THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【菊花賞2020】調教班が猛プッシュ!京都コース仕様の調教で一発を狙う大穴候補

local_offer競馬HOTLINE

【菊花賞2020】調教班が猛プッシュ!京都コース仕様の調教で一発を狙う大穴候補

★現在、競馬総合情報社シンクタンクを初めてご利用いただく方への特別キャンペーンを実施中!

  • verified「買い目を絞って当てたい!」
  • verified「時間をかけずに予想したい!」
  • verified「買える人気薄が知りたい!」

そんな競馬ファンにオススメ!

重賞メイン特捜部が教える
『馬券候補はこの5頭!』

[先週]秋華賞(GⅠ)推奨馬
・ソフトルート(9人気3着 48.7倍)
[先週]府中牝馬S(GⅡ)推奨馬
・サラキア(7人気1着 20.2倍)

今週は!
菊花賞(GI)
の馬券候補5頭を教えます!

無料会員登録はコチラkeyboard_arrow_right
✓チェックポイント

競馬HOTLINEでは、馬券に役立つ“裏ネタ"をリアルタイムで公開します!

調教班チーフ・富田が注目馬をピックアップ!


こんにちは、富田です。

私が担当する『調教診断』は、過去の好走馬の調教パターンを調べ、そのレースに合致する馬を導き出すことを主眼に行っています。

今週の菊花賞は出走馬全てが未知となる芝3000m。この舞台を克服するのに必要な調教や今の馬場に適した調教なども含めて、好走が期待できる馬を探って参ります。

秋華賞でわかった必要な調教

今の京都の馬場を考えるため、先週日曜日に行われた芝レースの好走馬の調教パターンを調べてみましたが、最終追い切りコースで見ますと、

坂路 6勝2着2回3着3回
コース(CW、Wなど) 2勝2着5回3着6回

という結果でした。

どちらも好走馬が出ていますが、勝利という点においては坂路が上回っており、1800m以上の番組が5レース組まれていましたが、全て坂路調教馬が勝利しています。

ただし、コース追い切りだった馬も2着5回3着3回と馬券に数多く食い込んでおり、上級条件ではやや優勢でした。

2020秋華賞


秋華賞で2着だったマジックキャッスル、個人的にはデアリングタクトに次いで強い競馬をしたと見ている見せ場十分の4着パラスアテナがコース主体の調教だったことを考えると、1週前か当週にはコースでしっかりと追い切りを課すのが望ましいのでしょう。

1週前には◯◯◯でやるのがセオリー

過去5年の菊花賞好走馬の追い切りパターンを見ていきましょう。

最終追い切りのコースは、

栗東坂路 1勝2着3回3着2回
栗東CW   2勝2着2回3着3回
栗東芝  1勝2着0回3着0回
美浦南W  1勝2着0回3着0回

となっており、長距離のレースということもあってか、勝利数では圧倒的にコースに分があります。

ただし、中間がコース調教のみだったのは、2015年1着馬キタサンブラックと2017年3着馬ポポカテペトルだけで、その他は坂路併用でした。

また、坂路調教のみで好走したのは2016年2着馬レインボーライン、2015年3着馬リアファルのみ。

1週前追い切りがCWまたはWだった馬が、5勝2着4回3着3回と好走馬の大半を占めていることからしても、最終追い切りのコースよりも、1週前にしっかりコースで負荷をかけて追うことが重要

今年も中1週のディアマンミノルに、坂路オンリーのキメラヴェリテロバートソンキー以外が該当することから、セオリーと言っていい調教パターンです。

注目すべきはラスト1F!

次に最終追い切りの中身を見ていきます。

調教でも馬場差があるので、一概に時計だけで判断はできないのですが、最終追い切りがCWだった好走馬は、ラスト1Fが良馬場で11秒台、稍重で12秒台をマークしています。

一方、坂路で好走した馬は良、稍重でラスト1F12秒台をマークしていました。

長距離で好走させるなら、前半は我慢させて後半からスパートするという乗り方になるので、終い重点の追い切りとなるのは理に適っていると思います。

今年、併用馬でこのパターンに該当するのは、

CW追い切り

ヴェルトライゼンデ
ターキッシュパレス

坂路追い切り

コントレイル
ディープボンド
レクセランス

の5頭。

無敗の3冠がかかるコントレイルも、しっかりと好走条件をクリアしています。

調教班が選ぶ好走期待馬はこの馬!

調教班特注馬

ディープボンド(牡3)
和田竜二騎手・大久保龍志厩舎

10/21 栗東坂路 良 助手
[4F]54.0-38.6-24.9-12.3 馬なり

最終追い切りが坂路だった馬には、もう1つポイントがあります。それは、加速ラップだったか否かです。

過去5年で好走馬は6頭いますが、連対した4頭中3頭(ワールドプレミア、レインボーライン、クリンチャー)は加速ラップで、リアルスティールもラスト2Fが12.6-12.6と失速していませんでした。

一方、3着だった2頭(リアファル、エアスピネル)はラスト1Fで失速していました。2頭とも前半から時計を出しており、レースでも先行していましたが、このラスト1Fの失速が、レースでも最後まで粘り切れなかった要因になったのとも見れます。

今年、栗東坂路で加速ラップを踏んだのは3頭、その中のバビットはラスト1Fが13.0秒と物足りず、全ての条件をクリアしたのはディープボンドレクセランスの2頭のみ。

特注はディープボンド、過去にラスト2F目が12秒台だった好走馬3頭はリアルスティール、リアファル、エアスピネルと加速ラップを踏めていませんが、同馬は15.4-13.7-12.6-12.3と最初の入りが遅かったのはありますが、しっかりと加速しています。

勝負のポイントとなる3コーナーにかけて上り4コーナーで下る京都の坂を十分に生かし切るための調教と言えます。

コントレイルとは同馬主ですから、さすがに『3冠阻止』まで狙っているとは思えませんが、菊花賞に挑むにあたっては、しっかりと仕上げてきているのは間違いないでしょう。

実績からしてコントレイルとのワンツー決着は十分にあり得ますし、コントレイルに万が一があった場合、『最悪、この馬で……』という思惑が潜んでいるようにも思えます。

★現在、競馬総合情報社シンクタンクを初めてご利用いただく方への特別キャンペーンを実施中!

  • verified「買い目を絞って当てたい!」
  • verified「時間をかけずに予想したい!」
  • verified「買える人気薄が知りたい!」

そんな競馬ファンにオススメ!

重賞メイン特捜部が教える
『馬券候補はこの5頭!』

[先週]秋華賞(GⅠ)推奨馬
・ソフトルート(9人気3着 48.7倍)
[先週]府中牝馬S(GⅡ)推奨馬
・サラキア(7人気1着 20.2倍)

今週は!
菊花賞(GI)
の馬券候補5頭を教えます!

無料会員登録はコチラkeyboard_arrow_right

データ班チーフ・三崎が攻略ポイントをあぶり出す!


こんにちは!データ班チーフの三崎です。

先週の秋華賞では、デアリングタクトが見事に無敗の牝馬三冠に輝きましたが、今週はコントレイルが続けるのかに注目ですよね!

同じ年に牡馬と牝馬の三冠馬が誕生することすら凄いのに、どちらも無敗となれば言うまでもなく歴史的快挙。

果たして達成なるか!?データからも探って参ります。

伏兵の台頭が当たり前!?中でも◯◯厩舎は買っておくべき!

まずは過去10年の人気別成績から。

人気別成績 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 5-1-2-2 50.0% 60.0% 80.0%
2番人気 0-3-0-7 0.0% 30.0% 30.0%
3番人気 2-0-2-6 20.0% 20.0% 40.0%
4番人気 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
5番人気 1-2-0-7 10.0% 30.0% 30.0%
6番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
7番人気 2-0-2-6 20.0% 20.0% 40.0%
8番人気 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
9番人気 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
10番人気 0-1-1-8 0.0% 10.0% 20.0%

昔は「最も強い馬が勝つ」と言われた菊花賞ですが、1番人気の勝率は50%とちょうど半分、2着1回で連対率60%、3着2回で複勝率80%ですから、馬券軸とすれば高い信頼を置けますが、連軸としては若干物足りないと言ったところでしょうか。

2番人気からは勝ち馬が出ておらず2着2回のみと不振で、3番人気の方が2勝3着2回と上回っています。

上位人気全体の信頼度はイマイチで、1~3番人気同士のワンツースリー決着はオルフェーヴルが3冠を達成した2011年のみ。この年は3着に3番人気トーセンラーが入る超順当な決着でしたが、それ以外の年は4番人気以下が連絡みしています。

京都芝3000mは枠順の有利不利が大きいですし、全馬初経験で波乱の要素は十分にあるコースですから、伏兵がしばしば台頭するのでしょう。

二桁人気馬の連絡みは2017年クリンチャーのみ。後述しますが、クリンチャーはその他にもデータを覆しているのですが、これは2017年が記録的な不良馬場だったからだと推測しています。すなわち例外ということです。

3着には2017年ポポカテペトル(13番人気)、2018年ユーキャンスマイル(10番人気)が食い込んでおり、後者は3連複1万6710円的中の立役者となりました。

この2頭は友道厩舎の管理馬、今年はヴィブロスを出走させますが、人気がなくても馬券は押さえておいた方が良さそうですね。

2018年菊花賞

☆2018年2着馬エタリオウも友道厩舎!

クラシックは王道!◯◯◯◯◯が他を圧倒!

おそらく、皆様のイメージ通りとなっていると思いますが、前走レース別成績を見ていきましょう。

前走レース別 着別度数 勝率 連対率 複勝率
神戸新聞杯 8-6-4-46 12.5% 21.9% 28.1%
セントライト 1-3-1-47 1.9% 7.7% 9.6%
ラジオN賞 1-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0%
札幌記念 0-1-0-2 0.0% 33.3% 33.3%
兵庫特別(2勝) 0-0-2-6 0.0% 0.0% 25.0%
阿賀野川(2勝) 0-0-2-0 0.0% 0.0% 100.0%
支笏湖(2勝) 0-0-1-0 0.0% 0.0% 100.0%

トライアルは神戸新聞杯、セントライト記念とありますが、数字を見れば一目瞭然で神戸新聞杯組が圧倒的に優勢です。

過去10年で神戸新聞杯組が連対しなかった例は皆無、実は11年前の2009年に連対を外しているんですが、この組を外した馬券は考えられれないと言っていいでしょう。

ただし、今年の神戸新聞杯は中京で行われており、先週の秋華賞で過去10年必ず馬券になっていたローズS組が1頭も馬券にならなかったのはやや引っかかりますが……。

なお、穴として注目される夏の上がり馬ですが、2勝クラス全体では[0.0.5.38]と3着止まり。ちなみに最後の連対は、コレも2009年でスリーロールスが野分特別から参戦し勝利しています。

3着に好走した5頭に共通するのは、中2~8週の参戦かつ芝2200~2600mのレースを勝っていたこと。

今年該当するのはアリストテレスダノングロワールの2頭ですが、どちらも4/6の抽選対象となっています。出走が叶うようなら、マークしておきたいところ。

ハードルの高さは秋華賞以上!

続いて前走着順別成績を見ていきます。

前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1着 5-1-6-44 8.9% 10.7% 21.4%
2着 2-6-2-14 8.3% 33.3% 41.7%
3着 3-2-0-16 14.3% 23.8% 23.8%
4着 0-0-1-12 0.0% 0.0% 7.7%
5着 0-0-1-15 0.0% 0.0% 6.3%
6~9着 0-1-0-32 0.0% 3.0% 3.0%
10以下 0-0-0-17 0.0% 0.0% 0.0%

先週の秋華賞では、1着馬は全て前走4着以内、6着以下だった馬の出番はほぼなしとのハードルがありましたが、菊花賞では1着馬が全て前走3着以内、4着以下は2着1回3着2回と、秋華賞以上に高いハードルとなっています。

4着以下から唯一連対したのが、先に名前を挙げたクリンチャーで、セントライト記念で9着でした。これを例外とすると、3着だった2頭は神戸新聞杯の4、5着馬ですから、本番でも馬券に絡むのであれば、最低でも掲示板は確保しておく必要があるでしょうね。

過去10年のデータから、今年1着候補と言えるのは、

ヴェルトライゼンデ
ガロアクリーク
コントレイル
サトノフラッグ
バビット
ロバートソンキー

と、必然的にトライアルの1~3着馬に絞られることになりました。

データ班が選ぶ好走期待馬はこの馬!

データ班推奨馬

ヴェルトライゼンデ(牡3)
池添謙一騎手・池江泰寿厩舎

先に挙げた6頭を、単純に絞るデータがあります。それは東西成績です。

調教師分類 着別度数 勝率 連対率 複勝率
美浦 1-0-1-46 2.1% 2.1% 4.2%
栗東 9-10-9-104 6.8% 14.4% 21.2%

関東馬が馬券になったのは僅かに2頭、2018年1着馬フィエールマンと2014年3着馬ゴールドアクターのみ。フィエールマンの今の活躍は言うまでもないでしょうし、ゴールドアクターは後に有馬記念を制すことになりますから、後々も活躍するGⅠ馬レベルでなければ通用していません。

ガロアクリークサトノフラッグロバートソンキーにその可能性がないとは言いませんが、現状では……と言ったところ。

次にバビットは、セントライト記念組が劣勢であることと、中でも日本ダービーに不出走だった21頭に限ると2012年2着馬スカイディグニティ以外好走馬がいないのは歓迎できないデータ。

やはり日本ダービー好走の神戸新聞杯組が強く、割引らしい割引がないコントレイル推奨でも良かったのですが、『逆転があるなら』との観点でヴェルトライゼンデを選ぶことにしました。

注目したのは神戸新聞杯の上がり3F、最速馬は過去10年で9頭出走していますが、[5.2.0.2]と1番人気を上回る成績を残しています。

好走した馬にほとんどに共通するのが、神戸新聞杯の1着馬もしくは0.3秒差以内の負けだったこと。2019年ワールドプレミアは0.5秒差の3着でしたが、1着馬サートゥルナーリアは菊花賞に参戦せず、2着だったヴェロックスとは0.2秒差で、本番で見事に逆転して勝利を飾っています。

神戸新聞杯のコントレイルは余力があったので、0.3秒差を額面通りに取っていいかはわかりませんが、ヴェルトライゼンデも一頓挫あって急仕上げだったのは確か。この着差であれば、データからは本番で逆転の可能性があるとジャッジできます。

★現在、競馬総合情報社シンクタンクを初めてご利用いただく方への特別キャンペーンを実施中!

  • verified「買い目を絞って当てたい!」
  • verified「時間をかけずに予想したい!」
  • verified「買える人気薄が知りたい!」

そんな競馬ファンにオススメ!

重賞メイン特捜部が教える
『馬券候補はこの5頭!』

[先週]秋華賞(GⅠ)推奨馬
・ソフトルート(9人気3着 48.7倍)
[先週]府中牝馬S(GⅡ)推奨馬
・サラキア(7人気1着 20.2倍)

今週は!
菊花賞(GI)
の馬券候補5頭を教えます!

無料会員登録はコチラkeyboard_arrow_right

【平井雄二のレース展望】スポーツ界も注目する偉業にムードは最高潮

言うまでもなく、今年の主役は史上3頭目の無敗の3冠達成がかかるコントレイルだろう。

勝てばディープインパクトと親子で無敗の3冠達成と、過去に例を見ない快挙となるだけに、競馬界、スポーツ界全体が注目するニュースであることは間違いない。

しかも、ディープインパクトは去年亡くなったばかり。『日本競馬界の至宝』とも呼ばれた名馬の意思を継ぐ存在として、新たなスターホース誕生を待ちわびる人々は少なくない。

競馬である以上、“絶対”はありえないが、前哨戦の神戸新聞杯を楽勝し上々のスタート。やはり、この馬抜きで菊花賞を考えるのは難しいと言わざるを得ない。

ディープインパクト

☆偉大な父に並ぶ無敗での3冠達成なるか!?

ハッキリ言って横一線!人気薄の食い込みも!?

だからと言って、馬券が堅い、配当が低いと考えるのは早計だ。

セントライト記念を上がり馬バビットが制し、神戸新聞杯では1勝クラスのロバートソンキーがダービー5着のディープボンドを競り負かし3着と好走するなど、春のクラシック組は、前哨戦と言えども物足りない走りだった。

世代No.2のサリオス不在で、それ以下はほぼ横一線と言ったような状況。フルゲート18頭に対して特別登録には29頭がエントリーしているのも、この状況を見越してのこと。

2着で4800万円、3着で3000万円、5着でも1200万円の賞金が入ってくるのだから、『勝てずとも……』と考える陣営がいるのは当たり前。

まして全馬が初出走となる淀の3000m、着狙いの人気薄が馬券圏内に食い込むことは、十分に起こりうる。

無論、『打倒コントレイル』を掲げる陣営も存在しないわけではない。ディープインパクトが3冠を達成した菊花賞でも、6番人気アドマイヤジャパンがあわやのシーンを作って2着と健闘。

2番手以下がほぼ一線のレースで馬券的中を掴むには、各陣営の思惑をしっかりと把握しておかねばならないのだ。

世に出る情報に惑わされず、『本物』を見よ!

一般マスコミや世間の注目は間違いなくコントレイルに集中することになるだろう。そして、普段は競馬にあまり興味のない人も、「馬券を買ってみよう」と参加するムードにもなるはず。

必然的に表に出る情報量は多くなるが、その質たるや、いかばかりか。陣営のコメントは建前が当たり前、核心に迫るものなどは無いに等しい。

業界最高峰の情報網を有するシンクタンクは、騎手、厩舎、馬主、生産者、外厩、エージェントなどなど、あらゆる関係者から情報を入手できる態勢が整っており、世間に流布するアテにならない情報ではない、『本物の関係者情報』を入手。

どの陣営が勝負に出てどの陣営が着狙いなのかといった思惑を把握し、しっかりと馬券を組み立てることができる。

菊花賞の情報は随時公開していくが、メンバー限定の【最終結論】はギリギリまで裏付けを取ってお伝えする。ご期待いただきたい。

特別登録メンバー

アイアンバローズ
アリストテレス
アンティシペイト
イロゴトシ
ヴァルコス
ヴェルトライゼンデ
エンデュミオン
ガロアクリーク
キメラヴェリテ
ココロノトウダイ
コロンドール
コントレイル
サトノインプレッサ
サトノゴールド
サトノフラッグ
タイセイモンストル
ダノングロワール
ターキッシュパレス
ディアマンミノル
ディープボンド
トウカイデュエル
バビット
ビターエンダー
ヒートオンビート
ブラックホール
マンオブスピリット
ラインハイト
レクセランス
ロバートソンキー

★現在、競馬総合情報社シンクタンクを初めてご利用いただく方への特別キャンペーンを実施中!

  • verified「買い目を絞って当てたい!」
  • verified「時間をかけずに予想したい!」
  • verified「買える人気薄が知りたい!」

そんな競馬ファンにオススメ!

重賞メイン特捜部が教える
『馬券候補はこの5頭!』

[先週]秋華賞(GⅠ)推奨馬
・ソフトルート(9人気3着 48.7倍)
[先週]府中牝馬S(GⅡ)推奨馬
・サラキア(7人気1着 20.2倍)

今週は!
菊花賞(GI)
の馬券候補5頭を教えます!

無料会員登録はコチラkeyboard_arrow_right

競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション