THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【日阪神6R】馬なりで自己ベスト!この動きなら昇級でもいきなりから!

local_offer競馬HOTLINE

【日阪神6R】馬なりで自己ベスト!この動きなら昇級でもいきなりから!

【皐月賞2021】何の不安もなく順調

どうも、栗東の調教担当・松崎だ。

今週は、本編に入る前に、次週の皐月賞(GⅠ)に出走予定のラーゴムを取り上げたい。


CWコースの1週前追い切りでは、1勝クラスの僚馬・ララクリスティーヌと併せて、5F67秒9-11秒6の好時計で同入。

斉藤崇調教師は「折り合いが付いてとても良い追い切りができました。カイバをしっかり食べて緩さも徐々に解消しています。ここまで何の不安もなく順調に調整ができていますよ」と仕上りの良さに胸を張る。

来週は、本番でも騎乗する北村友騎手が最終追い切りに跨る予定。

混戦模様の牡馬クラシック路線の中でも、チャンスがある1頭だけに、本人としてもGⅠ制覇へ向けて気合が入るところだろう。

また、昨年は牡牝ともに非社台系から三冠馬が誕生したことで、ノーザンFとしては屈辱のクラシック無冠となった。

今年のクラシック戦線では、ラーゴムを含めたノーザンF生産馬たちの巻き返しにも大きく注目したい。

【日阪神6R】馬なりで自己ベスト!この動きなら昇級でもいきなりから!

栗東調教鉄板馬はこの1頭!

4月11日(日) 阪神6R 3歳1勝クラス
フルヴォート(牡3)
川田将雅騎手・西村真幸厩舎

4/7 栗東坂路 良 助手
[4F]53.1-38.4-25.1-12.3 馬なり

今週の栗東調教鉄板馬は、今回が2ヵ月ぶりの実戦となるフルヴォート

成長を促すために放牧に出されていた為、前走(未勝利戦)も4ヵ月ぶりだったが、レースでは好位でスムーズに折り合うと、終始、楽な手応えのまま後続を寄せ行けずに完勝

前走が1勝クラスでもと思わせる内容だっただけに、中間の追い切りに注目していたが、CWで行われた1週前追い切りに続き、坂路で行われた今週も自己ベストを叩き出した。

特に、坂路でのこれまでの自己ベスト4F53秒5-12秒3は強めに追われて出したものだったが、今週の4F53秒1-12秒3は馬なりの手応えでマークしたもの。

力強く地面を捉える前捌きは、いかにもダートの短距離馬といった動きだった。

完勝の前走時よりも中間の動きは良く、これなら昇級でもいきなりから力を出せそうだ。

競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション