THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【エリザベス女王杯2020】先週もズバリ!調教班が“熱意”を感じ取ったイチオシ馬!

local_offer競馬HOTLINE

【エリザベス女王杯2020】先週もズバリ!調教班が“熱意”を感じ取ったイチオシ馬!

★現在、競馬総合情報社シンクタンクを初めてご利用いただく方への特別キャンペーンを実施中!

  • verified「買い目を絞って当てたい!」
  • verified「時間をかけずに予想したい!」
  • verified「買える人気薄が知りたい!」

そんな競馬ファンにオススメ!

重賞メイン特捜部が教える
『馬券候補はこの5頭!』

[土曜も]武蔵野S(GⅢ)推奨馬
・サンライズノヴァ(3人気1着)
・エアスピネル(8人気3着)
[先週]京王杯2歳S(GⅡ)推奨馬
・モントライゼ(2人気1着)
・ユングヴィ(5人気3着)

今週は!
エリザベス女王杯(GⅠ)
の馬券候補5頭を教えます!

無料会員登録はコチラkeyboard_arrow_right
✓チェックポイント

競馬HOTLINEでは、馬券に役立つ“裏ネタ"をリアルタイムで公開します!

調教班チーフ・富田が注目馬をピックアップ!


調教班チーフ富田です。今週もよろしくお願いします。

先週のアルゼンチン共和国杯は、調教班の注目馬オーソリティが勝利しました。

オーソリティ

骨折明けの復帰緒戦でしたが、最終追い切りは美浦南Wコースで現在の東京に合った調教パターンでした。また、しっかりと追われいたことが、実戦での最後の伸びにも繋がった印象です。

今週のエリザベス女王杯は例年と違い阪神開催。過去の好走馬の調教パターンのみならず、様々な角度から探って参ります。

脚質に合った調教をすることが大事

始めに過去5年のエリザベス女王杯好走馬の最終追い切りコースを見ていきましょう。

栗東坂路  3勝2着3回3着5回
栗東CW   1勝2着1回3着0回
美浦南W  1勝2着1回3着0回

3着馬は全て坂路調教馬と偏った傾向が出ていますが、連対馬に絞るとコース調教馬(CW、W)と大きな差はありません。

しかも、連対したコース調教馬の4頭中2頭は、中間もコース調教のみとなっています。

一方、坂路調教馬もコース併用だった馬は2頭だけで、他は坂路オンリーの調整でした。

京都芝2200mは長距離寄りのカテゴリーながらも、直線が平坦でスピード型の先行馬も活躍している舞台。

坂路オンリーだったクロコスミアが3年連続2着と好走していますが、坂路調教で好走した馬は先行タイプが多く、コースオンリーだったマリアライトやラッキーライラックは差して勝っています。 となると、その馬の脚質に合う調教に徹していることが大事と言えそうです。

同じ舞台の宝塚記念では……

今年は阪神芝2200mの開催ですから、同じ舞台で行われるGⅠ宝塚記念の調教パターンを、過去5年で調べてみることにしました。

栗東坂路  2勝2着1回3着2回
栗東CW   1勝2着1回3着3回
美浦南W  2勝2着2回3着0回
その他   0勝2着1回3着1回

こちらも大きな差が出ておらず、傾向はまちまちに。今年の1着馬クロノジェネシスはコースのみ、前年の1着馬リスグラシューは坂路のみと、同じ牝馬でも全く違う調教過程を踏んでいます。

では、今の阪神の馬場では、どちらの調教が適しているのかを見ていきましょう。

絞って見えた今の馬場に適した調教

先週は土日とも良馬場で行われましたので、土日計12鞍の芝レースを対象にしました。

栗東坂路  4勝2着9回3着7回
栗東CW   5勝2着3回3着3回
その他   3勝2着0回3着1回

その他に該当するのは芝、ポリトラックで、コース追い切りになります。

全体数では坂路調教が優勢となっていますが、開幕週で好時計が出ていたことを考えると納得できる結果に。

しかし、先週の12鞍は全て2000m以下、エリザベス女王杯に一番近い2000mの2鞍に絞ると違った傾向が見えてきます。

栗東坂路  0勝2着1回3着0回
栗東CW   1勝2着1回3着1回
その他   1勝2着0回3着1回

何と最終追い切りが坂路だった馬は1頭のみで、コースだった馬も坂路併用だったのは1頭のみと偏った数字に。

過去のエリザベス女王杯の傾向も踏まえて考えるに、今年はコース調教重視の馬が活躍するのでは……と推測します。

調教班が選ぶ好走期待馬はこの馬!

調教班特注馬

ラッキーライラック(牝5)
C.ルメール騎手・松永幹夫厩舎

11/11 栗東CW 良 ルメール
[5F]80.8-66.2-51.6-38.0-12.3 強め

この中間、コースオンリーの調整はノームコア、ラッキーライラック、リュヌルージュの3頭。これまでもコース主体の調教をしてきており、普段どおりの調整と言っていいでしょう。

ポイントはノームコアとラッキーライラックは札幌記念以来、リュヌルージュは七夕賞以来と、3頭とも夏競馬以来の休み明けになることです。

最終追い切りまでに時計を出した本数を比較すると、

ノームコア      6本
ラッキーライラック 10本
リュヌルージュ    7本

と差があります。

量を十分に乗ってきただけでなく、1週前は一杯に追い、当週もルメール騎手を背に気合をつけられて、意欲的な追い切りだったラッキーライラックには、陣営のココへ懸ける熱意を感じました。

勝利した去年も1週前は一杯に追われ、当週は府中牝馬Sから中3週での臨戦だったため馬なりでしたが、スミヨン騎手が跨るジョッキー騎乗の追い切りで、成功パターンを踏襲していることも注目です。

好勝負、連覇も狙える態勢は整っているだとジャッジします。

★現在、競馬総合情報社シンクタンクを初めてご利用いただく方への特別キャンペーンを実施中!

  • verified「買い目を絞って当てたい!」
  • verified「時間をかけずに予想したい!」
  • verified「買える人気薄が知りたい!」

そんな競馬ファンにオススメ!

重賞メイン特捜部が教える
『馬券候補はこの5頭!』

[土曜も]武蔵野S(GⅢ)推奨馬
・サンライズノヴァ(3人気1着)
・エアスピネル(8人気3着)
[先週]京王杯2歳S(GⅡ)推奨馬
・モントライゼ(2人気1着)
・ユングヴィ(5人気3着)

今週は!
エリザベス女王杯(GⅠ)
の馬券候補5頭を教えます!

無料会員登録はコチラkeyboard_arrow_right

データ班チーフ・三崎が攻略ポイントをあぶり出す!


こんにちは!データ班チーフの三崎です。

再びGⅠが年末の有馬記念まで続きますが、今週は牝馬限定のエリザベス女王杯が行われますね!

会員様から「シンクタンクは牝馬の重賞に強いですよね」とのお声を頂戴することがあると聞いているんですが、エリザベス女王杯だと、個人的には6番人気マリアライトが勝利した2万3590円的中になった2015年が印象に残っています。

2015エリザベス女王杯


今年は阪神開催なので、データ班としても色々と考慮しなければなりませんが、過去の傾向を把握しておくことは大事。

今週もしっかりと分析して参ります!

上位人気はイマイチ。人気薄をアタマで狙っても!?

1番人気が8連敗中ですが、過去10年の人気別成績を見て掘り下げていきましょう。

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 1-3-3-3 10.0% 40.0% 70.0%
2番人気 1-2-1-6 10.0% 30.0% 40.0%
3番人気 4-0-1-5 40.0% 40.0% 50.0%
4番人気 1-0-2-7 10.0% 10.0% 30.0%
5番人気 1-0-2-7 10.0% 10.0% 30.0%
6番人気 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0%
7番人気 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
8番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 0-2-0-8 0.0% 20.0% 20.0%
10人気下 0-1-0-82 0.0% 1.2% 1.2%


1番人気の勝利は1頭のみ、2着3回と連軸としてはかなり物足りない数字ですが、3着3回ですから馬券外だったのは3頭だけ。どこから組み立てるにせよ、押さえてはおいた方が無難でしょう。

2番人気は1勝2着2回3着1回とさらに心許ないものの、3番人気が4勝と突出して勝ち馬を出していますね。

1~3番人気が全て馬券圏外になった年はなく、連対を外したのも2017年のみ。上位人気を完全に軽視するのは禁物と言えます。

ただし、1~3番人気のワンツー決着は2011年のみですし、4番人気以下で計4勝ですから単で穴も狙えるレース。とは言ったものの、二桁人気馬は2016年2着シングウィズジョイ(12番人気)しか好走していないので、大穴までは望み薄。そこは、GⅠの格と言ったところでしょうか。

若さが重要、ベテランは経験がカギに!

エリザベス女王杯は古馬と3歳馬の一線級が初めて本格的にぶつかるレース。年齢別成績を見ていきましょう。

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 3-4-3-29 7.7% 17.9% 25.6%
4歳 6-3-6-45 10.0% 15.0% 25.0%
5歳 1-2-1-48 1.9% 5.8% 7.7%
6歳上 0-1-0-21 0.0% 4.5% 4.5%


連対率で3歳馬、全体数で4歳馬が優勢。この若い2世代が中心となっています。

今年は6歳以上の出走はありませんが、3年連続2着となった去年のクロコスミア以外は好走がありません。

社台グループを中心としたクラブ馬は6歳春までで繁殖入りが規定路線なので、この時季まで走っている有力馬が少ないということも関係しているでしょうね。

なお、5歳馬で馬券になった4頭には、全て前年のエリザベス女王杯で5着以上に健闘していたという共通点があります。

先に挙げたクロコスミアなどリピーターが活躍しているレースですが、若さをカバーするには経験が必要ということでしょう。

この条件に該当する5歳馬はセンテリュオラッキーライラックの2頭のみ。

ただし、今年は阪神開催になるので合致するかは注意が必要です。

前走で注目すべき3つのポイント

続いて前走のデータに着目してみました。まずは前走クラス別成績を。

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
2勝 0-1-1-5 0.0% 14.3% 28.6%
3勝 0-0-0-22 0.0% 0.0% 0.0%
OP 0-0-0-12 0.0% 0.0% 0.0%
G3 0-0-0-17 0.0% 0.0% 0.0%
G2 6-6-4-61 7.8% 15.6% 20.8%
G1 2-3-5-23 6.1% 15.2% 30.3%
(海外) 2-0-0-2 50.0% 50.0% 50.0%

GⅢ以下で好走したのは2013年2着ラキシス、2012年3着ピクシープリンセスのみ。ともに1000万、現2勝クラスを勝ち上がっての参戦でした。リリーピュアハートは中1週を考慮して回避するとのことで、今年は該当馬ゼロに。

今年は新設されたオープン特別の新潟牝馬Sから参戦が多いものの、過去のデータからすると強調できる臨戦過程ではありません。

GⅡ以上のハイレベルなメンバーと戦ってきてこそ本番に繋がるということでしょう。

続けて前走着順別成績を見ていきます。

前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1着 2-4-4-35 4.4% 13.3% 22.2%
2着 2-3-1-18 8.3% 20.8% 25.0%
3着 3-0-2-13 16.7% 16.7% 27.8%
4着 2-0-0-12 14.3% 14.3% 14.3%
5着 1-2-0-7 10.0% 30.0% 30.0%
6着下 0-1-3-58 0.0% 1.6% 6.5%

1着は全馬5着以内、連対馬も例外は2016年シングウィズジョイ(7着)のみで、3着も3頭だけですから、少なくとも掲示板を確保しているのが望ましいと言えます。

最後に前走からのレース間隔を。

間隔 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1週 0-0-1-5 0.0% 0.0% 16.7%
2週 0-0-0-8 0.0% 0.0% 0.0%
3週 7-8-5-81 6.9% 14.9% 19.8%
4~8週 3-2-0-31 8.3% 13.9% 13.9%
9週上 0-0-4-18 0.0% 0.0% 18.2%

詰まり過ぎていてもダメ、長すぎてもダメで、好走馬のほとんどが中3~8週までとなっています。今年は札幌記念からノームコアラッキーライラックの2頭が参戦しますが、中11週ですから好走範囲外となっています。

とは言え、近年ローテーションの概念を数々と覆してきたノーザンFの馬ですから、どんな結果になるのか、個人的に注目しています。

データ班が選ぶ好走期待馬はこの馬!

データ班推奨馬

ラヴズオンリーユー(牝4)
M.デムーロ騎手・矢作芳人厩舎

ここまでのデータをクリアしたのは、

サムシングジャスト
シャドウディーヴァ
センテリュオ
ソフトフルート
ミスニューヨーク
ラヴズオンリーユー

の6頭。

ここから過去10年の連対馬16頭に共通していた重賞勝ち馬に絞ると、センテリュオとラヴズオンリーユーが残ります。

どちらも甲乙つけがたいのですが、6勝を挙げている4歳馬ということでラヴズオンリーユーに軍配を上げることにしました。

前走の敗因は道悪とハッキリしていますし、開幕2週目の良好な馬場状態で走ることができれば、大きく巻き返してくることでしょう。


【平井雄二のレース展望】層の厚い古馬に3歳馬がどう立ち向かうか

芝GⅠ8勝の新記録を達成したアーモンドアイ、宝塚記念で圧勝したクロノジェネシス、無敗の3冠牝馬デアリングタクトが不在で、今年も牝馬No.1決定戦とは言えぬ立ち位置ではあるが、大半の古馬牝馬にとっては秋の大目標となるのがエリザベス女王杯。

今年は大阪杯を制したラッキーライラック、札幌記念を制したノームコア、昨年のオークス馬ラヴズオンリーユーといったGⅠ馬に、前哨戦を制したサラキア、センテリュオなども勢いのある馬たちも参戦。

なかなか層の厚い古馬に対し、ウインマリリン、リアアメリアらと言った3歳勢がどう太刀打ちしていくかが注目となるだろう。

この偏りに秘められた意味、思惑とは!?

GⅠを語る上で欠かせぬ存在であるノーザンF、特別登録に10頭エントリーさせているのはさすがだが、例年と違う傾向がハッキリと出ている。リアアメリア以外は他は全て古馬なのだ。

つまり、今年は

ノーザンFの古馬VS非ノーザンFの3歳馬

の構図ができあがっているわけだ。

この極端な偏りにどんな意味があるのか、どのような思惑が存在するのか?

馬券を考える上でも重要なポイントとなる。

今年は阪神開催。傾向が一変する!?

牝馬No.1決定戦ではなくとも、“GⅠ勝利”という箔は繁殖入り後の価値に重要な意味を持つことは確か。

その箔を求めて騎手、厩舎、馬主、牧場など、あらゆる関係者の思惑が張り巡らされることになる。

エリザベス女王杯が一般的に難関なレースであることは、過去10年で1番人気はわずかに1勝しかしていないことが物語っている。

スノーフェアリー

☆外国馬スノーフェアリー(2011年)が最後の1番人気勝利馬


しかも、今年は阪神開催、リピーターが活躍しやすいレースだった傾向が一変する可能性は高い。過去のデータのみを頼りにすることもできない

こういった状況では、大物競馬関係者が多数情報ルートとして在籍し、あらゆる関係者から確かな情報を入手することができるシンクタンクの情報力がより生きることになる。

エリザベス女王杯の【最終結論】はレース当日にメンバー限定で公開する。週中にも情報は随時公開するので、ぜひともそちらもご覧いただきたい。

特別登録メンバー

ウインマイティー
ウインマリリン
ウラヌスチャーム
エスポワール
カーロバンビーナ
サトノガーネット
サムシングジャスト
サラキア
シャドウディーヴァ
センテリュオ
ソフトフルート
ノームコア
ミスニューヨーク
ラヴズオンリーユー
ラッキーライラック
リアアメリア
リュヌルージュ
リリーピュアハート
ロサグラウカ

競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション