THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【皐月賞2021予想】先週8番人気ズバリ!調教班が見つけた理想の調教パターンとは!?

local_offer競馬HOTLINE

【皐月賞2021予想】先週8番人気ズバリ!調教班が見つけた理想の調教パターンとは!?

★現在、競馬総合情報社シンクタンクを初めてご利用いただく方への特別キャンペーンを実施中!

  • verified「点数を絞って買いたい!」
  • verified「時間をかけずに予想したい!」
  • verified「買える人気薄が知りたい!」

そんな競馬ファンにオススメ!

重賞メイン特捜部が教える
『馬券候補はこの5頭!』

[先週]桜花賞(GⅠ)推奨馬
・ソダシ
・サトノレイナス
・ファインルージュ(8人気3着)

今週は!
皐月賞(GⅠ)
の馬券候補5頭を教えます!

無料会員登録はコチラkeyboard_arrow_right
チェックポイント

競馬HOTLINEでは、馬券に役立つ“裏ネタ"をリアルタイムで公開します!

調教班チーフ・富田が理想の調教パターンを伝授!


皐月賞の調教診断は富田が担当致します。

先週(4/11)の桜花賞は3連単1万400円的中となり2年連続万馬券的中となりましたが、その立役者となったのがファインルージュでした。

フェアリーSからの直行で8番人気の低評価ながら見せ場十分の3着と好走。そして、同馬は私たち調教班の推奨馬でもありました。

桜花賞推奨

レイパパレを推奨した大阪杯に続き、調教班の推奨馬が2週連続馬券に絡むことに。好走調教パターンを把握しておくことが、いかに馬券的中に有益か納得していただける結果だと思います。

今週もぜひご注目下さい。

細かく見て判明した重視すべき調教

ここ数週は土日で天気が違い、馬場状態の変更もありましたが、先週(4/10.11)の中山は土日ともに良馬場でレースが行われました。

まずは土日計9鞍の芝レースにおける好走調教パターンを見ていきます。

【最終追い切りコース】

坂路   4勝2着4回3着3回
トラック 5勝2着5回3着5回
連闘   0勝2着0回3着1回

【調教過程】

坂路のみ   3勝2着3回3着2回
トラックのみ 2勝2着4回3着3回
併用     4勝2着2回3着3回

数字を見ての通り、特筆して偏りらしい偏りがなく、どの調教パターンからでも好走馬が出ています。

他の視点から偏りが出ないか見るため、今度は距離別に見ていきます。先週は1600m以下のレースが5鞍、1800m以上のレースが4鞍とほぼ半数ずつ行われました。

1600m以下

【最終追い切りコース】
坂路   3勝2着2回3着3回
トラック 2勝2着3回3着1回
連闘   0勝2着0回3着1回

【調教過程】
坂路のみ   2勝2着2回3着2回
トラックのみ 1勝2着2回3着0回
併用     2勝2着1回3着2回

1800m以上

【最終追い切りコース】
坂路   1勝2着2回3着0回
トラック 3勝2着2回2着4回

【調教過程】
坂路のみ   1勝2着1回3着0回
トラックのみ 1勝2着2回3着3回
併用     2勝2着1回3着1回

こうして比較すると、短距離だと坂路寄り、中距離以上だとトラック寄りの調教馬が活躍していることがわかります。

土曜日(4/16)に雨予報が出ているため、その影響による変化はあるかもしれませんが、この傾向に当て嵌めるのであれば、皐月賞はトラック重視の調教馬に注目して方が良さそうです。

皐月賞ではこの調教を重視すべき!

では、過去5年の皐月賞の好走調教パターンはどうったのでしょうか。

【最終追い切りコース】

栗東坂路 1勝2着1回3着1回
栗東CW 3勝2着2回3着1回
栗東芝  0勝2着1回3着0回
美浦南W 1勝2着1回3着2回
美浦P  0勝2着0回3着1回

坂路は僅かに1勝、好走馬のほとんどが最終追い切りコースにトラックを選択していました。

なお、坂路追い切りで勝利したのは2020年コントレイルのみ。皐月賞は半馬身差と楽ではない競馬でしたが、もしかすると最終追い切りも関係しているのかもしれません。

【調教過程】

坂路のみ   0勝2着0回3着1回
トラックのみ 1勝2着0回3着2回
併用     4勝2着5回3着2回

中間の調教過程が坂路のみだった馬の連対はなく、圧倒的に併用馬が優勢となっています。先に名を挙げたコントレイルもほぼ坂路調整でしたが、1週前追い切りは栗東CWコースで行っていました。

また、併用馬の中には2016年1着馬ディーマジェスティ、2019年2着馬ヴェロックスが中間の坂路追い切りは1本のみですから、このことからも皐月賞ではトラック調教の比重が重いと言えます。

調教班が選ぶ好走期待馬はこの馬!

※この情報は【シンクタンクメンバーズ】にご参加中の、情報期限をお持ちの有料会員様限定公開となります。

データ班チーフ・三崎が攻略ポイントをあぶり出す!


こんにちは!データ班チーフ三崎です!

まずは先週の桜花賞、おめでとうございました!

会員の皆様ならご存知でしょうが、3連単1万400円的中で2年連続万馬券的中となりました!

的中画像

☆会員様から寄せられた的中画像。お喜びの声が励みになります!

昨年暮れの阪神JFも万馬券的中をお伝えしていますが、現3歳世代牝馬の力関係はバッチリと把握できています。

オークスもぜひ楽しみにしておいてください。何を隠そう、現在7年連続的中のドル箱GⅠですからね!

その前に、今週の皐月賞もビシッと当てたいところ。そのためにも、我々データ班もキッチリ仕事をして参りますよ!

伏兵の一発もある!

皐月賞は2011年は東京で施行されていますので、今回のデータは2012年以降の過去9回を対象とします。

では、恒例の人気別成績から。

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3-1-1-4 33.3% 44.4% 55.6%
2番人気 1-3-0-5 11.1% 44.4% 44.4%
3番人気 1-2-3-3 11.1% 33.3% 66.7%
4番人気 1-2-1-5 11.1% 33.3% 44.4%
5番人気 0-0-0-9 0.0% 0.0% 0.0%
6番人気 0-0-0-9 0.0% 0.0% 0.0%
7番人気 1-0-0-8 11.1% 11.1% 11.1%
8番人気 1-0-3-5 11.1% 11.1% 44.4%
9番人気 1-1-0-7 11.1% 22.2% 22.2%
10~人気 0-0-1-75 0.0% 0.0% 1.3%


1番人気は3勝2着1回3着1回と半数は馬券になっていますが、若干頼りない数字。その他の上位人気も突出した数字がでていませんが、連対馬18頭中14頭が4番人気以内から出ています。

37万馬券決着となった2018年は1~4番人気が全て着外に終わっていますが、その年を除くといずれかは連対しています。

さすがはクラシックの格と言うべきか、二桁人気馬の連対はなく、2017年に12番人気ダンビュライトの3着が唯一の馬券圏内。

ただ、7~9番人気が各1頭ずつ勝利するなど、伏兵の一発は見込めるレース。その3頭とは2016年ディーマジェスティ、2017年アルアイン、2018年エポカドーロですが、いずれも前走重賞で勝利もしくは連対していました。穴は前走で好走しているのに軽視されてる馬から出ると言えますね。

重賞で連対している馬が中心

前項で前走について触れましたので、その流れで着順別成績を見ていくことにします。

前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1着 7-6-5-45 11.1% 20.6% 28.6%
2着 2-1-2-25 6.7% 10.0% 16.7%
3着 0-0-2-18 0.0% 0.0% 10.0%
4着 0-2-0-12 0.0% 14.3% 14.3%
5着 0-0-0-5 0.0% 0.0% 0.0%
6~9着 0-0-0-20 0.0% 0.0% 0.0%
10着下 0-0-0-5 0.0% 0.0% 0.0%


勝ち馬は全て前走連対馬、好走馬の大半にも該当します。基本的に前走連対馬を馬券の中心と考えるべきでしょう。

5着以下だった馬の好走は皆無で、前走3着以下だった4頭は全て弥生賞でそれ以外からの巻き返し例はありません。

続けてクラス別成績を見ていきます。

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1勝 0-0-0-9 0.0% 0.0% 0.0%
OP 0-2-1-30 0.0% 6.1% 9.1%
G3 5-1-3-29 13.2% 15.8% 23.7%
G2 2-5-5-61 2.7% 9.6% 16.4%
G1 2-1-0-0 66.7% 100.0% 100.0%


条件戦から好走はなく、オープン特別からも勝ち馬は出ていません。なお、オープン特別から好走した3頭は全て若葉Sの連対馬でした。

すみれSを勝ち人気の一角になりそうなディープモンスターにとっては、距離短縮組が15頭全て着外ということを含めて、大きく立ちはだかるデータになりますね。

今年はこの3レースに注目!

重賞組が中心であることはわかりましたが、どのレースが直結しているのかレース別成績を見ていきましょう。

前走レース 着別度数 勝率 連対率 複勝率
共同通信杯 4-0-1-8 30.8% 30.8% 38.5%
スプリングS 2-1-3-29 5.7% 8.6% 17.1%
ホープフルS 2-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0%
毎日杯 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0%
弥生賞 0-4-2-31 0.0% 10.8% 16.2%


出走頭数は13頭ですが4勝3着1回と高い好走率を誇る共同通信杯、出走数が多いため率は悪いものの2勝2着1回3着3回のスプリングS、勝ち馬は出ていないものの、こちらも出走数が多く2着4回3着2回の弥生賞、今年、オーソクレースが回避したため該当馬はいませんが、ホープフルSからの直行が2勝とこの4つが今の主流と言えそうです。

グラティアスが該当する京成杯組は3頭のみで3着1回ならばそう悪くないとも言えますが、キャリア2戦の馬は4頭参戦して全て着外ということも踏まえると、超えねばならぬデータが揃っています。

ラーゴムヨーホーレイクのきさらぎ賞組も2016年サトノダイヤモンドの3着1回のみと苦戦傾向。ただ、今年は中京2000mで行われているので留意しておいた方がいいかもしれませんね。

データ班が選ぶ好走期待馬はこの馬!

データ班推奨馬

ヴィクティファルス(牡4)
池添謙一騎手・池添学厩舎

ここまでのデータで減点がないのは以下の4頭。

該当馬

アサマノイタズラ
ヴィクティファルス
エフフォーリア
タイトルホルダー

まず、1勝馬が27頭出走して3着1回というデータからアサマノイタズラは割引。

タイトルホルダーは勝ち馬の出ていない弥生賞組ということもありますが、前走逃げていたことが良くありません

前走1コーナーで1番手だった馬の好走は2018年2着サンリヴァルのみで、本番でも1コーナー1番手だった馬は2014年ウインフルブルームの3着のみ、2番手も3着3回と連対できていません。ちなみに、サンリヴァルは本番では5番手とやや控えて競馬をしていました。

前に行ける機動力よりも必要とされるのは瞬発力で、前走の上がり3F最速だった馬が4勝2着5回3着3回、2位だった馬も2勝2着1回、本番でも上がり3Fが3位以内の馬が7勝2着6回3着2回と、決め手を発揮している馬が上位を占めています。

エフフォーリアも前走上がり3F2位なので悪くありませんが、やはり最速をマークしているヴィクティファルスを上位に評価すべきでしょう。

データからは、共同通信杯の1、2着馬のワンツー決着の再現があっても不思議ないというジャッジになりました。

★現在、競馬総合情報社シンクタンクを初めてご利用いただく方への特別キャンペーンを実施中!

  • verified「点数を絞って買いたい!」
  • verified「時間をかけずに予想したい!」
  • verified「買える人気薄が知りたい!」

そんな競馬ファンにオススメ!

重賞メイン特捜部が教える
『馬券候補はこの5頭!』

[先週]桜花賞(GⅠ)推奨馬
・ソダシ
・サトノレイナス
・ファインルージュ(8人気3着)

今週は!
皐月賞(GⅠ)
の馬券候補5頭を教えます!

無料会員登録はコチラkeyboard_arrow_right

【平井雄二のレース展望】今年の皐月賞は混戦ムード!?

ホープフルSを無敗で制し最優秀2歳牡馬に輝いたダノンザキッドは前哨戦の弥生賞で土がつき、朝日杯FSを制したグレナディアガーズはマイル路線へ。

コントレイル、サリオスと無敗の2歳GⅠ馬が揃って皐月賞へ参戦してきた去年とは違い、混戦ムードが漂っているのは事実だろう。

ローテーションが多岐に渡るようになった近年は、GⅠで初顔合わせとなる馬が多くなり、ブッツケで挑むようなキャリアの浅い馬も少なくないため、過去の戦績だけで力関係を把握するのは難しい

すなわち、世間一般にある誰でも手にできる情報では、馬券攻略も極めて難しいことを意味する。

情報戦ならシンクタンクの出番!

シンクタンクでは「2歳戦は情報が命」と公言しており、現在8年連続的中の阪神JF、4年連続的中の朝日杯FS、ホープフルSと2歳GⅠで破格の実績を残しているが、3歳春においても「情報が命」との状況になることは大歓迎。

ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一といった元騎手、元調教師の大物関係者も情報ルートとして在籍するシンクタンクは、トレセン内はもちろん、ノーザンFを筆頭とした外厩、牧場、馬主サイドや、エージェントや獣医に至るまで情報を入手できる確固たる情報網を構築している。

関係者情報の重要性が増すほど、レースが情報戦になればなるほど、シンクタンクの実力が発揮しやすい状況となるからだ。

事実、前哨戦の共同通信杯では馬連8120円・3連複1万0520円・3連単6万7820円的中させおり、皐月賞と同じ舞台の京成杯、弥生賞やきさらぎ賞、毎日杯も的中と確かな結果が出ている。

そして、同様に戦前は混戦ムードと見られていた桜花賞でもしっかりと3連単1万400円、3連複2660円、馬連670円の完全的中を掴み獲っている。

エフフォーリア

☆共同通信杯は4番人気エフフォーリアからズバリ完全的中!

皐月賞の情報は既に入ってきており、おおよそのジャッジは済んでいるが、【最終結論】はしっかりと時間をかけ、直前までに入ってくる情報も加味してレース当日にお伝えする。磨き抜かれた情報を楽しみにお待ちいただきたい。

特別登録メンバー

アサマノイタズラ
アドマイヤハダル
イルーシヴパンサー
ヴィクティファルス
エフフォーリア
オーソクレース
グラティアス
シュヴァリエローズ
ステラヴェローチェ
タイトルホルダー
ダノンザキッド
ディープモンスター
ボーデン
ヨーホーレイク
ラーゴム
ルーパステソーロ
レッドベルオーブ
ワールドリバイバル

★現在、競馬総合情報社シンクタンクを初めてご利用いただく方への特別キャンペーンを実施中!

  • verified「点数を絞って買いたい!」
  • verified「時間をかけずに予想したい!」
  • verified「買える人気薄が知りたい!」

そんな競馬ファンにオススメ!

重賞メイン特捜部が教える
『馬券候補はこの5頭!』

[先週]桜花賞(GⅠ)推奨馬
・ソダシ
・サトノレイナス
・ファインルージュ(8人気3着)

今週は!
皐月賞(GⅠ)
の馬券候補5頭を教えます!

無料会員登録はコチラkeyboard_arrow_right

競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション