THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【2月競馬】昨年も大金獲得者が続出!高配当集中期間へと突入!

local_offerトピックス

まもなくスタートする2月競馬は、昨年も師走&正月競馬で増やした資金を、さらに膨れ上がらせた会員様が続出する『高配当集中期間』と呼ばれる絶好の儲け処。

また、2月は競馬界にとっての年度末となり、この2月を境に引退を迎える競馬関係者も多数存在しています。

特に、2021年は騎手、調教師ともに大物たちが引退を迎えることに

栗東では、ジェンティルドンナ、ヴァーミリアンらを手掛けた石坂正調教師、キングカメハメハ、クロフネ、ダイワスカーレットらを手掛けた松田国英調教師、ウオッカ、ヴィクトワールピサを手掛けた角居勝彦調教師といった、GⅠを複数勝している名伯楽たちが、2021年2月29日をもって引退。

また、美浦では大ベテランの蛯名正義騎手が調教師試験に合格したことで、2月29日での騎手引退を発表しています。

例年、競馬関係者の引退前には

といった、特別な勝負情報【引退情報】が用意されることが恒例。

モチロン引退を迎える騎手や調教師の馬を闇雲に買えばいい」というワケではありません。

引退目前には「全然デキてないけど、テキのお気に入りの馬だから……」「引退前に乗鞍無しじゃカッコがつかないからね」との理由で記念出走するケースも多数あります。

引退を迎える競馬関係者が絡んだ勝負情報の中から、馬券になる馬をキッチリ見極める「本物の関係者情報」こそが的中のカギを握ることになります。

実際、当社は昨年2月も、新聞紙面上には報じられていなかった【引退情報】を入手し、情報通りの万馬券的中を多数お届けしています。

表向きには出回らない
競馬関係者の【引退情報】から
万馬券的中が続出!

こんな引退情報を入手していました!

11万馬券的中の立役者となったのが、新聞紙面上ではホボ無印だった、11番人気の引退情報馬・エーティーラッセン

実はこの馬、当初は2020年2月で定年引退を迎えた、四位洋文元騎手が騎乗予定だったとの極秘情報を当社情報ルートが入手。

ただ、四位騎手が減量できず、直前で藤懸騎手に乗り替わりとなったという、表向きには出回らない“裏事情”を掴んでいました。

乗り替わりとなった藤懸騎手も「とにかく状態が良かったです」と振り返ったように、引退前の数少ない重賞騎乗機会ということもあって、厩舎サイドも四位騎手のためにキッチリと馬を仕上げていました。

その結果、格上挑戦ながら、最後まで逃げ粘って3着に好走。3連単11万0680円的中に貢献する、必然の激走を果たすことになりました!

こんな引退情報を入手していました!

このレースで高配当の立役者となったのは、JRA全10場重賞制覇の記録を打ち立てた名伯楽・山内研二調教師の引退情報馬○エンシェントロア(7番人気)

マスコミの取材が手薄になるローカル開催ということもあり、某大手専門紙には「調教はやれば動く。叩き2走目と距離短縮で」という短評が乗っている程度でしたが、当社は「定年直前のこの厩舎にわざわざ入っているあたりにも穴気配」との引退情報を掴んでいました。

レースでは、何から何まで完璧な◎○1点目2140円&4万4580円的中をお届け!

また、この週は土曜日にも、2月で引退を迎える作田誠二厩舎の管理馬・デルマクリスタル(9番人気)の引退情報を掴み4万7620円的中(2/15京都1R)、プレミアム会員様限定の身内専用馬券でも引退情報馬・アポロアベリアから◎○▲の完全的中をお届け。

当社が掴んだ【引退情報】が、情報通り、予告通りの高配当的中に直結し、会員様からの大金獲得報告が続出しました!

昨年も!高配当集中期間
2月競馬から万馬券が続出!

  • 6万4680円的中
    2/15 東京6R
  • 4万7790円的中
    2/8 東京11R
  • 4万7620円的中
    2/15 京都1R
  • 4万0630円的中
    2/2 京都1R
  • 1万7250円的中
    2/16 京都5R
  • 1万4880円的中
    2/9 京都9R
  • 1万4510円的中
    2/2 東京1R
  • 1万4290円的中
    2/23 京都10R
  • 1万1580円的中
    2/22 小倉8R
  • 1万1110円的中
    2/2 東京2R
  • 1万0910円的中
    2/9 小倉7R
  • 1万0330円的中
    2/16 東京12R

高配当集中期間と呼ばれる2月競馬は、表向きには出回らない競馬関係者の【引退情報】が高配当に直結する絶好の儲け処

吉沢宗一元JRA騎手、畠山重則元JRA調教師が新規加入し、さらなる情報力強化で迎える2021年も、シンクタンクがお届けする【引退情報】にどうぞ大きくご期待下さい!

今年は、京都競馬場の改修工事や、開催予定の東京五輪の影響もあり、昨年に引き続き、例年とは異なる日程が組まれています。

その影響が、特に色濃いのがローカルの小倉開催で1月16日〜3月7日までの8週間と、異例のロングラン開催が行われることに。

開催期間が長くなるほど、馬場状態も目まぐるしく変化することになりますが、前例のない異例の開催とあれば、これまでのデータや傾向などは通用しなくなっていきます。

そんな状況だからこそ、元JRA騎手・元JRA調教師らが情報ルートとして在籍する、当社シンクタンクの業界最高峰の情報力が生きることに。

小倉開催は地元関係者と“蜜月”のドル箱開催!

当社にとって小倉は、創業当初の情報基盤を築き上げた超大物・元JRA調教師柳田次男氏の地元開催。

かつては小倉御三家とまで呼ばれた超大物・柳田氏を中心に、20年以上の長きに渡って、地元関係者たちと「蜜月」とも言える太く、根強い情報網を築き上げてきたからこそ“裏情報の宝庫”としてお馴染みのドル箱開催の一つとして知られます。

実際、2020年の小倉開催でも、新聞紙面上では報じられない“競馬関係者の裏ネタ”から、高配当・万馬券的中を多数お届けしました!

裏情報の宝庫・小倉開催から
2020年も万馬券続出!

  • 4万4580円的中
    2/16 小倉5R
  • 3万3710円的中
    8/22 小倉7R
  • 2万5040円的中
    8/29 小倉10R
  • 1万4340円的中
    1/19 小倉11R
  • 1万1580円的中
    2/22 小倉8R
  • 1万0910円的中
    2/9 小倉7R
  • 1万0840円的中
    8/15 小倉3R
  • 1万0430円的中
    9/6 小倉12R

ローカルの裏開催といえば、並行して開催している東西の主場開催と比べて、マスコミの注目度が低く、取材も疎かになるため、正確な情報が世の中に出回り辛くなります。

異例のロングラン開催となる今冬の小倉も“万馬券の宝庫”と言うべき、高配当・穴馬券を狙うには絶好の開催となることが必至の状況です!

今年も、ローカル開催の裏ネタを入手できる【プレミアム会員情報】【ローカル会員情報】の募集機会は、どうぞお見逃しの無いようにご注意下さい!

トピックス%ニュース

インフォメーション

インフォメーション