THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【京成杯オータムハンデ2020】雨予報にも対応!調教班が教えるトレンド調教&期待馬2頭!

local_offer競馬HOTLINE

【京成杯オータムハンデ2020】雨予報にも対応!調教班が教えるトレンド調教&期待馬2頭!
✓チェックポイント

競馬HOTLINEでは、馬券に役立つ“裏ネタ"をリアルタイムで公開します!

調教班チーフ・富田が注目馬2頭をピックアップ!


調教とは奥深いもので、時計はもちろん重要ですが、いろいろな角度から診断することができます。

この記事では、重賞の調教における好走パターンに注目し、過去の結果などから分析、注目馬を導き出しています。

今週のピックアップレースは、去年は5番人気ディメンシオンから的中をお伝えいている【京成杯オータムハンデ】

担当するのは重賞特捜部所属、調教班チーフの富田、よろしくお願いします。

本来であればコース調教馬が有利だが…

マイルも短距離馬が活躍できるカテゴリーとはなりますが、純粋なスピード力だけで克服するのは容易ではありません。

やはりある程度のスタミナは要求されるので、マイル重賞で中距離馬が活躍するのもそういった理由でしょう。

中山は小回りなのでごまかしが利くように思えますが、京成杯オータムハンデでも距離短縮馬が好走していますし、調教パターンにもそれがハッキリと表れています。

過去5年、実を言えば、さらに遡っても、坂路調教馬よりコース調教馬の好走が多く、基本的には美浦南W、栗東CWで最終追い切りだった馬を重視していれば良いレースでした。

今年であれば、美浦南Wで、アルーシャ、スイープセレリタス、スマイルカナ、ルフトシュトローム、栗東CWでアンドラステ、シゲルピンクダイヤが最終追い切りを行っています。

しかし、2018年、2019年の近2年、これまでと違う結果が出ているのです。

傾向が一変!?◯◯◯逆襲の理由とは!?

2018年ミッキーグローリー、2019年トロワゼトワル、勝利した2頭はどちらも坂路調教馬、しかも2018年3着ロジクライ、2019年2着ディメンシオンも坂路調教馬と、近2年はコース調教馬を上回る結果となっています。

なぜなのか?

結論としては、高速決着が影響していると考えています。

坂路調教馬のワンツー決着となった2019年のタイムは、1.30.3と驚異的なレコードが出ました。2018年は1.32.4、2017年は1.31.6で、この年の坂路調教馬はダノンリバティが3着と馬券になっています。

一方、コース調教馬の3頭で決着した2016年は1.33.0、2015年も1.33.3と、どちらも33秒台の決着となっています。

スピードが求められるレースで活躍しやすいのは坂路調教馬、決着時計が速くなっていることが、逆襲の一因となっていると見ていいでしょう。

調教班が選ぶ好走期待馬はこの馬!

開幕週なので、馬場状態が良好であることは確かでしょうが、今週末は雨予報が出ており、現段階で決着時計を想定するのは、なかなか難しい状況です。

そこで、異例ですが、今回は注目馬を2パターン挙げることとしました。

高速決着なら……

⑦ジャンダルム(牡5)
藤井勘一郎騎手・池江泰寿厩舎

9/9 栗東坂 良 水口
[4F]52.6-37.6-24.3-11.7 馬なり

ここで言う高速決着とは、33秒台を切る決着を想定しています。

もともと、稽古駆けする馬ではあるものの、馬なりでこれだけの時計を出せるのは調子の証。ラスト1Fで11秒台をマークしたのもこの馬だけです。

加えて注目しておきたいのが、実は、去年と最終追い切りのパターンが違う点です。

去年の最終追い切りは栗東CWコース、坂路調教馬が優位のレースの中で3着は、かなり健闘したとも言えるわけです。

近走の成績からは強調できませんが、高速決着になれば、去年の以上の走りが期待できるかもしれません。

時計が掛かれば……

⑯スマイルカナ(牝3)
柴田大知騎手・高橋祥泰厩舎

9/9 美浦南W 良 柴田大
[5F]67.5-52.1-38.8-11.9 馬なり

時計が掛かり、スタミナが要求されるようになるなら、やはりコース調教馬に重い評価をするべきでしょう。

的中をお伝えした米子Sからひと息入りましたが、脚捌きは抜群で、動きの良さを見ると、前走以上の状態だと感じました。

この馬はデビュー戦を除くと、最終追い切りは一貫して美浦南Wコースで、ジョッキーが騎乗して馬なりというパターン。それを崩していない点にも好感が持てます。

32秒台の持ち時計があるので、ある程度の時計決着に対応できる裏付けもありますが、万馬券的中にひと役買ってくれた、重馬場の桜花賞で3着の走りからしても、渋化して時計が掛かるのはプラスに出るはずです。

【シンクタンクからのお知らせ】

「予想時間を短縮したい」
「点数を絞りたい」
「人気薄を狙いたい」

そんな競馬ファンにオススメ!

[元調教師・平井雄二]率いる重賞メイン特捜部が教える『馬券候補はこの5頭!』

先週の新潟記念(G3)も!
・ブラヴァス(2人気1着)
・ジナンボー(3人気2着)
・サンレイポケット(5人気3着)

今週は、セントウルS・京成杯AHの馬券候補5頭を教えます!

━━━━━━━━━━━━━━

 セントウルS・京成杯AH
   『 馬券候補5頭 』

  無料入手はココから!

━━━━━━━━━━━━━━

データ班チーフ・三崎が攻略ポイントをあぶり出す!


こんにちは!データ班チーフの三崎です!

今週からいよいよ秋競馬が開幕しますね!

土曜日には秋華賞のトライアル紫苑Sが行われ、日曜日にはスプリンターズSの前哨戦セントウルSも行われます。

どちらもGⅠ前哨戦ですが、セントウルSはサマースプリントシリーズの最終戦。同日の京成杯オータムハンデも、マイルCSにも繋がるレースですが、サマーマイルの最終戦で夏競馬の延長線上にあります。

馬券攻略において、その点はしっかりと頭に入れておかねばなりませんよ。

先週(9/6)は我々データ班が推奨のモントライゼが小倉2歳Sでキッチリと連対して的中となりましたが、新潟記念では◎ジナンボー◯ブラヴァスの決着で3万2940円的中をズバリと、夏競馬を締めくくることができました。

秋競馬も会心の的中を仕留められるよう、データ班も頑張っていきますので、どうぞご期待くださいね!

信頼度は高くないが、ノーマークも危険!

2014年は新潟競馬場で行われており、後述しますが、明らかに違う傾向が出ているので、その年を除いた過去10年から9回をデータの対象とします。

まずは人気別成績からですが、

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3-0-0-6 33.3% 33.3% 33.3%
2番人気 2-1-2-4 22.2% 33.3% 55.6%
3番人気 1-1-1-6 11.1% 22.2% 33.3%
4番人気 2-0-1-6 22.2% 22.2% 33.3%
5番人気 0-1-1-7 0.0% 11.1% 22.2%
6人以下 1-6-4-79 1.1% 7.8% 12.2%

ハンデ戦らしく上位人気の信頼度が高いとは言えません。

しかし、1着馬9頭中8頭は4番人気以内、2016年から3年連続で1番人気が勝っています。1~4番人気から連対馬が出なかったのは2015年のみで、上位人気を完全ノーマークにして馬券を組み立てるのは難しいですね。

上位人気馬がそれなりに活躍しているのと関連付けるならば、連対馬18頭中15頭には重賞で掲示板(5着以内)に載っていた実績がありました。なお、半数となる9頭は重賞ウィナーで、重賞実績があるに越したことはありません。

今年ですと、アフランシールスイープセレリタス以外は、この条件を全馬クリアしています。

数も率も圧倒!一矢報いる◯◯◯!

続いてハンデを……と思いましたが、トップハンデが[0.2.2.7]とやや苦戦しているものの、52~58キロまで好走馬が幅広く出ており、それほど斤量による特徴的な偏りがありません。

そこで、より偏りのあるデータを取り上げます。東西別成績ですが、

調教師所属 着別度数 勝率 連対率 複勝率
美浦 8-4-3-62 10.4% 15.6% 19.5%
栗東 1-5-6-46 1.7% 10.3% 20.7%

関東のレースとは言え、関西馬が僅かに1勝、連対数や連対率でも関東馬が圧倒的に上回っています。未だに『西高東低』の競馬界ですが、京成杯オータムハンデに関しては関東馬が一矢報いる格好となっていますね。

実は、関東馬が連対どころか馬券にならなかったのは2019年のみ。ちなみに新潟で行われた2014年も関西馬のワンツー決着となっていました。

同じマイルなのに直結しない!

続けて着目したのは、前走の距離別成績です。

前走距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1200m 0-0-1-7 0.0% 0.0% 12.5%
1400m 4-0-0-23 14.8% 14.8% 14.8%
1600m 1-7-8-55 1.4% 11.3% 22.5%
1800m 2-1-0-18 9.5% 14.3% 14.3%
2000m 1-1-0-2 25.0% 50.0% 50.0%

なんと、サマーマイルシリーズにも関わらず、前走1600mだった馬で勝利したのは、2017年グランシルク1頭しかいません。

過去のデータを見る限り、同距離よりも短縮組、もしくは1400mからの延長組を狙う方が良いと言えます。

なお、今年も出走馬の大半となっている関屋記念組ですが、中山開催では2着4回3着4回となっていますが、勝ち馬はなんとゼロ。しかも、関屋記念1~3着馬の連対は2018年ワントゥワンのみでした。

ちなみに、同じ新潟で行われた2014年は1~3着を独占していますから、この成績を見ても、中山マイルと新潟マイルでは、求められる適性が明らかに違うことがわかります。

データ班が選ぶ好走期待馬はこの馬!

データ班推奨馬

アルーシャ(牝5)
戸崎圭太騎手・藤沢和雄厩舎

同年のサマーマイルシリーズの結果が直結しないのは、このレースが秋競馬のGⅠ前哨戦だからという見方ができる一方、実は、夏競馬の延長線とも言えるデータもあります。

“夏は牝馬”との格言がありますが、

牡・セン馬[7.5.9.15]
牝馬[2.4.0.13]

と、牝馬が大活躍している点です。

去年は5番人気ディメンシオンから的中となりましたが、この馬も牝馬でしたし、1着馬で今年も出走しているトロワゼトワルも牝馬で、ワンツー決着になっています。

そして、もう1つ着目したのが“勢い”です。

前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1着 6-0-1-10 35.3% 35.3% 41.2%
2着 1-1-1-9 8.3% 16.7% 25.0%
3着 0-1-3-8 0.0% 8.3% 33.3%
4着 0-1-2-11 0.0% 7.1% 21.4%
5着 0-0-0-4 0.0% 0.0% 0.0%
6~9着 0-4-1-29 0.0% 11.8% 14.7%
10以下 2-2-1-37 4.8% 9.5% 11.9%

前走1着馬が6勝と圧倒的で、全馬がオープン特別か1600万条件(現3勝クラス)からの参戦でした。

ハンデ戦ですから、格下のレースを勝っていても斤量が大きく増えない、むしろ減るケースが多く、不利になっていないことも影響しているのでしょう。

関東所属の牝馬、前走芝1400mの1着馬、クイーンS3着など重賞実績もクリアと、アルーシャは好走データにピタリと当て嵌まります。付け加えると、5歳馬は[3.4.2.29]と最も連対馬を出しています。

この馬自身、中山マイルでは3戦して1勝3着2回と馬券圏外がありませんし、過去10年の同レースで1勝2着2回と活躍している戸崎騎手が鞍上というのも強調材料となるでしょう。


【平井雄二のレース展望】1戦増えたことで、今年は傾向が一変する!?

2012年からスタートしたサマーマイルシリーズだが、これまで優勝馬なしが4回、同時優勝が2回

この結果を見れば、制度として問題があったのは明らかだろう。それは、サマーマイルシリーズ僅か3戦(中京記念、関屋記念、京成杯AH)で争われていたためだ。

中京記念→関屋記念のローテーションはやや強行軍、もしくは直線の長い左回りの中京、新潟→小回りで右回りの中山と、まるで違う適性を求められる中で好走しなければならない。

まして状態維持の難しい夏場、優勝馬なしが同時優勝が多発するのも致し方ない。

スマイルカナ


しかし、2020年から米子Sが加わったことで、これまでの傾向が変わる可能性は高い。現に米子Sを勝利したスマイルカナはココまで待機、余裕十分のローテーションで臨む。

誰でも手に入れられる情報では限界が!

昔から、このレースは3歳一線級の始動戦の選択肢のひとつとなっている。

今年も、3連複1万2590円的中となった桜花賞の3着馬スマイルカナ、3連単3万4500円のニュージーランドTを制したルフトシュトロームも参戦を予定している。

馬券攻略において、古馬と3歳馬の力関係を的確にジャッジする必要がある

その他にも、ハンデ戦で一発を狙う軽量馬、開幕週の中山に狙いを定めてきた馬など、各陣営の思惑や事情は様々。これらを網羅するのは、誰でも入手できるような情報、つまり一般ファンの方が入手できるマスコミ発信源の情報では不可能に近い。

しかも、中山マイル戦は枠順の有利不利が大きく、開幕週の馬場でハンデ戦となれば、紛れが生じやすい。

だが、新聞紙に打たれる予想印は枠順確定前、こんなものをアテにして馬券を買うのは、完全に運任せだと言わざるを得ない。

新聞予想

☆枠順確定前に打たれた予想印を参考にするのは危険!

だからこそ、競馬界の大物OBなど大物関係者が情報ルートとして在籍し、騎手、厩舎、馬主、外厩、エージェント、生産者と、あらゆる関係者から確かな情報を聞くことができるシンクタンクの情報力が存分に生きる。

もちろん、結論は枠順確定後、レース当日の馬場状態などあらゆるファクターを精査して出している。

秋競馬開幕週の今週は、土曜日(9/12)には去年3連単1万8020円的中となった紫苑S、日曜日(9/13)には中京でセントウルSも行われる。3重賞の関係者情報は、サイト内で随時公開していく。

先週の新潟記念では3連単3万2940円的中をお届けしたが、重賞メイン特捜部の【最終結論】はメンバーズ限定で公開するので、今週もご期待いただきたい。

特別登録メンバー

アストラエンブレム
アフランシール
アルーシャ
アンドラステ
エントシャイデン
シゲルピンクダイヤ
ジャンダルム
スイープセレリタス
ストーミーシー
スマイルカナ
ディープダイバー
トロワゼトワル
ノーワン
フィリアプーラ
ボンセルヴィーソ
ミッキーブリランテ
メイケイダイハード
ラセット
ルフトシュトローム

競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション