THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【秋華賞2020】過去の好走調教パターン、今開催の馬場傾向にマッチ!実力を発揮できる態勢なのはコノ馬!

local_offer競馬HOTLINE

【秋華賞2020】過去の好走調教パターン、今開催の馬場傾向にマッチ!実力を発揮できる態勢なのはコノ馬!

★現在、競馬総合情報社シンクタンクを初めてご利用いただく方への特別キャンペーンを実施中!

  • verified「買い目を絞って当てたい!」
  • verified「時間をかけずに予想したい!」
  • verified「買える人気薄が知りたい!」

そんな競馬ファンにオススメ!

重賞メイン特捜部が教える
『馬券候補はこの5頭!』

[先週]毎日王冠(GⅡ)推奨馬
・サリオス(1着)
・ダイワキャグニー(4人気2着)
・サンレイポケット(5人気3着)

今週は!
秋華賞(GI)
の馬券候補5頭を教えます!

無料会員登録はコチラkeyboard_arrow_right
✓チェックポイント

競馬HOTLINEでは、馬券に役立つ“裏ネタ"をリアルタイムで公開します!

調教班チーフ・富田が注目馬をピックアップ!


今週も調教班チーフ富田が担当します。よろしくお願いします。

まずは先週の毎日王冠の振り返りから入らせていただきます。

毎日王冠調教


アエロリットの調教パターンを踏襲していた推奨馬ダイワキャグニーはしっかりと2着を確保。データ班推奨のサリオスには敵いませんでしたが、メンバー限定の【最終結論】では◎◯大本線にて的中となり、私たちも貢献することができました。

スプリンターズSの時は、藤沢和厩舎の“黄金パターン”をお伝えしましたが、この好走で、毎日王冠における菊沢厩舎の“黄金パターン”が見えてきました。

果たして秋華賞にも“黄金パターン”は存在するのか?

過去の好走調教パターンや、今の馬場状態に適した調教などから、じっくりと探って参ります。

美浦で追い切ること自体……

過去5年の好走馬の調教を振り返る前に、前提として秋華賞は圧倒的に関西馬が活躍しているという事実があります。

過去5年で馬券圏内に好走した関東馬は2頭のみ、2018年1着馬アーモンドアイに2019年2着馬カレンブーケドールは、どちらも国枝厩舎の馬でした。

この2頭は美浦で追い切って結果を出しましたが、過去5年より前に好走した関東馬のほとんどが栗東滞在。美浦で追い切ること自体、不利と言える状況になっています。

なお、アーモンドアイとカレンブーケドールの最終追い切りは美浦の坂路で、2頭とも中間の調整は坂路主体となっていました。

今年、国枝厩舎からはマジックキャッスルが出走していますが、最終追い切りは美浦南Wコースで中間はプール併用と、過去の厩舎好走パターンに合致せず。後述しますが、坂路調教がないことも評価できません。

なお、今年の関東馬で最終追い切りが坂路だったのはマルターズディオサのみでした。過去のパターンを覆して好走する馬が出てくるのか、注目となります。

好走パターンにデアリングタクトは該当せず!?

それでは、本題と言うべき関西馬の過去の調教パターンを見ていきましょう。

好走馬の最終追い切りをコース別に見ると、

栗東坂路 2勝2着2回3着2回
栗東CW  2勝2着1回3着2回
栗東芝  0勝2着1回3着0回

と、坂路調教馬とコース調教馬はほぼ五分と言った成績になっています。

2019年1着馬クロノジェネシスは中間に坂路1本しかありませんでしたが、それ以外の馬は中間に坂路で2本以上乗っていました。

2017年にはディアドラ、リスグラシュー、モズカッチャンの坂路オンリーの調教馬によるワンツースリー決着。他にも2016年1着馬ヴィブロス、2015年3着馬マキシマムドパリも坂路オンリー。過去の傾向からすると、最終追い切りが坂路だった馬は、中間も坂路だけの馬の方が好走しています。

今年、坂路オンリーなのはアブレイズムジカの2頭。

注目のデアリングタクトも最終追い切りは坂路でしたが、1週前はCWでした。過去にこのパターンでも好走馬はいますが、特別強調するものでもありません。

いずれにせよ、関東馬で好走した2頭も坂路主体でしたから、坂路調教は必須と言えるでしょう。

開幕週から傾向を探ると……

坂路調教が必須とは言ったものの、関西馬の大半は坂路で調教しますから、これだけではなかなか絞り込めません。

今週の京都は開幕2週目、週末の天気も微妙なため、変わってしまう可能性は否めませんが、先週のレース結果から傾向を探ってみることにしました。

先週、京都芝は14レース行われましたが、秋華賞と同じ芝2000mで行われたレースはなし。そこで、距離が最も近い芝1800mで行われた3レースをピックアップし、好走馬の調教を見ていきます。

栗東坂路 1勝2着2回3着0回
栗東CW  1勝2着1回3着2回
栗東芝  1勝2着0回3着1回

と、全体的にはコース調教馬がやや優勢という結果でした。好走馬の中で坂路オンリーだったのは1頭のみ、他は全て1週前追い切りではCWを使用していました。

ついでに、先週の重賞京都大賞典も振り返ってみますと、

1着馬グローリーヴェイズは美浦南W、2着馬キセキは栗東坂路、3着馬キングオブコージが栗東CWでの最終追い切りでした。また、3頭とも1週前はW及びCWで追い切っています。

スタミナも求められる中距離以上のレースでは、やはり1週前か当週にコースで追い切るのがベター。現状の馬場でも、同様に求められているのではないでしょうか。

調教班が選ぶ好走期待馬はこの馬!

調教班特注馬

リアアメリア(牝3)
川田将雅騎手・中内田充正厩舎

10/14 栗東CW 良 川田
[5F]69.2-52.4-37.9-11.8 馬なり

中内田厩舎は、過去5年の秋華賞で5頭出走させており、2016年パールコードと2018年ミッキーチャームを2着と好走させている実績があります。

2019年ダノンファンタジーは1番人気で8着と期待を裏切りましたが、2018年オールフォーラヴは12番人気、2017年ヴィゼットジョリーは18番人気でしたから、この2頭の結果は除外して考えていいでしょう。

実は、中1週だったヴィゼットジョリーを除くと、中内田厩舎が秋華賞に臨む調整は、中間は坂路で調整し、1週前と最終追い切りをコース(芝かCW)で行うパターンで確立されています。

ただ、好走馬と凡走馬には、若干調整の違いが見受けられます。

パールコード、ミッキーチャームが中間のコース調教が3本だったのに対し、ダノンファンタジー、オールフォーラヴは2本で、坂路調教の方が多かったという点です。

興味深いのは、今年の中内田厩舎は2頭出しで、同じローズSからの臨戦にも関わらず、リアアメリアはコース3本で坂路2本、クラヴァシュドールはコース2本で坂路2本と差があることです。

馬には個体差がありますから、それぞれ考えられた調整だと思いますが、過去の好走パターンを踏襲しているのはリアアメリアと言えます。

過去の好走調教パターンや現状の馬場傾向にも則していますし、最終追い切りの動きも馬なりでシャープな動きを披露。春は調整から不完全燃焼でしたが、秋は前走同様に実力を発揮できる態勢にあるとジャッジします。


★現在、競馬総合情報社シンクタンクを初めてご利用いただく方への特別キャンペーンを実施中!

  • verified「買い目を絞って当てたい!」
  • verified「時間をかけずに予想したい!」
  • verified「買える人気薄が知りたい!」

そんな競馬ファンにオススメ!

重賞メイン特捜部が教える
『馬券候補はこの5頭!』

[先週]毎日王冠(GⅡ)推奨馬
・サリオス(1着)
・ダイワキャグニー(4人気2着)
・サンレイポケット(5人気3着)

今週は!
秋華賞(GI)
の馬券候補5頭を教えます!

無料会員登録はコチラkeyboard_arrow_right

データ班チーフ・三崎が攻略ポイントをあぶり出す!


こんにちは!データ班チーフの三崎です!

今週は秋華賞、やっぱりデアリングタクトが史上初となる無敗で牝馬3冠達成なるかが注目ですよね。

翌週には同じく無敗のコントレイルが菊花賞で3冠に挑むことになりますが、牡牝が同じ年に3冠、しかも無敗でとなんて、もう2度ないかもしれません。

しかし、勝負の世界は甘くありません。我々も冷静な目で秋華賞をデータ分析して参ります!

大波乱はひと昔前!?穴を狙うなら◯◯◯がオススメ!

まずは過去10年の人気別成績を見ていきましょう。

人気別成績 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4-1-1-4 40.0% 50.0% 60.0%
2番人気 1-3-1-5 10.0% 40.0% 50.0%
3番人気 4-0-1-5 40.0% 40.0% 50.0%
4番人気 1-2-1-6 10.0% 30.0% 40.0%
5番人気 0-2-1-7 0.0% 20.0% 30.0%
6人気下 0-2-5-120 0.0% 1.6% 5.5%

1着馬は全馬4番人気以内、2着も最低人気だったのは2011年キョウワジャンヌの7番人気、二桁人気馬は3着2回のみと活躍していません。

秋華賞と言えば、11番人気ブラックエンブレムが勝利して3連単1000万馬券超えとなったレースですが、12年前(2008年)ともうひと昔前の話。

この10年は1~3番人気が全て連対を外したケースはなく、馬連では2016年の3550円が最高配当となっているんです。

連軸に適しているのは4番人気まで、穴を狙うならヒモ、3連複や3連単が狙い目。特に3連複は、去年も万馬券になりましたが4度の万馬券決着となっています。

2016年秋華賞

☆馬連最高配当の2016年は◎▲でズバリ!3連複2万0940円も的中!

主要レースで好走した馬が普通に強い!

続けて前走レース別成績を見てみましょう。

前走レース別成績 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ローズS(GⅡ) 4-6-7-56 5.5% 13.7% 23.3%
紫苑S(GⅢ) 2-2-0-15 10.5% 21.1% 21.1%
オークス(GⅠ) 2-0-0-11 15.4% 15.4% 15.4%
クイーンS(GⅢ) 1-0-1-5 14.3% 14.3% 28.6%
紫苑S(OP) 1-0-0-27 3.6% 3.6% 3.6%
夕月特別(2勝) 0-1-0-5 0.0% 16.7% 16.7%
藻岩山特別(2勝) 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%
甲武特別(1勝) 0-0-1-0 0.0% 0.0% 100.0%
ムーンライトH(3勝) 0-0-1-0 0.0% 0.0% 100.0%

やはりトライアルのローズS組、紫苑S組が好走馬の主力となっています。

過去10年でローズS組が馬券にならなかった年は皆無、連対を外したのは2016、2018、2019年の3回のみ。

近年、ローズSが連対を外しているのは、2016年に重賞に昇格した紫苑S組が躍進しているからでしょう。いずれにせよ、この2レースの出走馬は本番でも無視できない存在となります。

オークスからの直行は2頭、これも2018年と2019年と近2年の結果です。どちらもノーザンF生産馬、外厩の発達によるローテーションの変化を顕著に表す事例と言ってもいいでしょうね。

遡ると2006年カワカミプリンセス、2001年テイエムオーシャンが直行で制しています。去年のクロノジェネシスを除く3頭にはオークス馬という共通点があります。デアリングタクトにとっては、心強いデータと言えそうです。

条件戦からは2着までで1着はなし。勢いだけでGⅠを勝利するのは難しいということでしょうか。

そこで、前走着順別成績を見てみましょう。
前走着順別成績 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1着 4-4-4-41 7.5% 15.1% 22.6%
2着 3-1-1-15 15.0% 20.0% 25.0%
3着 1-3-2-14 5.0% 20.0% 30.0%
4着 2-0-1-11 14.3% 14.3% 21.4%
5着 0-2-0-8 0.0% 20.0% 20.0%
6着下 0-0-2-57 0.0% 0.0% 3.4%

掲示板に載れなかった馬、すなわち6着以下だった馬の出番はほぼなし。1着馬は全て4着以内から出ています。

ここまでのデータを総合すると、ローズS、紫苑S、オークスの主要レースで好走してきた馬が強く、素直に信頼すべきということでしょう。

今年に当てはめると、
ローズS組

リアアメリア
ムジカ
オーマイダーリン

紫苑S組

マルターズディオサ
パラスアテナ
マジックキャッスル

オークス組

デアリングタクト
ウインマリリン

が、1着候補馬と言えるでしょうか。

◯◯◯◯は、多くても少なくてもダメ!

候補馬が多いので、もう少しデータで絞ってみたいと思います。

キャリア別成績 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4戦 0-1-1-4 0.0% 16.7% 33.3%
5戦 2-1-0-15 11.1% 16.7% 16.7%
6戦 3-2-3-17 12.0% 20.0% 32.0%
7戦 1-3-1-28 3.0% 12.1% 15.2%
8戦 3-1-3-15 13.6% 18.2% 31.8%
9戦 0-1-2-26 0.0% 3.4% 10.3%

勝ち馬は全てキャリア5~8戦、好走馬もココに集中しています。注目のデアリングタクトはキャリア4戦、2013年2着スマートレイアーと2014年3着タガノエトワールが馬券になっていますが、勝ち馬が出ていません。

ただ、コレも遡ると先に名前が出たカワカミプリンセスに、2002年ファインモーション、そして第1回の1996年ファビラスラフインが勝利しています。近年の不振を覆せるかにも注目です。

また、キャリア9戦以上も2着までで好走率も期待薄

コレも25回の歴史を遡って調べてみましたが、9戦以上で勝利したのは1997年メジロドーベルのみ。既にGⅠ2勝していた馬でした。条件戦レベルをウロウロしてキャリアを重ねてきたような馬では、基本的に歯が立たないと見た方が良さそうですね。

候補馬の中では、オーマイダーリンムジカはキャリア過多に該当します。

データ班が選ぶ好走期待馬はこの馬!

データ班推奨馬

リアアメリア(牝3)
川田将雅騎手・中内田充正厩舎

キャリア6戦でローズSを勝利、おそらく4番人気以内と、ここまでの条件を全てクリアしているリアアメリアですが、他にも推せるデータがいくつかあります。

まず、秋華賞を勝利したオークス出走馬は全て4着以内だったことです。これは秋華賞史上、例外はありません。

過去10年の勝ち馬8頭に共通するノーザンF生産馬ですし、[4.4.1.28]と好走しているディープインパクト産駒、2016年、2018年の2着馬を出している中内田厩舎と、強調材料が揃っています。

データからは、この馬を3冠阻止の最有力候補とジャッジしました。


【平井雄二のレース展望】勝てば史上初の偉業だけに、簡単な話ではない!

今年の3歳牝馬路線を語る上で、絶対に外せない存在なのは、言うまでもなく無敗の2冠馬デアリングタクトだ。

桜花賞、オークスともに強烈な末脚を繰り出し、着差以上の強さを感じさせる内容。これまで牝馬3冠は史上5頭達成しているが、無敗でとなれば初めての快挙となる。

鞍上の松山のみならず、この馬で初めてGⅠ制覇を成し遂げた38歳の若き杉山調教師、担当助手や厩務員など、あらゆる関係者にプレッシャーがのしかかる。

他陣営が『打倒デアリングタクト』で挑んでくるのは自明の理。春の2冠にも増して強まる包囲網を突破するのは、そう簡単な話ではない。

2020デアリングタクト

☆デアリングタクト包囲網を突破して3冠達成なるか?

前哨戦の紫苑Sをマルターズディオサが、ローズSをリアアメリアが制したことで、春のクラシック組が優勢であることを証明。デアリングタクトの2冠の価値はさらに高まったとも言える。

だが、まだ未対戦の上がり馬もおり、そこから勢力図をひっくり返すような馬が出てくる可能性はゼロではない。今年は牡馬、牝馬クラシックともに無冠に終わったノーザンFの動向も不気味だ。

“1強”=“鉄板”、まして“絶対”ではない!

世間が“1強”と注目するレースでは、自ずとマスコミもそこへ集中し、他の取材がおそろかになる。

例えデアリングタクトのような圧倒的人気馬が勝利したとしても、2、3着に人気薄が食い込み、結果的に万馬券、馬券的には大波乱決着になったレースは、過去にいくらでもある。

何より、昨年の暮れの有馬記念では、単勝1倍台のアーモンドアイがコケたことは記憶に新しいはず。競馬に絶対はないのだ。

シンクタンクはリスグラシューから3連単5万7860円、3連複1万0750円、馬連2990円の◎◯の大本線でズバリ的中させているが、業界最高峰の確固たる情報力を有しているから、世間の“1強”ムードに惑わされることなどない。

『ブッツケ本番でデアリングタクトは大丈夫なのか』
『逆転を目論む陣営がいるのか』

などなど、秋華賞を攻略する上で重要となるポイントは、本物の関係者情報を掴んでいれば的確にジャッジが可能。今年も桜花賞、オークスともにしっかりと的中させている。

秋華賞の情報は既に我々のもとへ入ってきている。週中から公開する情報、そして、メンバー限定でレース当日に公開する【最終結論】には、ぜひともご注目いただきたい。

特別登録メンバー

アブレイズ
ウインマイティー
ウインマリリン
オーマイダーリン
クラヴァシュドール
クラヴェル
サンクテュエール
ソフトフルート
ダンツエリーゼ
デアリングタクト
デゼル
パラスアテナ
フィオリキアリ
ホウオウピースフル
マジックキャッスル
マルターズディオサ
ミスニューヨーク
ミヤマザクラ
ムジカ
リアアメリア
レイパパレ

競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション