THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【阪急杯2021】例年以上の豪華メンバーが集結!今年の短距離路線に渦巻く大牧場の思惑とは!?

local_offer競馬HOTLINE

【阪急杯2021】例年以上の豪華メンバーが集結!今年の短距離路線に渦巻く大牧場の思惑とは!?
✓チェックポイント

競馬HOTLINEでは、馬券に役立つ“裏ネタ"をリアルタイムで公開します!

こんにちは!
本日の競馬HOTLINEは、チームスタリオンの久美が担当します。

関東では、今週から中山開催がスタート!

開幕週と言えば、昨年も社台系6歳牝馬・ソウルスターリング引退情報を掴んでいた中山記念で、1万2020円的中(3/1中山11R)をお届けするなど、万馬券的中が続出した絶好の儲け処として知られています!

中山記念

そして、3月競馬と言えば、年間で最も多くの重賞競走が組まれる【重賞多発地帯】としてもお馴染みです。

平井雄二元JRA調教師率いる重賞メイン特捜部は、先日の共同通信杯で6万7820円的中(2/14東京11R)、日経新春杯では馬連5万8060円的中&11万2200円的中(1/17中京11R)をお届け!

そして、先週行われた今年最初のGⅠ・フェブラリーSでも、8番人気馬◎ワンダーリーデルから2万4940円的中(2/21東京11R)を仕留めており、今年もその情報力を遺憾なく発揮しています!

この先の重賞多発地帯でも「何としても賞金を加算しなくてはいけない」「GⅠでは足りないからココで大ヤリ」といった、前哨戦ならではの“裏ネタ”が、面白いように的中に直結していくことが濃厚です!

わたしたちも、畠山先生(畠山重則元JRA調教師)や、赤坂と共に、引き続き【牧場情報】の収集に努めて参りますので、どうぞ楽しみにお待ち下さいね!


【阪急杯2021】例年以上の豪華メンバーが集結!今年の短距離路線に渦巻く大牧場の思惑とは!?

2月28日(日)阪神11Rでは阪急杯(GⅢ)が行われます。

今年の阪急杯には、例年以上の豪華メンバーが集結した印象。

2019年の最優秀短距離馬インディチャンプ、2019年の2歳女王レシステンシア、昨年の阪神カップを制したダノンファンタジーといったGⅠ馬たちが、出走予定馬に名を連ねています。

ノーザンF

そして、上記のGⅠ馬3頭はいずれもノーザンF生産馬というのも注目すべき点でしょう。

昨年の最優秀短距離馬に輝いたノーザンF生産馬グランアレグリアは、今春、芝2000mの大阪杯で始動予定となっています。

昨年、ノーザンFの総大将・アーモンドアイが引退を迎え、その後の路線を背負う存在として中距離に挑戦する形となりましたが、グランアレグリアが抜けた分、より一層、ノーザンF勢が短距離路線の層を厚くしてきた印象も受けますね。

特に、インディチャンプはこのレースの結果次第では、高松宮記念(GⅠ)への参戦も予定しているとの話。

インディチャンプ

昨年もスプリンターズSへの参戦プランがありながら、一頓挫あって回避した経緯があるだけに、再度のスプリント王挑戦に向けて、前哨戦から高いパフォーマンスが期待できそうです。

【シンクタンクメンバーズ】へとご参加頂いた会員様には、直前まで情報を精査した上で、阪急杯や中山記念を始めとした厳選勝負買い目をお届けしています!

サイト内では、週中に競馬関係者から入手した情報を【競馬HOTLINE】【裏ネタ馬券作戦】の項目にて続々とお届けしますので、お見逃しのないようにご注意下さいね!

競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション