THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【桜花賞2021】牝馬戦線の勢力図はいかに!?無敗の2歳女王を脅かす存在とは!?

local_offer競馬HOTLINE

【桜花賞2021】牝馬戦線の勢力図はいかに!?無敗の2歳女王を脅かす存在とは!?
✓チェックポイント

競馬HOTLINEでは、馬券に役立つ“裏ネタ"をリアルタイムで公開します!

こんにちは!
本日の競馬HOTLINEは、チームスタリオンの久美が担当します。

今週、4月11日(日)阪神11Rでは牝馬3冠競走の初戦となる桜花賞(GⅠ)が行われます。

牧場サイドとしても、馬作りにおける大きな目標となるのが3歳クラシック競走。

今年の3歳世代についても、育成当時よりノーザンFを始めとした牧場サイドの思惑を掴んできました。

実際、昨年末の阪神JF(GⅠ)では、◎○▲の3頭で1万7260円的中をお届け。

今年も、桜花賞の前哨戦では全て的中をお届けするなど、牝馬戦線の力関係を完全に掌握しています!

桜花賞

そして、桜花賞(GⅠ)は、昨年も1万2590円的中をお届けしており、近10年中7年で的中をお届けしているドル箱GⅠの一つ。

今年も、平井雄二元JRA調教師率いる【重賞メイン特捜部】によると「万馬券を狙い撃てる状況が揃った」と自信を持って臨む1戦となります!

わたしたちチームスタリオンも畠山重則元JRA調教師や、赤坂と共に、GⅠやGⅠの裏に潜む【牧場情報】の収集に努めて参ります。

この先も、シンクタンクがお届けする「本物の関係者情報」に、どうぞ大きくご期待下さいね!

【桜花賞2021】牝馬戦線の勢力図はいかに!?無敗の2歳女王を脅かす存在とは!?

今年の桜花賞(GⅠ)で、最も注目を集めることになりそうなのが、4戦4勝の無敗の2歳女王・ソダシです。

希少価値の高い白毛馬・シラユキヒメの一族で、白毛馬初のGⅠ制覇を達成。

競馬界の新たなスター候補として、実力&人気ともに断然の存在となりそうです。

ソダシ

阪神JFを制した後は「さすがに疲れていたので、しばらくリフレッシュさせてあげたい」とのことで、陣営は早々に桜花賞への直行を明言。

前走後はノーザンFしがらきへと放牧に出され、2月10日に帰厩し、約2ヶ月かけて、トレセンでジックリ乗り込まれて来ました。

ただ、ソダシにとっては牝馬3冠に向けた初戦となるだけに、どの程度の仕上がり具合で臨むのか、直前まで見極めることが重要になりそうです。

アカイトリノムスメ

今年のチューリップ賞、フィリーズレビューといった桜花賞前哨戦は、阪神JFでソダシに敗れている馬たちが勝利を挙げており、牝馬戦線の勢力図は大きくは動いていない印象もあります。

そんな中、阪神JF組とは未対戦で、3連勝でこのレースに臨むのが、3冠牝馬アパパネの産駒・アカイトリノムスメです。

鞍上には、昨年の関東リーディングを奪取し、ノリにノっている横山武史騎手を起用。

前走で騎乗した戸崎圭太騎手サイドも「デビュー当初は非力で頼りなかったけど、3歳になってかなり成長してきた。コレは楽しみ」と成長力を評価しており、一気に上位勢を脅かすシーンがあっても不思議はありません。

その他にも、直行組と前哨戦組の勝負度合いの差や、表向きには出回らない「陣営の本気度」が的中に直結していくのが、GⅠ競走の特徴と言えます。

【シンクタンクメンバーズ】へとご参加頂いた会員様には、直前まで情報を精査した上で、平井雄二元JRA調教師率いる重賞メイン特捜部が自信を持ってお届けする【桜花賞の最終結論】を始めとした厳選勝負買い目をお届けします!

サイト内では、週中に競馬関係者から入手した情報を【競馬HOTLINE】【裏ネタ馬券作戦】の項目にて続々とお届けしますので、お見逃しのないようにご注意下さいね!

競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション