THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【土阪神12R】最終追いが坂路なのは気性面が成長した証!

local_offer競馬HOTLINE

【土阪神12R】最終追いが坂路なのは気性面が成長した証!
✓チェックポイント

競馬HOTLINEでは、馬券に役立つ‟裏ネタ”をリアルタイムで公開します!

【中山牝馬S】右回り+GⅢのメンバーでどのような走りができるか

どうも、栗東の調教担当・松崎だ。

まずは、3月13日(土)の中山牝馬S(GⅢ)に出走を予定しているリアアメリアの2週前追い切りを取り上げたい。


25日には、今回から新コンビを組む福永騎手がCWコースで感触を確かめ、馬なりの手応えで6F82秒6-12秒2の好時計をマークし、豪快に駆け抜けた。

「噛んで行くのはいつものこと。ボリューム感が出て体に見合った体型になってきたかな」と同馬を担当する片山助手は馬体の成長に目を細めており「レースの前に、もう一度稽古に乗ってもらうつもりでいる」と新コンビに熱視線を送っていた。

このタイミングでの乗り替わりは、関係者がリアアメリアの能力を見限っていない証拠とも言える。

最終追い切りの動きも含め、直前の気配までしっかり見極めていきたい。

【土阪神12R】最終追いが坂路なのは気性面が成長した証!

栗東調教鉄板馬はこの1頭!

2月27日(土) 阪神12R 4歳以上2勝クラス
スマートクラージュ(牡4)
藤井勘一郎騎手・池江泰寿厩舎

2/24 栗東坂路 良 助手
[4F]52.5-38.3-24.8-12.2 強め

今週の栗東調教鉄板馬は、8ヶ月ぶりの実戦に向けて入念に乗り込まれてきたスマートクラージュ

CWコースで行われた1週前追い切りでは、中山記念に出走する僚馬・クラージュゲリエに先着。

また、14日の坂路では4F52秒7-12秒3の好時計を馬なりでマークしている。

綺麗な加速ラップを踏んだ24日の最終追い切りも素晴らしい動きだったが、重要なポイントは、最終追い切りの場所が坂路だったこと。

スマートクラージュは、矯正力の強いリングハミを使用しながら、新馬戦で調教再審査になるほどの若さを見せてしまった過去がある。

川田騎手から藤井騎手へ乗り替わったのは、オーナーサイドから「危なくて良いジョッキーは乗せられない」というお達しがあったからで、川田サイドとしては「先々は戻して欲しいと思っている」との話もあったという。

近3走の最終追い切りがCWだったのは、気性が幼く、ハミ受けが悪かったため、実戦に近い形の追い切りをコースで経験させたかったからだろう

長期休養明けの今回は、坂路でしっかり追えるようになっており、心身共に成長が伺える状態。短距離路線ではまだまだ上を目指せる器だけに、2勝クラスならイキナリから通用して良さそうだ。

競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション