THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【日本ダービー2021予想】調教班が好走に必要な調教パターンを発見!該当馬はどれだ!?

local_offer競馬HOTLINE

【日本ダービー2021予想】調教班が好走に必要な調教パターンを発見!該当馬はどれだ!?

★現在、競馬総合情報社シンクタンクを初めてご利用いただく方への特別キャンペーンを実施中!

  • verified「点数を絞って買いたい!」
  • verified「時間をかけずに予想したい!」
  • verified「買える人気薄が知りたい!」

そんな競馬ファンにオススメ!

重賞メイン特捜部が教える
『馬券候補はこの5頭!』

今週は!
日本ダービー(GⅠ)
の馬券候補5頭を教えます!

無料会員登録はコチラkeyboard_arrow_right
チェックポイント

競馬HOTLINEでは、馬券に役立つ“裏ネタ"をリアルタイムで公開します!

調教班チーフ・富田が激走パターンを発見!


今週も富田が担当致します。

当欄の『調教分析』は、主に過去の同レース、前週のレースで好走した馬の最終追い切り、中間の調教過程を調べることで、好走調教パターンを見つけることを主眼に置いています。

今週はいよいよ競馬の祭典日本ダービー。過去5年では関東馬1勝、関西馬4勝と西高東低の結果となっています。

好走調教パターンにも東西で差があるのか。始めは過去の日本ダービーの調教から振り返ります。

日本ダービーの好走調教パターン

同じ距離で行われた先週のオークスでは、

『関東馬の好走はトラックに限られており、関西馬は坂路でしか勝利を挙げておらず好走馬の大半を占めている』

と、東西で異なる好走調教パターンが存在していました。

結果、美浦南W追い切りのユーバーレーベンとアカイトリノムスメの関東馬ワンツーで、3着ハギノピリナが栗東坂路追い切りと、例年のパターン通りとなりました。

日本ダービー好走馬(1~3着馬)の最終追い切りコースを見ていくと、

【最終追い切りコース】

栗東坂路 4勝2着0回3着2回
栗東CW 0勝2着3回2着1回
美浦南W 1勝2着1回3着2回
美浦P  0勝2着1回3着0回

オークスとかなり似通った結果となっています。中でも関西馬のトラック追い切りでは1着馬がおらず、関東馬の坂路追い切りで好走馬なしというのは全く同じです。

続けて調教過程も見ていきましょう。

【調教過程】

坂路のみ   1勝2着0回3着1回
トラックのみ 0勝2着0回3着2回
併用     4勝2着5回3着2回

こちらもオークスと同様に併用馬の好走が大半を占めています。ただし、オークスではトラックのみが1勝2着2回3着2回と好走していたのに対し、日本ダービーでは連対馬を出せていません。

これはレースとして関西馬が優勢であることも影響していると思いますが、一方で坂路のみの連対も2019年ロジャーバローズが勝っただけで、3着は2017年アドミラブルで1番人気馬でした。同様に望ましい調整過程とは言えません。

過去のレース結果から導き出される好走調教パターンは、関西馬はオークス同様に最終追い切り坂路の併用馬、関東馬は最終追い切りトラックの併用馬と言えるでしょう。

ちなみにトラックのみで3着に好走した2018年コズミックフォースは国枝厩舎で、オークスではアーモンドアイ、カレンブーケドール、先週はアカイトリノムスメを好走させています。いずれも調整過程はトラックのみであり、この厩舎は基本に沿ったパターンの方が良いのかもしれません。

注目を集めるサトノレイナスですが、最終追い切りトラック(美浦南W)で坂路併用。オークスの好走調教パターンには合致するものの、厩舎の基本パターンには沿っていません。どんな結果になるのか、個人的に注目しています。

もはや◯◯は必須レベルに!?

日本ダービーで「内枠有利」はよく知られる話ですが、これはBコースからCコースへと替わることが少なからず影響していると考えられます。

そのため、好走調教パターンも影響を受ける可能性はありますが、先週の傾向をしっかり把握しておくことも重要です。

先週(5/22.23)の東京で行われた芝レース12鞍の結果を見ていきましょう。

【最終追い切りコース】

坂路   6勝2着6回3着5回
トラック 6勝2着5回3着7回
連闘   0勝2着1回3着0回

坂路、トラックでほぼ五分の数字が出ました。美浦南W追い切りが主流の関東馬の出走が多いことを考慮すると、坂路がやや優勢と言えなくもありません。

しかも、先々週(5/15.16)までトラック優勢でしたが、坂路寄りになっていることは見逃せない傾向です。

調教過程も見ていきましょう。

【調教過程】

坂路のみ   4勝2着5回3着4回
トラックのみ 0勝2着4回3着1回
併用     8勝2着2回3着7回
連闘     0勝2着1回3着0回

トラックのみの1着馬がゼロ、坂路のみの好走が増えるとの結果からしても、最終追い切り同様に坂路寄りになってきており、むしろ坂路調教が必須レベルになってきていると言えます。

ただし、前記したように今週からCコースに替わることと、馬場状態の変化があった場合は、その影響を加味しなければならないことは、頭に入れておかねばなりません。

調教班が選ぶ好走期待馬はこの馬!

※この情報は【シンクタンクメンバーズ】にご参加中の、情報期限をお持ちの有料会員様限定公開となります。

★現在、競馬総合情報社シンクタンクを初めてご利用いただく方への特別キャンペーンを実施中!

  • verified「点数を絞って買いたい!」
  • verified「時間をかけずに予想したい!」
  • verified「買える人気薄が知りたい!」

そんな競馬ファンにオススメ!

重賞メイン特捜部が教える
『馬券候補はこの5頭!』

今週は!
日本ダービー(GⅠ)
の馬券候補5頭を教えます!

無料会員登録はコチラkeyboard_arrow_right

データ班チーフ・三崎が攻略ポイントをあぶり出す!


こんにちは!データ班の三崎です。

いよいよ今週は日本ダービーです!

去年はコントレイルが無敗の2冠を達成し、今年もエフフォーリアにはその資格がありますね。牝馬は達成ならずとなりましたが、果たして牡馬はどうなるのか?

若き横山武騎手が勝てば、1971年のヒカルイマイで勝利した田島良保元騎手を抜いて戦後最年少勝利(22歳5ヶ月9日)になるそうですが、その点でも注目ですよね。

なお、最年長勝利は我らが最高顧問、増沢末夫元騎手の1986年ダイナガリバーの48歳7ヶ月6日ですが、武豊騎手や横山典騎手らが参戦してますから、コチラも記録更新の可能性も残しています。

ジョッキーに関するデータはここまでにして、それでは本題に入りましょう!

上位人気堅調も3年連続で二桁人気馬が!

過去10年のレースから、まずは恒例の人気別成績を見ていきます。

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4-1-2-3 40.0% 50.0% 70.0%
2番人気 1-2-1-6 10.0% 30.0% 40.0%
3番人気 3-3-1-3 30.0% 60.0% 70.0%
4番人気 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
5番人気 1-2-0-7 10.0% 30.0% 30.0%
6番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
7番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
8番人気 0-0-2-8 0.0% 0.0% 20.0%
9番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
10人気下 1-1-3-84 1.1% 2.2% 5.6%


1番人気は4勝2着1回3着2回と連対はちょうど半数、着外は3回なので馬券軸としてはそれなりの信頼度と言えそうです。

特に皐月賞馬が1番人気になると該当馬6頭で3勝2着1回3着1回、着外も2019年サートゥルナーリアの4着なので大崩れはありません。エフフォーリアが1番人気になれば、心強いデータになると言えますね。

上位人気で特筆すべきは、3勝2着3回3着1回と連対率では1番人気を上回る3番人気でしょう。勝ち馬8頭は1~3番人気から出ており、やはり日本ダービーという格は感じますね。

しかし、伏兵の出番があるのも日本ダービーの特徴。2019年に12番人気ロジャーバローズが勝利しましたが、去年は対抗に抜擢していた10番人気ヴェルトライゼンデ、一昨年も16番人気コズミックフォースが3着に食い込んでおり、3年連続で二桁人気馬が馬券になっています。

不思議と6~9番人気の連絡みがないので、穴を狙うなら思い切っていくのもひとつの手かもしれませんよ。

データの壁は低くない!?

次はキャリア別成績を見ていきたいと思います。

今年は最少が3戦(グラティアス、グレートマジシャン、シャフリヤール)で最多が8戦(バスラットレオン)となっています。

キャリア 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3戦 0-0-0-4 0.0% 0.0% 0.0%
4戦 3-3-2-23 9.7% 19.4% 25.8%
5戦 4-4-2-28 10.5% 21.1% 26.3%
6戦 1-2-5-38 2.2% 6.5% 17.4%
7戦 1-0-1-30 3.1% 3.1% 6.3%
8戦 1-0-0-11 8.3% 8.3% 8.3%


連対数、連対率ともにトップが5戦、ついで4戦とこのあたりが中心になっています。

連対がないのはキャリア3戦、過去に4頭しかいないため、全くダメとは言い切れませんが、3戦3勝だったブラストワンピースも跳ね返されてしまった事実もあるので、気になるところと言えば気になるところ。

そのブラストワンピースは毎日杯からの臨戦で、グレートマジシャン、シャフリヤールはローテーションに近いものがありますね。

レースのことに触れたので、続けて前走のレース別成績も見ておきましょう。

前走レース 着別度数 勝率 連対率 複勝率
皐月賞 8-7-5-68 9.1% 17.0% 22.7%
京都新聞杯 2-1-1-20 8.3% 12.5% 16.7%
青葉賞 0-2-3-19 0.0% 8.3% 20.8%
プリンシパルS 0-0-1-8 0.0% 0.0% 11.1%
NHKマイルC 0-0-0-22 0.0% 0.0% 0.0%
毎日杯 0-0-0-4 0.0% 0.0% 0.0%
桜花賞 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%


皐月賞組の好走が大半を占めるのは当然と言えば当然ですが、ローテーションが多岐に渡っている近年もその傾向は変わっていません。

別路線で勝ち馬を出しているのは京都新聞杯組のみ、青葉賞は設立以来、勝ち馬が出ていないことでよく知られていますが、近年も連対馬は出しています。

この3つ以外からは連対馬が出ておらず、3着もプリンシパルSの1回(コズミックフォース)だけです。

桜花賞から参戦するサトノレイナスにも触れておきますと、過去10年で牝馬の参戦は2014年レッドリヴェールのみ。同じく桜花賞2着から臨み14着と敗れています。ウオッカが制したのは2007年、当時も牝馬として64年ぶりの勝利という偉業でしたが、コチラも超えぬばならぬデータの壁は低くありません。

馬券圏外から巻き返せるのは……

引き続き前走にスポットを当てて、着順別成績を見ていきます。

前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1着 4-5-4-31 9.1% 20.5% 29.5%
2着 2-2-2-30 5.6% 11.1% 16.7%
3着 1-2-0-10 7.7% 23.1% 23.1%
4着 1-0-0-8 11.1% 11.1% 11.1%
5着 1-0-0-8 11.1% 11.1% 11.1%
6~9着 1-1-3-27 3.1% 6.3% 15.6%
10着下 0-0-1-35 0.0% 0.0% 2.8%


連対馬9頭が前走1着馬、前走2着馬が4連対、前走3着馬が3連対と着順が良いほど好成績になっていますね。

馬券圏外から勝利した3頭は全て皐月賞組で、馬券圏内に広げても2014年3着馬マイネルフロストが青葉賞6着から巻き返した例しかありません。

なお、皐月賞の馬券圏外から巻き返したのは全て5番人気以内に限られており、今年はアドマイヤハダルヴィクティファルスラーゴムが該当します。

ただ、さすがに二桁着順敗退馬の好走は2011年3着ベルシャザールしかいないので、ラーゴムはなかなか厳しそうです。

データ班が選ぶ好走期待馬はこの馬!

データ班推奨馬

エフフォーリア(牡3)
横山武史騎手・鹿戸雄一厩舎

勝ち馬を出しているのが皐月賞組と京都新聞杯組である以上、推奨馬を選ぶならこの中からとなりますが、京都新聞杯の勝ち馬レッドジェネシスは好走馬の少ないキャリア7戦というのがややネック。

やはり皐月賞組、0.5秒差以内の負けで今回3番人気以内に支持されると該当馬6頭が3勝2着3回のパーフェクト連対というデータもあるのですが、今年は3馬身差の完勝で該当馬はタイトルホルダーステラヴェローチェのみで、前走の人気を考えると今回も上位人気には?となります。

そうなると、必然的に減点材料がないエフフォーリアを、データからは素直に推奨すべきとの結論になります。

エフフォーリア


今年は非常に乗替りが多いですが、日本ダービーでは1954年ゴールデンウエーブ以来テン乗りでの勝利がなく、長らく続いているジンクスになっています。ちなみに、最初の項目で取り上げたサートゥルナーリアも乗替りでした。

若き横山武騎手ですが、デビューから惚れ込みずっと手綱を握り続けていますし、継続騎乗が日本ダービーでも大きな強みとなるはずです。

【平井雄二のレース展望】世に出回るのは建前ばかり

『全てのホースマンの夢』と言われる日本ダービーは、誰しもが勝ちたいと思うレースであることは間違いない。

また、競馬ファンでなくともその名を知られるレースであり、世間のビッグイベントの1つにもなっている。

まさに『特別も特別なレース』である。

それ故、トレセン内の雰囲気、マスコミの取材、ファンの盛り上がりなど、あらゆる点が異質になる。無観客競馬の最中でも、内なる熱気は例年とは変わらない。

世間に出る情報は膨大になるであろうが、そこにあるのは建前ばかり。馬券的中の核心に迫るような本音、本物の関係者情報が出回ることはまずあり得ない。

なぜならば、誰しもが勝ちたいレースで、本音の公表など自らの首を絞めるような行為となるのは明らかだからだ。

ノーザンF内でも思惑は様々に存在する

今年のクラシックを語る上で、絶対に外せないのがノーザンFの存在だ。去年のクラシックは牡牝とも苦杯を嘗めたが、巻き返しを期して臨んだ今年は桜花賞、皐月賞、NHKマイルCなど3歳GⅠを席巻。

日本ダービーも、無敗の皐月賞馬エフフォーリアを筆頭に、メンバーの大半がノーザンF生産馬となっている。

ノーザンFの思惑を掴まずして、今年の日本ダービーを攻略することなど、まず不可能と言えよう。

しかし、ひと言にノーザンFと括っても、クラブだけでもサンデーR、キャロットFなど多岐に渡り、個人馬主の所有馬も存在する。

また、外厩は天栄としがらきに分かれており、騎手の起用、ローテーションなどにハッキリとした違いが存在する。

さらには厩舎、騎手、エージェントといった関係者達がいて、各陣営の思惑は様々に存在する。

例えば、ノーザンFのエース騎手は言うまでもなくルメールだが、現時点で主役と言えるエフフォーリアには横山武が騎乗。ルメールは牝馬のサトノレイナスで参戦と、異例の事態となっている。

このことだけでも、裏には様々な事情や思惑もあるのだが、その他にも表立って出ていない裏話は数多く存在する。

最高峰のレースは最高峰の情報で!

こうした事実を知らない一般ファンが買う馬券は、まさに運任せの宝くじに等しいと言っていいだろう。事実、日本ダービーは3年連続二桁人気馬が馬券に絡んでいるのだ。

弊社シンクタンクには、ダービー2勝の鉄人ジョッキー増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一といった元騎手、元調教師だけでなく、数多くの大物関係者が情報ルートとして在籍し、業界最高峰の情報網を構築。

ダイナガリバー

☆当社最高顧問増沢末夫のダービー2勝目ダイナガリバー

トレセン内にいる親しい友人、後輩がトレセン内にはおり、馬主や牧場、エージェントや外厩などにも人脈は広がっており、あらゆる関係者のあらゆる情報が弊社のもとに集まってくる。

つまり、的中のカギになる確かな関係者情報を掴んでいるに他ならない。

【最終結論】は、情報のみならずデータ、当日の馬場、天候などあらゆるファクターしっかりと吟味した上でお伝えするので、ぜひご注目いただきたい。

特別登録メンバー

アドマイヤハダル
ヴィクティファルス
エフフォーリア
グラティアス
グレートマジシャン
サトノレイナス
シャフリヤール
ステラヴェローチェ
タイトルホルダー
タイムトゥヘヴン
ダノンザキッド(回避)
ディープモンスター
バジオウ
バスラットレオン
ヨーホーレイク
ラーゴム
レッドジェネシス
ワンダフルタウン

競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション