THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【日東京8R】調教の動きから叩き2走目での上積みは十分!

local_offer競馬HOTLINE

【日東京8R】調教の動きから叩き2走目での上積みは十分!
✓チェックポイント

競馬HOTLINEでは、馬券に役立つ‟裏ネタ”をリアルタイムで公開します!

どうも、栗東の調教担当・松崎だ。

秋華賞を制したデアリングタクトに続き、先週の菊花賞ではコントレイルが無敗の三冠を達成。

そのコントレイルでさえ、最終追い切りではラスト1Fで失速していたように、先週の栗東坂路は、チップを入れ替えた影響で時計が掛かりやすい馬場状態だった。

現時点で次走は未定だが、オーナーサイドは「調教師と相談して馬本位で決める」と話しており、想像以上に菊花賞のダメージが残っているようだ。

その動向と今後の調整過程には、引き続き注目し続けたい。

【マイルCS】しっかりと治療して心身ともにリフレッシュ!

それでは、今週は、本編に入る前に、3週後のマイルCSへの出走を表明したレシステンシアを紹介。

NHKマイルC後に骨折が判明してからは、しっかりと治療して、心身ともにリフレッシュして厩舎へ戻ってきた。

レシステンシア

28日には、坂路で4F53秒1-12秒4を計時。

追い切りを見届けた松下調教師は「やる毎に動きは良くなっていますし、このまま順調に調整していきたいですね」と好感触を掴んでいた。

良い時は坂路で楽に50秒台を切ってくる馬だけに、今後の調教でどんな動きを見せるか、栗東坂路の馬場状態を加味しつつチェックしていきたい。

【日東京8R】調教の動きから叩き2走目での上積みは十分!

栗東調教鉄板馬はこの1頭!

11月1日(日)東京8R 本栖湖特別
リリーピュアハート(牝3)
福永祐一騎手・藤原英昭厩舎

10/28 栗東坂路 良 福永
[4F]53.3-38.7-24.9-12.2 強め

今週の栗東調教鉄板馬は、最終追い切りで自己ベストに近い好時計をマークしたリリーピュアハート

前走のローズSでは、秋華賞の権利取りに失敗し、今回は自己条件からの再出発となるが、オークスから4カ月ぶりだった前走時よりも、時計的には中5週の今回の方がしっかり負荷をかけてきた

この馬の場合、精神的にイライラしてしまうと中間の調整が坂路のみになってしまい、オークス時はそれが応えての敗戦だった。それを踏まえれば、先週の日曜にCWで乗れているのはプラスだ。

前走時でも他に選択肢があった福永騎手が「エリザベス女王杯でも乗りたい」と期待を寄せていた馬。

まだ時計が掛かる今の坂路で、しっかりと加速ラップを踏んでラスト1F12秒2は優秀だ。

再度、重賞戦線で戦うためにも、叩き2走目での上積みが調教の動きから見て取れる今回は、落とせない一戦だろう。

競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション