THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【スプリングS2021予想】好走に欠かせない追い切りパターンは?調教班のイチオシ馬は必見!

local_offer競馬HOTLINE

【スプリングS2021予想】好走に欠かせない追い切りパターンは?調教班のイチオシ馬は必見!

★現在、競馬総合情報社シンクタンクを初めてご利用いただく方への特別キャンペーンを実施中!

  • verified「点数を絞って買いたい!」
  • verified「時間をかけずに予想したい!」
  • verified「買える人気薄が知りたい!」

そんな競馬ファンにオススメ!

重賞メイン特捜部が教える
『馬券候補はこの5頭!』

[先週]中山牝馬S(GⅡ)推奨馬
・ランブリングアレー(7人気1着)
・ロザムール(5人気2着)
馬連6440円決着!!
[先週]フィリーズR(GⅡ)推奨馬
・シゲルピンクルビー(8人気1着)
・ヨカヨカ(2人気2着)
馬連4070円決着!!

今週は!
スプリングS(GⅡ)・阪神大賞典(GⅡ)
の馬券候補5頭を教えます!

無料会員登録はコチラkeyboard_arrow_right
チェックポイント

競馬HOTLINEでは、馬券に役立つ“裏ネタ"をリアルタイムで公開します!

調教班チーフ・富田が注目馬をピックアップ!


調教班チーフ富田です。よろしくお願いします。

先週末(3/13.14)は全国的に雨で馬場が悪化。今週のピックアプレースが行われるスプリングSの中山も土曜日は不良、日曜日は重で行われました。

今週末もどんな馬場状態で行われるかで、先週の傾向が当て嵌まるのかが変わってくるでしょうが、参考になる点は多々あるでしょうから、まずはそちらの調教を振り返ってみます。

○○の重要性が増してきた

先週の中山芝レースは土日各5鞍、計10鞍行われました。好走馬(1~3着)の最終追い切りコースは以下の通りです。

【最終追い切りコース】
坂路  4勝2着3回3着5回
CW、W 6勝2着7回3着3回
C    0勝2着0回3着2回

今開催の前半はトラック追い切りが優勢との結果で出ていましたが、先週は若干上回ったくらいで、坂路追い切りの好走も増えています。

続けて中間の調整過程は以下の通り。

【調教過程】
坂路のみ   2勝2着2回3着4回
トラックのみ 1勝2着1回3着0回
併用     7勝2着7回3着6回

トラック追い切りの好走が多いにも関わらず、中間にトラックのみで調整されてきた馬の好走が少なく、坂路のみの調整よりも劣っています。

総数が多いとは言え好走の大半が併用馬ですから、最終追い切りコースに関わらず坂路、トラックどちらも課しているのが望ましいと言えます。

開催前半の傾向から考えると、坂路の重要性が増してきたと推測しますが、実際に坂路のみで勝利、3着の各2頭は日曜日、トラックのみで好走した2頭は土曜日でした。

スプリングSでは圧倒的に……!

次は過去5年のスプリングS好走馬の好走調教パターンを見ていきます。

【最終追い切りコース】
栗東坂路 0勝2着2回3着0回
栗東CW  0勝2着1回3着1回
美浦南W 5勝2着2回3着4回

関東馬が5連勝中ということもあり、主流である美浦南Wが圧倒的に好成績

関西馬は坂路でもCWでも好走馬が出ているので、これだけでは坂路の必要性が低いとは言い切れません。調整過程も見ていきます。

【調整過程】
坂路のみ   0勝2着1回3着0回
トラックのみ 3勝2着1回3着3回
併用     2勝2着3回3着2回

トラックのみ、併用がほぼ五分ではあるものの、総数を考えればトラックのみの方が優勢と言えるでしょう。また、坂路のみの好走は2019年2着ファンタジストだけです。

過去5年から導き出された結論は、関東馬であれば美浦南W追い切りで、関西馬はトラック調教が必須となります。

エフフォーリア

☆坂路のみで好走したファンタジストは例外パターン。

調教班が選ぶ好走期待馬はこの馬!

調教班特注馬

ヴェイルネビュラ(牡3)
戸崎圭太騎手・大竹正博厩舎

3/17 美浦南W 良 戸崎
[5F] 67.2-51.0-37.3-13.0 馬なり

出走予定の関西馬は全て併用馬で好走条件をクリアするものの、やはり過去5年で5勝と圧倒的な成績を誇る関東馬で好走調教パターンに合致する馬から推奨を選ぶべきだと考えました。

大前提として最終追い切りが美浦南Wであること、そして先週の傾向を加味して坂路調教が課されている併用馬であることを条件にすると、以下の馬が合致しました。

【該当馬】

アールバロン
ヴェイルネビュラ
ボーデン
レインフロムヘヴン


そして、前段落では触れませんでしたが、過去5年の好走馬の多くに共通する追い切りパターンがあることを発見しました。それは、最終追い切りがジョッキー騎乗だったことです。レース騎乗の有無に関わらず3勝2着3回3着5回と好走馬の大半を占めています。

付け加えると、1週前にもジョッキーが騎乗しなかった馬の好走は2016年マウントロブソン、2018年ステルヴィオ(ともに1着)だけです。ジョッキーが事前にコンタクトを取っておくことが、好結果に繋がっている様子。実は、今年も出走馬の多くが当週、もしくは1週前追い切りにジョッキーが騎乗しています。

上記該当馬で最終追い切りにジョッキーが騎乗したのはヴェイルネビュラのみ。なお、1週前にも騎乗しており2週連続乗っています。

今週は3頭併せで2頭を追い駆ける形で若干遅れはしたものの、戸崎騎手からは「順調に動けています」と不満はない様子でしたし、大竹調教師も「先週よりも動きが良くなっているし、掛かるところもなかった。いい状態で出せそう」とのこと。仕上げに抜かりなしとジャッジして良さそうです。

★現在、競馬総合情報社シンクタンクを初めてご利用いただく方への特別キャンペーンを実施中!

  • verified「点数を絞って買いたい!」
  • verified「時間をかけずに予想したい!」
  • verified「買える人気薄が知りたい!」

そんな競馬ファンにオススメ!

重賞メイン特捜部が教える
『馬券候補はこの5頭!』

[先週]中山牝馬S(GⅡ)推奨馬
・ランブリングアレー(7人気1着)
・ロザムール(5人気2着)
馬連6440円決着!!
[先週]フィリーズR(GⅡ)推奨馬
・シゲルピンクルビー(8人気1着)
・ヨカヨカ(2人気2着)
馬連4070円決着!!

今週は!
スプリングS(GⅡ)・阪神大賞典(GⅡ)
の馬券候補5頭を教えます!

無料会員登録はコチラkeyboard_arrow_right

データ班チーフ・三崎が攻略ポイントをあぶり出す!


こんにちは!データ班の三崎です。

今週は平地重賞が4つありますが、ピックアップレースはスプリングS

このレースと前日の若葉Sでトライアルは終了。来週に毎日杯もありますが、ほぼ皐月賞の勢力図が見えてくることになりますね。

去年は6番人気ガロアクリーク、一昨年は10番人気エメラルファイトが勝利と、2年続けて伏兵の穴馬が勝利していますが、果たして今年はどうなるのか!?

データから探って参りたいと思います!

2019スプリングS

☆一昨年は23万馬券の特大万馬券決着に!!

奇数が良くて偶数がダメ!?

まずは恒例の人気別成績が、今回のデータは中山施行の2012年から過去9回を対象としています。

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2-5-1-1 22.2% 77.8% 88.9%
2番人気 0-1-2-6 0.0% 11.1% 33.3%
3番人気 2-2-0-5 22.2% 44.4% 44.4%
4番人気 1-0-1-7 11.1% 11.1% 22.2%
5番人気 2-1-0-6 22.2% 33.3% 33.3%
6番人気 1-0-2-6 11.1% 11.1% 33.3%
7番人気 0-0-1-8 0.0% 0.0% 11.1%
8番人気 0-0-0-9 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 0-0-0-9 0.0% 0.0% 0.0%
10人気下 1-0-2-34 2.7% 2.7% 8.1%


1番人気が僅かに2勝となっていますが、2着5回3着1回と連対率、複勝率は非常に優秀で、着外が1回しかありません。その着外も2017年に4着だったサトノアレスで、馬券軸としてはかなり信頼できると言えます。

一方、不振なのが2番人気で2着1回3着2回、当然ながら1、2番人気同士でのワンツー決着はありません。

その後の人気を上位から追っていくと、3番人気は2勝2着2回、5番人気2勝2着1回と奇数人気が好調で、偶数人気がなぜか不振という結果に。ただ、6番人気以下で勝った2頭は偶数人気でした。

基本的には5番人気以内を軸に考えるのがベターでしょうが、2年で続けて6番人気以下が勝っているので、傾向が変わってきている可能性があることも頭に入れておいた方が良いでしょう。

『3~5』がホットスポット!

次はキャリア別成績を見ていきます。

キャリア 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1戦 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%
2戦 1-1-0-10 8.3% 16.7% 16.7%
3戦 1-4-2-18 4.0% 20.0% 28.0%
4戦 4-3-3-25 11.4% 20.0% 28.6%
5戦 2-1-2-10 13.3% 20.0% 33.3%
6戦 1-0-1-10 8.3% 8.3% 16.7%
7戦上 0-0-1-16 0.0% 0.0% 5.9%


キャリア1戦、すなわち新馬戦勝ち直後の参戦は2頭しかいませんがいずれも着外。

7戦以上も2013年3着マイネルホウオウしか好走例がありません。後にNHKマイルCを勝つ馬なので、今年該当するヴィゴーレビゾンテノブファロも好走するようならば、レース後も覚えておいた方がいいかもしれませんね。

連対率では3~5戦の連対率が五分でホットスポットと言るでしょう。特にとなると、4勝2着3回3着3回と好走数が多い4戦が注目でしょう。

前走1着が望ましいものの……

キャリアに関連しますが、前走クラス別成績を見ていきます。

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
新馬 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%
未勝利 0-0-0-7 0.0% 0.0% 0.0%
1勝 6-3-3-31 14.0% 20.9% 27.9%
OP 0-0-3-7 0.0% 0.0% 30.0%
G3 1-3-1-31 2.8% 11.1% 13.9%
G2 0-0-1-4 0.0% 0.0% 20.0%
G1 2-3-1-6 16.7% 41.7% 50.0%


最も高いのはGⅠ組ですが、今年は該当馬がいません。次いで高いのが1勝クラス組で、半数以上の6勝を挙げており、2着3回3着3回と最も好走馬を多く出しています。しかも、この6勝は近7年(2014年以降)のもので、そこからは毎年連対馬を出しています。現在の主流は1勝クラス組と考えていいでしょう。

オープン特別組は3着3回と馬券になるものの連対例はなし。ヴェイルネビュラにとっては割引となるデータとなってしまいます。

もっと注目すべきは未勝利組も全く馬券になっていないということ。新馬組も同様ですから、すなわち初勝利直後の馬は全く馬券になっていません。今年も該当馬がいますが、有力馬の1頭と目されるボーデンにとっては超えなければならない大きなデータの壁となりそうです。

では、前走1着馬がダメなのか?着順別成績もチェックしておきましょう。

前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1着 6-6-4-37 11.3% 22.6% 30.2%
2着 1-2-4-12 5.3% 15.8% 36.8%
3着 1-0-0-4 20.0% 20.0% 20.0%
4着 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0%
5着 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
6~9着 0-0-0-13 0.0% 0.0% 0.0%
10着下 0-0-0-8 0.0% 0.0% 0.0%


前走1着馬は6勝2着6回3着4回と、あらゆる数字でトップとなっています。つまり、1勝クラス以上のレースを勝利しているのが望ましいということですね。

また、前走5着以下の馬は全て着外ですから、該当する馬はデータからバッサリと切ることができます。

データ班が選ぶ好走期待馬はこの馬!

データ班推奨馬

ロードトゥフェイム(牡3)
木幡巧也騎手・尾形和幸厩舎

ここまでのデータを総合すると、キャリア3~5戦、前走1勝クラス以上、前走1着馬に全てクリアする馬が望ましいと言えるでしょう。

今年該当するのは、レインフロムヘヴン、ワールドリバイバル、そして我々の推奨馬ロードトゥフェイムの3頭。

なぜこの馬を選択したかと言うと、前走の戦法に答えがあるんです。

前走4角1番手、すなわち逃げた馬は[0.3.1.13]と勝利しておらず、前走で逃げていた2頭はこのデータに該当してしまいます。

また、スプリングSでも4角1番手だった馬が[1.1.0.7]で、1勝は2015年キタサンブラックで、この馬は3角まで2番手でした。純粋にスタートからハナを切った馬で好走したのは2016年2着マイネルハニーのみなんです。

中山は3戦して2勝3着1回と好相性、週末の天気は下り坂との予報も出ていますが、道悪実績もあって渋化は問題なしなので、どんな条件になっても好勝負が期待できるのではないでしょうか。


【平井雄二のレース展望】トライアル以上の意味を持つレース

3着に優先出走権が与えられるトライアルとして位置づけされているが、それ以外にも重要な意味をもつレースとなっている。

ひとつは、このレースが終了すれば皐月賞に向けての勢力図がおおよそ見えてくること。

そして、1800mという条件からNHKマイルカップを見据えた馬も参戦してくるため、3歳マイル路線を把握する上でも注目となること。

今後のGⅠ戦線を占う重要な1戦なのだ。

競馬ファンが頭を悩ます理由

そのため、各陣営の思惑も様々

GⅠ出走の賞金を十分に持っている馬であれば本番前の叩き台となり、何としても皐月賞に出たい馬であれば「最低でも3着」と優先出走権獲得が最大の目標となる。

クラシックかマイルか路線を決めかねている馬にとっては判断する1戦となるし、重賞初参戦で「ココが試金石」とチャレンジャーで挑む馬もいる。

こうした本音をわざわざ世間に知らしめる必要がないため、関係者が新聞社など一般のマスコミに語るのは建前のコメントだけであり、当然ながら競馬ファンに伝わる情報も表の部分だけ。ただでさえ、春の3歳戦はキャリアが浅い馬も参戦し、データを含めて世間に出回る情報が少ない。

事実、近5年で1番人気が勝ったのは1度だけ、去年は6番人気ガロアクリーク、一昨年は10番人気エメラルファイトといった伏兵が勝利しており、競馬ファンにとっては難解なレースとなっている。

難解と言われるレースこそお任せあれ!

こうした思惑が複雑なレースであればあるほど、我々シンクタンクの情報力がモノを言うことになる。シンクタンクには、ハイセイコーで同レースを勝利している増沢末夫を筆頭に名馬に携わった元調教師、元騎手、その他にも大物と言われる関係者たちが情報ルートとして在籍しており、どの陣営からも本音を聞き出すことができ、思惑をしっかりと把握することができる。

また、我々、重賞メイン特捜部が重賞に特化して情報収集、データ分析を行っているので、精度の高い情報をお伝えできる。

今年の重賞でも数々の的中をお伝えしているが、同じ3歳重賞の共同通信杯では4番人気エフフォーリアを確勝級とジャッジして、3連単1着固定で6万7820円的中を掴み獲っている。

エフフォーリア

☆共同通信杯を完勝した当社本命馬エフフォーリア


【本物の関係者情報】さえあれば、世間では難解なレースと言われていても的中させることは難しくないのだ。

重賞の馬券検討に役立つ情報は週中より公開していくが、【最終結論】はレース当日にメンバー限定で公開する。今週はスプリングS、阪神大賞典、フラワーC、ファルコンSの4重賞と盛りだくさん。いずれもお見逃しなく。

特別登録メンバー

アサマノイタズラ
アールバロン
イルーシヴパンサー
ヴィクティファルス
ヴィゴーレ
ヴェイルネビュラ
オンザライン
セルジュ
タイフォン
ニシノオイカゼ
ノースザワールド
ビゾンテノブファロ
ボーデン
ランドオブリバティ
レインフロムヘヴン
ロードトゥフェイム
ワールドリバイバル

競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション