて上がり3F順位別成績を見ていくことにしました。

まず、安田記念自体ですが、

上がり3F 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1位 4-2-3-2 36.4% 54.5% 81.8%
2位 1-2-1-5 11.1% 33.3% 44.4%
3位 1-2-2-9 7.1% 21.4% 35.7%
4、5位 2-0-2-21 8.0% 8.0% 16.0%
6位下 2-4-2-97 1.9% 5.7% 7.6%


ロゴタイプ(2016年1着、2017年2着)やアエロリット(2019年2着)のような逃げ粘りもあるので絶対ではありませんが、直線の長い東京コースということもあり、上がり1位の馬が4勝しており、連対率、複勝率ともかなり高い数字になっています。

次に前走の上がりに目を向けてみると。

前走上がり3F 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1位 4-4-2-18 14.3% 28.6% 35.7%
2位 3-1-1-17 13.6% 18.2% 22.7%
3位 0-0-2-6 0.0% 0.0% 25.0%
4、5位 1-0-1-18 5.0% 5.0% 10.0%
6位下 1-4-3-58 1.5% 7.6% 12.1%


上がり1、2位で7勝、12連対と半数以上を占めています。この中には前走4着以下の馬券に絡めなかった馬も4頭含まれていて、前哨戦で差し遅れていた馬が巻き返すというパターンも見られます。ココに穴馬を見つけ出すヒントも隠されているかもしれませんね。

【前走上がり1、2位該当馬】

カテドラル
カデナ
ギベオン
グランアレグリア
シュネルマイスター

データ班が選ぶ好走期待馬はこの馬!

データ班推奨馬

シュネルマイスター(牡3)
横山武史騎手・手塚貴久厩舎

上記5頭の中で、過去10年の連対馬17頭に共通していた東京での勝利実績がないカテドラル、連対が2着1回3着1回しかない7歳馬のカデナ、連対が2019年1着のみというマイラーズC組のギベオンには割引となるデータが存在します。

グランアレグリアにも減点らしい減点はないのですが、過去10年ではヴィクトリアマイルからの勝ち馬が出ていないことを考慮し、出走数こそ少ないものの、2011年にリアルインパクトが勝利している3歳馬シュネルマイスターを推奨にすることとしました。

リアルインパクトはNHKマイルC3着からの臨戦でコチラの方が着順は上ですし、同じ関東馬という共通点もあります。そもそも、安田記念は関東馬が5勝2着6回3着3回と関西馬と五分、連対数や率では上回っているレース。

去年こそ牝馬のワンツーでしたが、9勝2着7回3着9回と基本的には牡馬が活躍していますし、その点においても逆転の可能性を感じます。

新馬戦以来となる横山武騎手とのコンビとなりましたが、ぜひとも先週の悔しさを糧にした好騎乗を期待します。

【平井雄二のレース展望】グランアレグリア抜きでは語れぬが……

グランアレグリアのヴィクトリアマイル参戦は「想定外」と語る陣営が少なかったように、安田記念が目標というのが規定路線。

マイルでは大半の関係者から「敵なし」と見られているほど、名実ともに突出した存在であり、ある陣営が「安田記念で勝つのは難しい」と、前哨戦に勝負をかけていたとの話もあったが、それもグランアレグリア参戦を見据えてのこと。

この馬抜きで今年の安田記念を語ることはできないだろう。

しかし、競馬に“絶対”はない

アーモンドアイですら敗れたレース

特に安田記念は、単勝1倍台の圧倒的な支持を受けたアーモンドアイが2年連続で敗れいている

アーモンドアイとグランアレグリアでは馬が違うのだから、当然ひと括りにはできぬが、ヴィクトリアマイルから安田記念というこれだけレース間隔の詰まったローテーションを経験するのが初めてという状況は酷似している。

しかも、アーモンドアイはヴィクトリアマイルで4馬身差圧勝という高いパフォーマンスを発揮していた。奇しくもグランアレグリアのヴィクトリアマイルも同じ4馬身差。

どんなに強い馬であろうと、いつも高いパフォーマンスを発揮できるわけではない。しかもGⅠ連戦、相手が牡馬になる安田記念はそう甘くない。

実際、同年のヴィクトリアマイルと安田記念を制したのはウオッカ(2009年)のみなのだ。

GⅠ馬を多数参戦させる思惑とは?

そして、GⅠで忘れてはならぬはやはりノーザンFの存在だ。今年出走予定の半数以上がノーザンF関連馬である以上、ますます重要となる。

グランアレグリアという存在がいながら、インディチャンプ、サリオス、3歳マイル王シュネルマイスターまで参戦させる意図、思惑がどこにあるのかは、馬券攻略の1つのカギとなるだろう。

無論、その他にも押さえておかねばならぬ思惑、裏事情というのはたくさんある。そうしたものを一般ファン、トレセン内の取材が主であるマスコミが網羅することはほぼ不可能。

一方、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一など、名馬を育てた競馬界の大物OBを筆頭に、馬主や牧場、エージェントや外厩など、あらゆる関係者が多数在籍するシンクタンクは、多方面の情報を網羅する態勢が整っており、世間に出ない思惑、裏事情もしっかりと掴んでいる

既に安田記念の情報も入ってきており、高配当の使者となり得る“穴馬”の存在も。2018年には9番人気で勝利した◎モズアスコットから的中をお伝えしたが、伏兵の一発があるかもしれない。

モズアスコット

【最終結論】は、レース当日までしっかりと精査してお伝えするが、ご注目いただきたい。

特別登録メンバー

インディチャンプ
カテドラル
カデナ
カラテ
ギベオン
グランアレグリア
ケイデンスコール
サリオス
シュネルマイスター
ダイワキャグニー
ダノンキングリー
ダノンプレミアム
トーラスジェミニ
ビッククインバイオ
ラウダシオン

競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション