THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【日中京5R】以前とは動きが違う!前走以上のパフォーマンスは必至!

local_offer競馬HOTLINE

【日中京5R】以前とは動きが違う!前走以上のパフォーマンスは必至!

【2歳新馬戦】栗東から注目新馬の情報をお届け!

どうも、栗東の調教担当・松崎だ。

今週は、本編に入る前に間もなくデビュー予定の注目新馬2頭を取り上げたい。

まずは、ドゥラメンテ産駒のサウンドビバーチェ(高柳大・牝)。

半姉にはオープン馬・プリンセスムーンがいる血筋で、26日はCWコースで古馬1勝クラスと併せ馬を行い、6F83秒0-12秒0で同入。

「気の良いタイプで動きも中々素軽い」と平助手も評価しており、6月6日の東京芝1600m戦で、武豊騎手とのコンビでデビュー予定となっている。

2頭目は、外国産馬のシゲルツバメ(橋田・牝)。

既にゲート試験にパスしており、26日の坂路では4F53秒3-13秒3をマークしている。

橋田調教師は「水準の時計では動けているし、いいスピードがありそう」と楽しみな様子で、コチラは6月19日の札幌ダート1000m戦で岩田康騎手デビュー予定だ。

昨年6月も2歳新馬戦で13万馬券的中を始め、数々の万馬券的中をお届けしたように、初出走同士の新馬戦はまさに情報戦

中間の調教の動きも普段以上に重要視されるレースだけに、次週からスタートする新馬戦の情報には、是非ご注目して頂きたい。

【日中京5R】以前とは動きが違う!前走以上のパフォーマンスは必至!

栗東調教鉄板馬はこの1頭!

5月30日(日) 中京5R 3歳1勝クラス
プレジールミノル(牡3)
荻野極騎手・北出成人厩舎

5/26 栗東坂路 良 助手
[4F]51.4-37.4-24.4-12.0 末強め

今週の栗東調教鉄板馬は、調教の動きからも叩き2戦目での上積みが見込めるプレジールミノル

5か月半ぶりの実戦だった前走も「長欠明けだけど、息がもつように乗り込みをしてきた」と厩舎サイドは話しており、実際に直前の動きも悪くなく、レースでも3着と好走。

今回はそこから中2週での参戦だが、最終追い切りでは、終い重点ながら自己ベストをマーク。状態はさらに一段階上がってきたと見て良いだろう。

元々、叩き良化タイプで、初勝利も休養明け2戦目だったが、休養を挟みながら上手く成長を促せたことで、以前とは坂路での動きが違う。

前走時は実戦から遠ざかっていたこともあり、勝負どころでの反応がイマイチだったが、2戦目でそのあたりが改善されれば、今度は勝ち負けに持ち込めるはずだ。

競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション