THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【東京新聞杯2021】今の東京芝に最適な調教過程とは!?調教班の推奨馬を公開中!

local_offer競馬HOTLINE

【東京新聞杯2021】今の東京芝に最適な調教過程とは!?調教班の推奨馬を公開中!

★現在、競馬総合情報社シンクタンクを初めてご利用いただく方への特別キャンペーンを実施中!

  • verified「点数を絞って買いたい!」
  • verified「時間をかけずに予想したい!」
  • verified「買える人気薄が知りたい!」

そんな競馬ファンにオススメ!

重賞メイン特捜部が教える
『馬券候補はこの5頭!』

[先週]シルクロードS(GⅢ)推奨馬
・シヴァージ(4人気1着)
・ライトオンキュー(3人気2着)
・ラウダシオン(2人気3着)
推奨馬で馬連2320円決着!

今週は!
東京新聞杯(GⅢ)・きさらぎ賞(GⅢ)
の馬券候補5頭を教えます!

無料会員登録はコチラkeyboard_arrow_right
チェックポイント

競馬HOTLINEでは、馬券に役立つ“裏ネタ"をリアルタイムで公開します!

調教班チーフ・富田が注目馬をピックアップ!


今週も『調教分析』は富田が担当致します。

ピックアップレースの東京新聞杯が行われる東京開催は開催2週目を迎えます。

まずは前週の芝レース全10鞍の好走馬(1~3着)の調教から、今の馬場に適したパターンを探って参ります。

バランスの取れた調教が良し

始めは最終追い切りのコースから。

【最終追い切りコース】
坂路   4勝2着3回3着2回
CW、W 5勝2着7回3着5回
芝    0勝2着0回3着1回
P    1勝2着0回3着2回

数字的にはトラック追い切りが若干上回っていますが、美浦では坂路追い切りより美浦南Wでの追い切りが多いため、ほぼ五分、坂路が健闘していると考えることもできます。

続けて【調教過程】を見ていきます。

【調教過程】
坂路のみ   1勝2着2回3着1回
トラックのみ 1勝2着2回3着2回
併用     8勝2着6回3着7回

総数が多いとは言え、好走は併用馬に偏っています

先週は週中に雨と雪が降った影響もありましたが、開幕週らしく軽めの馬場で好時計も出ていました。タフな東京コースはスピード一辺倒で克服するのはなかなか難儀ですから、バランスの良い調教をしているのが望ましいのでしょう。

過去5年にはハッキリとした傾向が!

今度は過去5年の東京新聞杯の調教パターンを見ていきます。

【最終追い切りコース】
栗東坂路 4勝2着1回3着2回
栗東CW  0勝2着1回3着0回
美浦坂路 0勝2着0回3着1回
美浦南W  1勝2着3回3着2回

注目は関西馬の好走が坂路追い切りに圧倒的に偏っていることです。短距離であればこうしたパターンもあるのですが、マイル戦でここまでハッキリとした傾向が出るのはなかなかありません。

続けて【調整過程】もチェックしておきましょう。

【調整過程】
坂路のみ   4勝2着0回3着1回
トラックのみ 0勝2着1回3着2回
併用     1勝2着4回3着2回

この数字からわかるように、坂路追い切りで勝利した4頭は全て坂路のみの調整。また、併用馬も詳しく見ていくと、2019年2着レッドオルガ、2017年3着エアスピネルは中間CW1本のみでほぼ坂路調整でした。

過去のレース結果からは、関西馬は最終追い切り坂路が大前提、併用馬の活躍が多いことから関東馬もトラック追い切りで坂路調教は必須ということがわかりました。

該当馬

カテドラル
サトノアーサー
サトノインプレッサ
ダイワキャグニー
トライン
トリプルエース
ロードマイウェイ

調教班が選ぶ好走期待馬はこの馬!

調教班特注馬

カテドラル(牡5)
田辺裕信騎手・池添学厩舎

2/3 栗東坂路 重 助手
[4F] 55.1-39.9-25.4-12.0 馬なり

過去の結果のみを重視するならば栗東坂路のみで調整されてきた馬を選ぶべきでしょうが、先週の結果からは併用馬が望ましいという傾向が出ていることを考えると、栗東坂路追い切りの併用馬が最も適しているのでは……と推測し、唯一の該当馬であるカテドラルを選びました。

カテドラル

坂路主体でCWでの追い切りを1、2本というのがこの馬の基本調整パターンであり、今回も同様。日曜日(1/31)にCWで一杯に負荷をかけて追い切ったので、水曜日は坂路で終いを伸ばす程度で、しっかりと溜めをきかせていました。これは、前走は先行して上手くいかなかった反省を生かしてのことでしょう。

先週のレースを見ると外からの差しも決まっていましたから、馬場傾向が変わらず、この馬本来の終いの脚を発揮できれば、巻き返す可能性はあると見ています。

★現在、競馬総合情報社シンクタンクを初めてご利用いただく方への特別キャンペーンを実施中!

  • verified「点数を絞って買いたい!」
  • verified「時間をかけずに予想したい!」
  • verified「買える人気薄が知りたい!」

そんな競馬ファンにオススメ!

重賞メイン特捜部が教える
『馬券候補はこの5頭!』

[先週]シルクロードS(GⅢ)推奨馬
・シヴァージ(4人気1着)
・ライトオンキュー(3人気2着)
・ラウダシオン(2人気3着)
推奨馬で馬連2320円決着!

今週は!
東京新聞杯(GⅢ)・きさらぎ賞(GⅢ)
の馬券候補5頭を教えます!

無料会員登録はコチラkeyboard_arrow_right

データ班チーフ・三崎が攻略ポイントをあぶり出す!


データ班の三崎です。今週もよろしくお願いします!

今週のピックアップレースは東京新聞杯。過去の勝ち馬を見るとGⅠ馬が並んでいて出世レースにもなっています。

そうなると、別定戦ですし馬券も平穏なのでは……と思いがちですが、データを調べるとまるで違った傾向が出てきます。

最初は恒例の過去10年の人気別成績を見ていきましょう!

複勝率70%の◯番人気は外せない!?

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 1-0-2-7 10.0% 10.0% 30.0%
2番人気 1-0-2-7 10.0% 10.0% 30.0%
3番人気 3-1-0-6 30.0% 40.0% 40.0%
4番人気 1-1-2-6 10.0% 20.0% 40.0%
5番人気 2-3-2-3 20.0% 50.0% 70.0%
6番人気 0-3-0-7 0.0% 30.0% 30.0%
7番人気 0-1-1-8 0.0% 10.0% 20.0%
8番人気 2-0-0-8 20.0% 20.0% 20.0%
9番人気 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
10人気下 0-0-1-58 0.0% 0.0% 1.7%


1番人気の連絡みは2018年勝ち馬のインディチャンプのみで3着も2回と大苦戦。2番人気も2013年勝ち馬クラレントのみが連対馬で3着2回と同様の数字になっています。当然、ワンツー決着はありませんし、1、2番人気がどちらも馬券になった年もありません

上位人気で好調なのが3番人気で3勝2着1回と勝ち星ではトップ。不思議と好走率が高いのが5番人気で2勝2着3回2着2回と、連対率50%で複勝率は70%にも及びます。6番人気も2着3回と好走しているので、ホットスポットは5、6番人気となりますね。

さらに人気がない方に目を向けてみると、二桁人気は2016年3着馬のマイネルアウラート(11番人気)しか好走がありません。この辺りはGⅠ馬も出ているレースと言ったところでしょうか。3連単は毎年万馬券決着、10万超えも3回ありますが、極端な穴馬から狙えるレースではありません。

連続記録を延ばすことができるか?

次に年齢別成績を見ていきましょう。

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4歳 4-4-4-26 10.5% 21.1% 31.6%
5歳 2-4-5-29 5.0% 15.0% 27.5%
6歳 4-1-0-27 12.5% 15.6% 15.6%
7歳 0-1-1-26 0.0% 3.6% 7.1%
8歳 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%


8歳馬は全く馬券になっておらず、7歳馬も2着1回、3着1回と苦戦傾向。今年は高齢馬の中にもダイワキャグニーなどもいますが、年齢からは積極的には手が出し辛いところ。

4~6歳馬は万遍なく好走馬が出ていますが、勝数トップタイ、連対数トップの4歳馬が数字的にはやや抜けていますね。しかも、4勝中3勝は近5年のことですし、現在4年連続連対馬を出しています。

今年の該当馬サトノインプレッサトリプルエースはこの記録を延ばすことができるのかにも注目です。

とにかく◯◯は押さえておきたい!

続けて前走のクラス別成績を見ることにします。

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3勝 2-1-0-6 22.2% 33.3% 33.3%
OP 1-4-1-41 2.1% 10.6% 12.8%
G3 1-4-4-40 2.0% 10.2% 18.4%
G2 1-0-4-13 5.6% 5.6% 27.8%
G1 5-1-1-17 20.8% 25.0% 29.2%


出走数こそ少ないものの、3勝クラスを勝ち上がってきた馬が2勝2着1回と高い確率で善戦しています。勝ち馬2頭は2019年インディチャンプと2015年ヴァンセンヌで、どちらも阪神芝1600mの元町Sからの参戦でした。

なお、前者の活躍は言うまでもなく、後者も同年安田記念2着と好走しましたから、この臨戦過程で勝つようならGⅠレベルと言えるかもしれません。今年、3勝クラスからの臨戦はカラテのみですが、もし勝つようなことになれば、今後も追いかける価値はありそうですね。

もっとも勝ち馬は出しているのは、やはり実力馬の参戦が多いGⅠ組ですが、レース別成績を細かく見てみましょう。

前走レース 着別度数 勝率 連対率 複勝率
エリザベス 3-0-0-1 75.0% 75.0% 75.0%
マイルCS 2-0-1-12 13.3% 13.3% 20.0%
元町S 2-0-0-1 66.7% 66.7% 66.7%
ニューイヤ 1-3-1-15 5.0% 20.0% 25.0%
京都金杯 1-2-3-25 3.2% 9.7% 19.4%
阪神C 1-0-4-7 8.3% 8.3% 41.7%
中山金杯 0-1-1-3 0.0% 20.0% 40.0%
キャピタル 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
ターコイズ 0-1-0-1 0.0% 50.0% 50.0%
常総S 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%
菊花賞 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%


最も連対馬を出しているの4連対のニューイヤーS、最も馬券になっているのが京都金杯ですが、4頭しか出走していないにも関わらず3勝しているエリザベス女王杯がひと際目立ちます。

そもそも全体数でも

牡、セン馬[6.8.10.109]
牝馬[4.2.0.10]

と、牝馬が高確率で好走しているレース。去年も牝馬のワンツー決着でしたし、データからはとにかく牝馬は押さえておいて損はなさそうです。

データ班が選ぶ好走期待馬はこの馬!

データ班推奨馬

シャドウディーヴァ(牝5)
岩田康誠騎手・斎藤誠厩舎

特別登録で牝馬のエントリーは2頭、どちらもエリザベス女王杯からの参戦となりますが、サムシングジャストは京都牝馬S(2/20)に向かうようなので、そうなると紅一点のシャドウディーヴァが推奨となります。

シャドウディーヴァ


前走は8着に終わっていますが、過去に好走したエリザベス女王杯組は2018年リスグラシューが8着、2016年スマイトレイアーが5着、2014年ホエールキャプチャが6着と凡走から巻き返しています。

唯一、馬券になっていない2013年スマートシルエットは16着からの臨戦で、東京新聞杯は前走1秒以上負けている馬が[0.1.1.37]と苦戦しています。大敗していなければ割引にはなりません。

そもそも去年2着と好走していますし、他にも府中牝馬S、フローラSで2着と東京は得意とする舞台。好走データが揃う今年も期待できそうです。

★現在、競馬総合情報社シンクタンクを初めてご利用いただく方への特別キャンペーンを実施中!

  • verified「点数を絞って買いたい!」
  • verified「時間をかけずに予想したい!」
  • verified「買える人気薄が知りたい!」

そんな競馬ファンにオススメ!

重賞メイン特捜部が教える
『馬券候補はこの5頭!』

[先週]シルクロードS(GⅢ)推奨馬
・シヴァージ(4人気1着)
・ライトオンキュー(3人気2着)
・ラウダシオン(2人気3着)
推奨馬で馬連2320円決着!

今週は!
東京新聞杯(GⅢ)・きさらぎ賞(GⅢ)
の馬券候補5頭を教えます!

無料会員登録はコチラkeyboard_arrow_right

【平井雄二のレース展望】一線級の素質馬が出走する理由とは!?

近年もインディチャンプ、リスグラシューと後のGⅠ馬が勝ち馬に名を連ねているように、冬場のGⅢにも関わらず、一線級の素質馬が出走するレースとなっている。

海外遠征が多くなりレース選択の幅が広がったため、そのステップとしての出走というケースもあるが、大半の古馬マイラーにとっては安田記念、牝馬であればヴィクトリアマイルが春の大目標になるということが深く関わっている。

なぜなら、その後も安田記念、ヴィクトリアマイルに向けての前哨戦はいくつかあるものの、同じ東京マイルで行われる古馬の重賞がないから。

本番と同じ舞台を経験しておくことは、後々の強みになることは言うまでもない。一線級の素質馬が出走するのには、このような陣営の思惑が存在するのだ。

一連の思惑や裏事情を知っている関係者には、東京新聞杯は今後を占う上で注目のレースとなっている。

我々だからこそジャッジが下せる!

しかし、出走する全馬が先を見据えて参戦しているわけではない。

「GⅠだと足りないけどベスト条件のGⅢなら勝負になる」
「今後のために賞金加算をしておきたい」

メイチで勝ちに来ている陣営も存在する。

試走目的の素質馬と、やや力は劣るがメイチ勝負の馬が、このレースではどちらが“買い”なのか?

世間に出回る当たり障りのない関係者コメントや、付け焼き刃の分析でジャッジするのは、まさに困難と言えよう。ましてコロナ禍、取材規制が行われており、一般的なマスメディアからは画一的な情報しか出てこない

無論、競馬界の大物OBが在籍する弊社シンクタンクは、あらゆる関係者と個人的に連絡を取っており、平時と変わらず本物の関係者情報を聞くことができる。そして、プロ集団がしっかりとレースを分析し、直前まであらゆる情報を精査してジャッジを下している

2019東京新聞杯

☆2019年は3連単1万8190円的中!

今年ののGⅠを占う1戦となり得るだけに、レース当日メンバー限定公開の【最終結論】はもちろん、週中より随時公開している情報もお見逃しなく。

特別登録メンバー

ヴァンドギャルド
ヴェロックス
エメラルファイト
エントシャイデン
カテドラル
カラテ
サトノアーサー
サトノインプレッサ
サトノウィザード
サムシングジャスト
シャドウディーヴァ
ショウナンライズ
ダイワキャグニー
トライン
トリプルエース
ニシノデイジー
プロディガルサン
ロードマイウェイ

競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション