THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【小倉2歳S2020】データ班の推奨馬公開!決め手は前走の競馬場、そして勝ち方!

local_offer競馬HOTLINE

【小倉2歳S2020】データ班の推奨馬公開!決め手は前走の競馬場、そして勝ち方!
✓チェックポイント

競馬HOTLINEでは、馬券に役立つ“裏ネタ"をリアルタイムで公開します!

ハイレベル化の余波がココにも……!?

かつては関係者から「大物のデビュー秋以降」との声がよく聞かれたが、夏場にデビューする2歳馬の大半は早熟タイプが多かった。

6月の東京から2歳新馬戦がスタートするようになると、ノーザンファームを中心に育成傾向にも変化。クラシックを目指すような期待馬の早期デビューも当たり前となり、夏場に行われる2歳戦のレベルが少しずつ上がり始めている

事実、小倉2歳Sでも、2016年1着馬レーヌミノルは桜花賞を制し、2019年3着のラウダシオンはNHKマイルCを制して、その傾向が現れつつある。

ただし、小回りローカルの芝1200m、おおよそ大舞台には直結せぬような条件では、早熟か短距離馬がメンバーの大半を占めることになる。

素質か完成度か?
能力が適性を凌駕できるのか?

こうしたメンバー間のジャッジを的確に下さねば、的中には近づけない

開催短縮で例年以上に情報力が問われる!

2歳戦は“情報が命”

であることは、弊社シンクタンクが前々よりお伝えしていることだが、データが少ない2歳戦は、一般マスコミやファンの方々にとって難解なレースだろう。

小倉2歳Sでも、過去10年で9回万馬券となり、2018年には3連単62万馬券、2014年には47万馬券という超特大万馬券も飛び出している。

しかも、今年は夏の小倉開催が例年より短いため、過去数年とは違う状況の中で行われる。

例年よりも、情報力が問われるレースになるのは間違いない。

常日頃より情報力強化に励んできたシンクタンクは、今月のサイトリニューアルを期に更にパワーアップ。

リニューアル初週(8/22~23)には万馬券7本の的中ラッシュを実現し、先週も(8/29~30)も2本と、まさに“馬券天国”を会員様にはしっかりと体感していただいている。

マイネルグリット

☆去年は◎マイネルグリットが快勝!3馬券種完全的中&万馬券的中!

先週の新潟2歳Sは勝ち馬ショックアクションから3馬券種完全的中、そして、去年の小倉2歳Sにて万馬券的中をお伝えしているが、今年も同様か、それ以上の的中もあり得ると見込んでいる。

夏競馬締め括りとなる今週は、その他にも新潟記念、札幌2歳Sが行われる。この3重賞の関係者情報は、サイト内で随時公開していく。

メンバーズ限定公開の【最終結論】ともども、ご期待いただきたい。

特別登録メンバー

アルムファーツリー
アールラプチャー
カシノレオ
セレッソフレイム
フォドラ
フリード
メイケイエール
モントライゼ
ラマルセイエーズ
リサコーハク
ルクシオン

競馬HOTLINE

インフォメーション

インフォメーション